【100均】簡単3ステップでできる!携帯ウェットティッシュケースの作り方♪

外出の際、お子さんがいると何かと必要なウェットティッシュ。
そのまま持ち歩くと、ふたの粘着力が弱くなって、中身が乾燥してしまったり
見た目もオシャレさに欠けますよね。

100円ショップで用意できる材料を使って、簡単リメイク術をお教えします!

  • 9025
  • 25
  • 0
  • いいね
  • クリップ

用意するもの

こちらはキャンドゥで見つけたシェブロン柄のポーチ

・お好きなポーチ
・ウェットティッシュのふた

※ポーチは布製ではなく、ビニール製を選んでください。
ウェットティッシュで濡れてしまうのを防ぐためです。

作り方

Step1
ふたを取り付ける位置を決めたら、穴を開けるラインを書きます。

こんな感じです。

Step2
ラインに沿ってハサミで切ります。

Step3
ウェットシート用のふたを貼り付けます!

※粘着力が弱い場合は、ボンドや接着剤で補強してください。

完成!

一見ウェットティッシュケースとは分からない、可愛いポーチが完成しました!

大きいタイプのポーチを選べば、大判タイプのウェットティッシュも入りますよ。

おしりふきとウェットティッシュと使い分けてもいいですね。

ポイント①

ダブルファスナータイプのポーチは2箇所入れるところがあって
それぞれ独立しているので、ウェットティッシュを入れていない
もう一つのポケットに、ゴミ袋用のビニールや絆創膏、飴玉などを入れておくと
外出の際になにかと重宝しますよ!

ポーチを選ぶ際のポイントにしてみてください。

ポイント②

キャンドゥで見つけたこちらのウェットシート用のふたは、
ポーチの口にはめ込むアタッチメントタイプなので
より外れにくく便利でした!

まとめ

いかがでしたか。
ポーチもウェットシート用のふたも、100円ショップにはたくさんの
種類がありますので、お好きな柄を組み合わせて
自分だけのオリジナルケースを作ってみてください!

  • 9025
  • 25
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納アドバイザー1級自分らしくシンプルに楽しく快適な暮らしを心がけています男の子2人のママキャンプ・アウトドアが好きです

おすすめのアイデア

話題のキーワード