壁の穴をなかったことに!小さな穴なら「穴うめ職人」が便利

壁にあいた穴を無かったことにするアイテムのご紹介。石膏ボード用金具や画鋲、ピンなどの小さな穴なら「穴うめ職人」が便利です。

  • 4944
  • 107
  • 0
  • いいね
  • クリップ

賃貸でも分譲でも、絵を飾ったりシェルフを取り付けたりする時、壁に穴をあけるのはなかなか勇気のいることですよね。

最近は、壁にあく穴が小さくて目立たないタイプの石膏ボードに取り付けられる家具も増えましたが、それでも穴をあけることに変わりはなく。

例えば、先日わが家が取り付けた「猫用のハンモック」も石膏ボード用の金具と釘で取り付けるタイプでしたが

専用の釘は本当に細いので壁にあく穴は小さいものの、それなりの耐荷重をキープするために全部で36本の釘を刺す必要がありました。

上の写真は事情があって位置を変えようとハンモックを取り外したところです。

小さな穴だけど数が多いので、やはりそれなりに目立ちますね。

と言うことで、この穴を無かったことにするアイテムをご紹介します!

壁の穴をキレイに補修できる穴うめ職人

壁にあいた穴を補修する「穴うめ職人」と言うクロス補修剤

使い方はいたって簡単。

チューブの先端を穴に差し込んで注入し、付属のヘラで表面をならすだけ。

完全に乾くと穴が少し凹むので、パテは多めに入れるか何度か重ねて埋めると良いと思います。

埋める前と後です。どうでしょう?かなり目立たなくなりましたね!

少し離れたら肉眼でもまったく気がつかないほど補修できました♪

ハウスボックス 穴うめ職人 クロス用(3本入セット)【ハウスボックス】
商品情報を楽天で見る

わが家の壁紙は白ですが白といっても色のトーンは様々。色が合わないと余計に目立ってしまうので、補修剤も色選びはわりと重要です。

と言うことで、ホワイト・ライトアイボリー・ライトベージュの3本セットを購入。わが家はライトアイボリーがピッタリでしたが、万が一色が合わなければ混ぜて使うこともできます。

以前、壁に穴をあける前に壁紙を剥がしておく方法もご紹介しましたが、今回くらいの小さな穴なら補修剤の方がラクにキレイにできるなーと思いました。

ただ、やや大きな穴になると補修剤と壁紙の色が微妙に合わず、かえって目立ってしまうこともあるので。

太い釘以上の穴ならば、壁紙を剥がしておく方がキレイに補修できると思います。

以上、ウチブログのTSUNがお送りしました。ご参考までに。

よろしければブログも覗いてみてくださいー。

  • 4944
  • 107
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

はじめまして!ご訪問ありがとうございます。中古マンション購入&リノベーションをキッカケに、快適なおうちの在り方を考える様になりました。シンプルでスッキリした開放…

おすすめのアイデア

話題のキーワード