Amy’s talk ♯25 バーテンダー / 近藤沙織さん

エイミーことエントリエ編集長の鈴木 栄弥が気になる人を訪ねて、自分らしい暮らし方や生き方のヒントをいただいてしまおうというこのシリーズ。第25回目のゲストは間借りバー「Bar Moray」を営む、バーテンダーの近藤沙織さんです!

  • 725
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

地元八王子で、みんなに愛される店づくりをしたい

近藤沙織(こんどう・さおり)さん。東京都八王子市出身。高校卒業後から、都内のオーセンティックからカジュアルまで、さまざまなスタイルのバーで経験を積む。2018年11月には八王子にある「BAR Dionysos」を間借りして、自身のバーをオープン。八王子市内で開催されるイベントにも積極的に参加し、完全独立に向けて精力的に活動中。

2019年7月に八王子で開催された「ディアヴィーナスマルシェ 2019」で、バーテンダーのユニフォームを着て、凛々しくブースに立つ近藤さんに出会いました。現在、イベント出店だけでなく、間借りでバーを営むユニークな働き方をしている近藤さん。どうしてバーテンダーになり、なぜ八王子で活動しているのか? その理由を伺いました。

女性バーテンダーへの憧れを仕事に。猪突猛進の6年間

――若干26歳にして、正統派バーテンダーの品格が漂う近藤さん。この道を目指したきっかけは?

近藤さん:中学2年生のときに見た、フレアバーテンディング(※)の世界大会で日本人の女性フレアバーテンダーが優勝したというニュースでした。パフォーマンスがかっこいいのはもちろん、そもそもバーテンダーは男性の職業だという固定概念があったこともあって「女性でもバーテンダーができて、世界で評価されるんだ!」と、衝撃を受けたんです。そこからバーテンダーの仕事に憧れを抱くようになりました。

※エンターテイメント性を重視したカクテルをバーテンダーがつくり、提供するスタイルのこと。

――その頃からバーテンダー一筋?

近藤さん:バーテンダー以外にも、メークアップアーティストにも憧れがありましたね(笑)。でも、ずっと「バーテンダーはかっこいい」と言葉にしていたからか、興味もどんどん強くなっていって。バーテンダーの世界について調べていくうちに、仕事としてやってみたいと思うようになりました。


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で【Amazonカード5,000円分】をキャッシュバック!

  • 725
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

entrie-エントリエ- は、創業27年、6万4,000件の施工実績がある株式会社ホームテックが、これからのライフスタイルにあわせてつくる新しいリノベーション…

おすすめのアイデア

話題のキーワード