暗いトイレを明るくしたい!端材とリサイクル資材でトイレリフォーム!

暗いトイレをなんとか明るくしたい!簡単にDIYしてみました。セリアにダイソー、100均のタイルシートを活用しています。

  • 4783
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

暗いトイレ……こだわったはずの壁紙が、思いっきり裏目に出て残念なことに

こんにちは、空が高くて気持ちのいい季節が到来ですね。

せっかくなので、お掃除がてら何かを変えたくなって来ました。
これも、やっぱり季節の移り変わりが影響しているように思います。

新しい季節、新しいインテリア。

お金をたくさんかけずに、少しだけ快適にできたらなぁと思います。

本日は、以前から気になっていたトイレ。
多くの方がすでに素敵な作業例を公開されていますので、比べられるとお恥ずかしなのですが、やってみました。
テキトーな私があえてやらなくても……とも思ったのですが、まあテキトーだわ! と楽しんでいただければ幸いです。

築38年の、トイレ。暗い。

材料、道具

材料:

ー なんちゃって暖炉を解体したリサイクル資材
ー 端材
ー タイルシート(ダイソー、セリア)
ー リメイクシート(セリア)

道具:

ー ドライバー
ー 電ノコ

1)暖炉もどきを解体した、廃材を利用しました

以前、暖炉もどき(プロフィール画像にも登場していますね)の材料になっていた資材を再利用します。

一から材料を用意しても、もちろん問題ありません。ただ先日下の写真にある暖炉もどきを解体したため、パーツが大量にありました。

あるものは、使うべきです。

と言うことで、今回は元暖炉もどきの両サイドだった二枚のパネルを元に作業を進めます。

悪さを企む猫社長の背後にあるのが、今回のパネルです。(この後、椅子から落ちました)

2)カットして、サイズを合わせていきます

うちの壁紙は、リフォームした時に「ゴシックにしたい!」とか考えちゃいまして、こんな暗い感じになっているんです。

外光が少ない場所のため、いやもう暗いったら……昼間でも暗いです。

多くの方がすでにやられいますが、やっぱり棚は欲しい!
面倒臭がりな私も、なんとか木枠を取り付けましたよ。

上から見たらこんな感じです。

3)天板を取り付けて、隙間を埋めたらタイルシートを

天板を取り付ける時に一番のネックになるのは、おそらくこのタンク周辺じゃないかなと思います。

こう言う時は、困った時の紙粘土でございます。

ダイソーとかセリアとかでお手軽に購入できる、あの白い普通の紙粘土です。

軽くて、成形も楽ですし、何しろ飽きたら楽に捨てられる点が素晴らしい。

これまで家具の傷など、あらゆる隙間を埋めるのに使ってきました。
何しろお手軽なので、気楽にちょっと何かを埋めておきたい場合によく使います。

それから、サイドの壁にはセリアのリメイクシートを貼りました。

これだけで、明るさが違うような気がします。

こんな感じに、いいなと思ったタイルシールを混ぜました。

タイルシートは、いろいろあって決めかねたので、テキトーに貼っていくことにしました。

それから、もうちょっとだけ明るくするために一工夫。

おはじきを紙粘土に埋め込みました。

これは以前、カウンターを作った時にもやったのですが、小さいけれどポイントになってかわいいんです。

出来上がりです。

お店を歩いていると、キラキラして形も面白くて可愛いタイルシートがいっぱいですね。

様々に混ぜてみましたが、なかなかに面白い結果になったので満足しています。

一応、すこーしだけ明るくなったかな……? と思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • 4783
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。ハンドメイド雑貨と人形&猫雑貨屋さん。

おすすめのアイデア

話題のキーワード