セリアの「フタがとまるケース」が優秀!マステ収納からキッチン収納まで。

セリアの「フタがとまるケース」を実際の使用例と共にご紹介します。

  • 58604
  • 929
  • いいね
  • クリップ

アイデア次第で色々な収納に活用可能!セリアの「フタがとまるケース」とは

「フタがとまるケース」は、2種類発売されています。

Sサイズは、幅179×奥行123×高さ58mm

Mサイズは、幅179×奥行123×高さ106mm

写真のように、組み合わせてもスタッキングすることができます。

特長は

こういったタイプのケースはフタがとまらないものも多く、フタを開けた手の甲で抑えたり、逆の手で支えながら中の物を取り出さなければならないことがありました。

でも、「フタがとまるケース」は、このようにピタッとフタがとまってくれるので、中のものを取り出す際に取り出しやすく、中を見渡すのも容易です。

今回は、この「フタがとまるケース」の使用例を5つご紹介します。

「フタがとまるケース」S

マスキングテープの収納に。

Sサイズ一つで、この場合23本収納しています。

マスキングテープをたくさんお持ちの方は、使用頻度別などに分けてSサイズを複数使用したり、また、ほぼ倍の収納力のMサイズにまとめて収納することもできますね。

充電器やケーブルをまとめたり、

お弁当作りのアイテムを。

色々なサイズのおかずカップをまとめて保管するときにも便利です。

「フタがとまるケース」M

スポンジ入れとして。

食器用スポンジやメラミンスポンジの収納にぴったりです。

奥行が、一般的なポケットティッシュの幅にフィット!

いろいろな所でいただいた、色とりどりのパッケージのティッシュも真っ白なこのケースに入れることで見た目がすっきりしますね。

まとめ

他にも、Sサイズはペンなどの文房具収納に、Mサイズは薬箱としても…

アイデア次第で、まだまだ活躍できそうな「フタがとまるケース」をご紹介しました。

  • 58604
  • 929
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北欧インテリアが好きな30代主婦です。夫と娘の3人暮らし。ブログ「北欧と。」にて、日々の暮らしや整理収納、北欧雑貨などについて綴っています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード