ハウスダストに悩まない?!秋にやっておきたいリビングのお掃除方法!!

秋になるとダニの死骸が増えて、一気にハウスダストアレルギーの症状が出てくる息子。

赤ちゃんの頃から症状がでているので、少しでも症状が軽くなるように実践していることは掃除。

1日のうちに長い時間過ごすリビングと寝室。この2つを重点的に埃、ダニ取りをすると効率がよいです。

今回はそのうちの一つ、リビングの掃除方法を紹介します。

  • 3719
  • 10
  • いいね
  • クリップ

埃がたまりやすい場所

家電


リビングは家具や家電が多く、埃もたまりやすい場所です。少しでも埃やダニを取り除き、吸い込まないように小まめにお掃除しましょう。

埃がたまりやすい場所は、テレビ・オーディオ周りです。ファンが回っていて、熱も発するので静電気で引き寄せられます。テレビ画面、背後、コンセント周辺まで埃取りを行います。

扇風機は埃がついたまま回すと、掃除機本体の埃も舞うことになります。扇風機は汚れがたまったら、分解して羽根やカバーを水洗いすることですっきりします。

エアコンの吸い込み口、内部のフィルターにも埃がたまります。吸い込み口に専用のフィルターカバーをしておくと内部に入り込むのを防ぎ、リビングに舞う心配がありません。

空気清浄機自体も汚れを吸着しています。小まめにフィルターに掃除機をかけることで、性能が落ちることなく長持ちさせることができます。吸い込み口や吹き出し口の埃も取り除いています。

家具

家具ではソファーにダニが増えがちです。カバーを小まめに洗ったり、クッションを取り除き、掃除機でしっかりゴミを取り除くようにしています。

カーテン

カーテンは開け閉めするので、布に積もっている埃が舞いやすいので要注意。

一番上に埃が、裾にはダニがラグからつきやすいです。

掃除機で吸うかシーズンごとに洗濯して丸洗いしています。洗濯はハウスダストを落とし、臭いもなくなり、部屋も明るくなって一石三鳥です(^^)

おわりに

アレルギーの症状が出ないよう、掃除をするときはマスクをして、埃を吸わないように注意してください。

埃やダニをすべてなくすのは無理なので、小まめに掃除をすることで、少しでも減らすよう心がけています。

  • 3719
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

愛知県出身。茨城県在住。2人の子どもを持つそうじ大好き主婦です。時短家事を目指し家族に優しいそうじと洗濯などを研究しています。元小学校家庭科教諭。新しい掃除道具…

おすすめのアイデア

話題のキーワード