おしゃれにしよう!リビングのカラーコーディネート術

リビングは、家族が集い長く滞在する空間なので、居心地のよさを最優先に考えたいものです。カラーコーディネートで色の持つ心理作用や効果を知れば、好みの配色プランが見えてきます。

  • 4461
  • 19
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リビングは、家族が集い長く滞在する空間なので、居心地のよさを最優先に考えたいものです。カラーコーディネートで色の持つ心理作用や効果を知れば、好みの配色プランが見えてきます。
今よりもっと素敵なリビングに変身させるために、アプローチしてみませんか?

リビングにおけるカラーコーディネートのポイント

カラーコーディネートの基本

空間のカラーバランスは「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3つに分けて考えます。
ベースカラーは壁や床、天井などに使う色です。白やベージュは圧迫感がなく、どの色にも合わせやすいでしょう。ベースカラーは最終的に全体のおよそ70%を占める色になるので、部屋のイメージを決める上で非常に大切なポイントであると言えます。

次にアソートカラーは、カーテンやソファ、テーブルなど大きめな家具の色のことで、全体の20~30%を占めるものです。ベースカラーに比べカラーチェンジの予算が低めに抑えられるので、自分の好きな色や季節感を優先させて考えてもよいでしょう。

そして、アクセントカラーはクッションや小物、絵画や照明などに使う色です。全体の5%程度になるよう、スポット的な要素で色使いを楽しみます。

色の持つ特徴

たとえばベースカラーとメインカラーを同系色で揃えれば空間に統一感が出ますし、補色(反対色)を選べばメリハリがつきます。また、前面に迫るように感じる「前進色(暖色)」は空間の中でも引き立って見え、にぎやかな雰囲気を演出できるでしょう。「後退色(寒色)」は主張せずに空間に馴染み、落ち着いた雰囲気を作れます。

加えて、色にはさまざまな心理作用があると言われているため、それらも念頭に置いて、カラーコーディネートを考えるとよいでしょう。

リビングのカラーコーディネート例

無彩色で都会的なシンプルモダン

ベースカラーにグレー、アソートカラーは白または黒、アクセントカラーに黒や異素材のファブリックを加えて抜け感を出せば、都会的なシンプルモダンスタイルを演出できます。モノトーンで色をはっきりと分けすぎずに、グレーやシルバーなどのアイテムで濃淡を加えると、リビング全体に統一感が出ます。

観葉植物のグリーンが映えるナチュラルカントリー

グリーンのぬくもりが感じられるリビングは、ほっこりした気持ちになります。ベースカラーにホワイトやベージュ、アソートに天然木などのナチュラル、アクセントカラーに観葉植物のグリーンやパステルカラーを配置します。これに小さめサイズの家具を組み合わせていくと、カラーコーディネートの幅が広がります。

天然木の素材感を活かした北欧スタイル

特徴ある北欧家具が映えるよう工夫するならこのスタイルです。ベースカラーはホワイト系、アソートカラーにナチュラルやスモーキーブルーを選んでみてください。アクセントカラーにはイエローやレッド、そして北欧らしいアートなマリメッコやアルメダールなどのファブリックを配置するのがおすすめです。キャンドルのような温かみのある照明を取り入れると、より北欧らしさが演出できます。

リビングは家族みんなと、訪れたゲストも一緒に過ごす空間です。自分らしさを表現しつつ、そこで過ごす人にとって心地よいと思えるカラーコーディネートを心掛けてみましょう。

  • 4461
  • 19
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

1995年の設立以来、延べ12万件以上のリフォーム施工実績のフレッシュハウス。現在は関東、中部、九州に30を超える支店・ショールームを展開。ホームプロでは全国第…

おすすめのアイデア

話題のキーワード