カーテンの基本 ①種類色々

毎週のようにお客様からのご依頼を受けるカーテンのご相談
皆様 意外と知らないことが多いようですので
私なりに 何回かに分けてご説明したいと思います

  • 1638
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ドレープ+レース

今回は色々な種類について
大きく分けてカーテン=窓回りという意味で使われていますが
いわゆる昔ながらのカーテンというと
「ドレープ(厚手)」と「レース」の組み合わせのことでしょう
ドレープカーテンとは、厚手のカーテンのこと
「レース」とは正式にはレース編みのタイプのことですが
一般的には薄い透けるタイプを総称しています
(画像は全てサンゲツよりお借りしました)

最近は、レースが白無地などではなくて、とってもステキだったりするので
こんな風に「フロントレース」=レースを部屋側にすることもあります

そしてお客様がこの昔ながらのドレープ&レースに飽きて
新たにご希望されるのが「シェード」や「ブラインド」など いわゆるメカ物系です

シェード

シェードとはこういった↓、紐で引っ張り、上に折り畳んでいくタイプ
厚手と薄手を組み合わせて、カーテンと同じように生地を無限に選べます

ブラインド

ブラインドとは、横型のタイプと

縦型のバーチカルブラインドと呼ばれるタイプがあります

ロールスクリーン

その他にロールスクリーン

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンといったメカ物があります

それぞれに向くお部屋 向かないお部屋 長所や短所があるので
悩んだ方はぜひご相談下さい

  • 1638
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター/クラフト作家・講師。フリーのインテリアコーディネーターとして、店舗・宿泊施設・個人宅などのコーディネート承ります。リフォームはもちろ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード