カーテンは汚れてる!?輪ゴムを使えばフックを外さなくても簡単に洗濯出来る!!

カーテンの洗濯をしたのはいつですか?
カーテンって実は結構汚れてます!!
出来るだけ洗濯をして綺麗を維持したいけど…。
カーテンのフックを取り外して、また付けてってとっても面倒ですよね。
そんなカーテンの洗濯方法。
フックを外さないで気軽に洗濯出来る方法をご紹介します。

  • 107749
  • 310
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カーテン洗濯の前に洗濯表示を確認しよう

こんにちは!!びーちママです。

カーテン洗濯をする時は、まず洗濯方法を確認しましょう。
漂白剤がNGだったり、つり干しでしたほうが良いなど、チェックしておきましょう。

カーテンは小さなほつれなども意外に目立ちやすいので、洗濯機でカーテンを傷めないように注意してから洗濯開始してくださいね。

カーテン洗濯方法

カーテンのプリーツ部分になるべく合わせて、屏風おりにして洗濯ネットに入れて洗います。
洗剤はおしゃれ着用の洗剤を使用します。

カーテンフックは輪ゴムでまとめよう

カーテンフックは取り付けたまま洗濯をすると、カーテンの布地を傷める場合があります。

フックを付けたまま洗濯する場合は、フック部分がバラバラにならないように輪ゴムでまとめます。

フック部分をなるべく中側にして折りたたみ、輪ゴムが洗濯中に取れないようにしっかり止めます。

フックまわりのホコリや汚れが気になる場合は、輪ゴムで結ぶ前に汚れを軽く落としてから結びます。

後は洗濯ネットに入れて、洗濯機のデリケートコースで洗濯していきます。

洗濯終了後はすぐに干す

洗濯が終わったらそのままにしているとシワになりやすいので、すぐに干すようにしています。
カーテンレールに戻しておけば、シワにならずに自然と乾きますよ。

洗濯中はカーテンレールの掃除も忘れずに!!

カーテンを洗濯してる間にカーテンレールもお掃除。
高い部分はどうしても掃除を忘れがちでホコリもたまりやすいので、しっかりホコリを取っておきます。

カーテンを洗って気持ち良い空間作りを

カーテンを洗濯する事で汚れが落ちて、部屋が明るくなるように感じます。
なるべく汚れがたまらないように綺麗を維持したいですね。

カーテンフックを取り外して洗濯するのが面倒という方は、輪ゴムを使用して洗濯してみてくださいね。

  • 107749
  • 310
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

小学生と幼稚園児の女の子の母です。家族みんなが暮らしやすい家作りを目指しています。簡単な掃除方法や、便利な掃除グッズ、収納方法などを考えたりしてる時間が好きです…

おすすめのアイデア

話題のキーワード