片づけのプロの私がやらない人気のSNS映え収納3選

私が失敗した収納を紹介します。

  • 184202
  • 1750
  • 15
  • いいね
  • クリップ

SNSなどには毎日のよう収納アイデアがアップされています。
その中で、私がかつて失敗し実践しない人気の収納があります。
片づけのプロが取り入れていない、収納を紹介します。

おしゃれと大人気の中を見せない「隠す収納」

かごや白いBOXで揃えた、人気の「隠す収納」
実は私が一番苦手な収納です。
中が見えない=ラベリングなどでの管理能力が必要になってきます。

以前に試した時は、
収納の中がいつの間にかごちゃまぜになったり、
ラベルをいちいち確認することで、かえって出すのに時間がかかったりと、
使い勝手の面で効率がぐっと下がる結果となりました。

見える収納にすることで解決

「見えないこと」がストレスや使いにくさの原因になるので、
収納用品は透明のものか半透明のものを選ぶようにしています。
中が見てすぐに確認できるので、出し入れの効率が上がりました。

衣類収納の定番「畳んで立てる収納」

衣類収納では定番ともいえるこの収納方法。
めんどくさがりな私には手間がかかり、とても負担になっていました。
「畳む」と「立てる」ふたつのアクションが入ることで、
とても気合がいる作業になってしまい、

洗濯物がいつの間にかたまる→数日に1回慌てて片づける

この繰り返し。
億劫になり負担を感じる家事のひとつでした。

「畳む」のを止めることで、洗濯物がすぐに片づく家に

衣類は掛ける収納に変えることで、洗濯後はすぐにそのままクローゼットへ。
これですぐに洗濯物が取り込めるようになりました。

家事のモチベーション上げるため、
ハンガーは洗濯用とクローゼット用を分けずに使っています。

軽くて扱いやすく見た目もシンプルということで、
アルミ製のハンガーで統一しています。

靴下やハンカチ、下着なども畳むのはやめて、
ざっくりとカゴに分けて、ぽいぽい入れるだけにしています。

収納の定番「ラベリング」

収納の定番と言えばこの方法「ラベリング」
最近は自由に可愛いデザインが作れるラベルライターや
100円ショップなどでも可愛いラベルシールが人気。

でも、私の場合は中が見えれば、文字がなくても大丈夫。
ということで、あえてラベリングをしていません。

うまくいく収納を見つけることは「続けられるかどうか」

SNSなどで素敵な収納を見つけると飛びつきたくなりますよね。
だけど、その前に考えてほしいことは「続けられるかどうか」

どれだけ見た目がきれいな「隠す収納」にしても、
かつての私のようにいつの間にか中がごちゃ混ぜになったり、
出し入れの効率が下がっては収納を工夫した意味がありません。

いつ来るかわからない来客者用に「いつでも見せられる収納」より、
大切なことは「毎日使う人が使いやすい収納」です。

ちょっと見方を変えることで、収納はぐっと使いやすくなります。
リバウンドしがちな方はどの方法なら続くか、
絞り込むことから始めると、うまくいく方法が見つけやすくなります。

  • 184202
  • 1750
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

【キッチン収納✖️食材使い回しテクを発信】家事ラクアドバイザー/整理収納アドバイザー🏠オンライン片づけ相談🏠家事代行🏠片づけ作業サポート\webライター&…

おだけ みよ/家事ラクアドバイザーさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア