日本最大級の曼珠沙華群生地、埼玉県「巾着田」へ行ってみよう。

日本最大級の曼珠沙華の群生地、埼玉県日高市の「巾着田(きんちゃくだ)」をご紹介します。その真っ赤な花が、雑木林を埋め尽くすように咲き誇る様子は、まるで赤い絨毯のようだと人気ですよ。

  • 128
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

巾着田は埼玉県日高市内を流れる高麗川(こまがわ)に囲まれたエリアで、巾着のような地形をしていることからその名で呼ばれるようになりました。かつて水田だった平地に「巾着田曼珠沙華公園」が作られ、約500万本を誇る日本最大級の曼珠沙華(まんじゅしゃげ=ヒガンバナ)群生地となっています。地面をおおい尽くすように咲くその景色は必見です。園内には曼珠沙華だけでなく、他にもさまざまな花が咲き、四季折々の美しさを見せてくれます。

赤い絨毯のような景色が見られる「巾着田曼珠沙華公園」

巾着田 曼珠沙華

曼珠沙華の群生地として日本最大級の規模を誇る巾着田では、曼珠沙華が満開を迎えると雑木林の間を埋め尽くすように咲きみだれます。この景色を見るために、多くの観光客が訪れるのです。

曼珠沙華が見られるのはいつ?

巾着田 曼珠沙華

曼珠沙華の見頃は例年9月中旬から10月上旬です。
通常は無料で入れる公園ですが、この時期は「巾着田 曼珠沙華まつり」が行われ、開花時期により一部期間の入場が有料となります。

<2019年 巾着田 曼珠沙華まつり>
◎期間:~9月29日(日)
◎時間:09:00~16:30
◎入場料:300円
※開花状況により変更する場合があります。

曼珠沙華のほかには何が見られる?

東京ドーム約5個分という広大な敷地を持つ巾着田では、曼珠沙華のほかにもさまざまな花を見ることができます。

春は桜や菜の花が咲きます

巾着田 桜

春には4月上旬から約1カ月の間、さまざまな種類の桜が見られます。桜のすぐ隣には菜の花も咲き、桜のピンク色と、菜の花の黄色のコントラストがとても綺麗です。
また、6月中旬から7月上旬にかけては約600本のアジサイが見頃となります。

秋はそばの花やコスモスが咲きます

巾着田 コスモス

曼珠沙華の開花時期と同じ時期には、ソバの花も咲きます。小さくて白い可憐な花が一面に咲く様子は、曼珠沙華とはまた違う魅力があり素敵です。そして、10月上旬からはコスモスの季節なので、ぜひ四季折々の風景を楽しんでください。

巾着田へのアクセスは?

巾着田 曼珠沙華

東京から巾着田へのアクセスは、電車の場合は、池袋駅から西武池袋線に乗り約1時間30分の「高麗(こま)駅」まで。そこから徒歩約15分です。
車で行く場合は関越自動車道「鶴ヶ島I.C.」から約30分ですが、開花期間中は周辺が混雑するので、なるべく電車を利用しましょう。

巾着田曼珠沙華公園

<住所>

埼玉県日高市高麗本郷125-2(巾着田管理事務所)

<電話番号>

042-982-0268(巾着田管理事務所)

巾着田の周辺には、巾着田を見下ろせる日和田山に登るハイキングコースが整備されているので、合わせて行くのもおすすめです。ぜひ、秋を感じる旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

この記事は2018年9月27日に公開されたものを編集したものです。

  • 128
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード