【気になる】畳の張替にかかる費用の相場は?自分でもできるの?

畳の張替えについて解説。日本の伝統となる畳のメリットや、畳を張替えるタイミング、気になる費用を3種類の方法別にして解説しています。また畳を長く使う方法や、自分でできる畳の張替え方法もまとめました。これから、畳の張替えを考えている方はぜひ、参考にしてみてくださいね♪

  • 423
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

日本の伝統! 畳のメリットとは

畳は、日本で生まれた伝統の文化。

イ草という植物で作られており、調湿効果があるのをご存知ですか? 夏はイヤな湿気を吸収し、冬にはイ草が含んでいる水分で湿度を調節してくれるのがメリットとしてあげられます。

畳を張替えるタイミングはいつ?

畳を張替えるタイミングは、基本的に約5〜10年と言われています。しかし、畳の状態で張替えのタイミングは「前後する」ことを覚えておきましょう! 

そのため、畳の部屋をよく行き来するという方は、2〜3年で傷みが進んでしまう場合も。あくまでも、目安としてのタイミングを理解して、畳の張替えを検討することをおすすめします。

畳の張替は自分でもできるの?

畳は、自身で張替えることができます。

ホームセンタや通販などで購入できる、畳の張替えキッドを使って畳の張替えをしましょう! 自身で張替え作業をすれば、出費がおさえられていいですよね。

しかし、短時間で終わることはできないため、長期の休みに作業をすることをおすすめします。

【楽天リフォーム認定商品】【畳】【表替え】【畳張替え】 【和紙畳】6帖 銀白100Aシリーズ◆縁付き 色褪せにくく丈夫で長持ち!畳ならダイケンの「健やかおもて」【RCP】
商品情報を楽天で見る

畳を張替える際の流れ

畳を張替える際は、畳の上に置いてある家具をすべて邪魔にならない場所へ移動させましょう。

その後、張替えたい畳を立てて縁の釘抜きをしていきます。釘抜きをした後は、縁を切り落とし表面となるイ草を貼り付けて固定。元のように、縁をつけて釘打ちしましょう!

畳の張替え業者に頼むのも1つの手

畳はとても重く、張替える際には専門道具が必要になります。自身で作業するということになれば、釘を抜く作業だけでも1時間以上かかってしまうことも。

自分でできるか不安という方は、専門業者に依頼をして畳を張替えてもらうのも1つの手です。

気になる畳の張替え費用は?

畳を張替えるにあたって、気になるのは費用。

張替え費用は「畳の質」や「畳の張替え方」で前後するのをご存知ですか?

一般的な畳だと、一枚約8,000円からのものが多くあります。最上級品質の場合は、一枚約12,000円からとさまざま。また、一般住宅用やマンション用、業者独自のオプション料金設定などで料金が異なるのです。

さらに畳は、「裏返し」「表替え」「新調」と張替え方が分かれています。

ここからは、張替え方別に費用を解説! 畳の傷み方によって金額が変わるので、張替えを検討している方は参考にしてみてくださいね。

「裏返し」の場合

畳は基本的に裏表がありません。そのため、両面使うことができます。

「裏返し」という方法は、使用していたイ草を裏返して、同じイ草を貼り直すという方法です。2〜5年ほど使用した、軽度の畳に適しています。

費用は、約3,500円とリーズナブルですが、1度しか行うことができない方法です。

「表替え」の場合

「表替え」とは畳の中心部となる畳床は変えず、畳表と畳縁を張替える方法です。

見た目は新品のように見えますが、畳床は同じものを使っているため、踏んだ感触は変わりません。裏返しでは、畳の状態が変わらない場合や、5年以上経った畳に適しています。

表替えは、畳表のグレードによって変わるため値段は約5,000円〜約20,000円です。

「新調」の場合

「新調」とは、畳をすべて取替える方法です。

畳表や畳縁、畳床をすべて取替えるため、見た目や感触が一新します。年月が経ち、畳がへこんできた場合や、畳の劣化が目立つ場合は、新調するのがおすすめ。

新調する際の費用は、一畳につき約10,000円〜約35,000円です。

また、新調をすると、新しい畳が来るまでは部屋に畳が無い状態が続くため注意が必要になります。

畳を長く使う方法とは?

ここではちょっとした工夫をするだけでできる、畳を長持ちさせる方法を解説します。

お酢を使った畳の手入れ方法や、定期的に畳を干すメリットなどを解説! 畳を張替えたら、長持ちさせるように心がけましょう。

畳みの上に絨毯やカーペットを敷かない

畳を長く保つためには、畳の上に絨毯やカーペットを敷くのはひかえましょう。

畳の原料となるイ草は、空気中にあるさまざまな物質を吸収して、浄化することが研究でわかっています。

畳の上に、絨毯やカーペットを置いてしまうと、イ草にフタをしてしまうことに。そのため、湿気がこもり、カビやダニなどが発生してしまう恐れがあります。

またLIMIAでは、畳に発生してしまったカビの除去方法を解説しています。畳のカビにお困りの方は、参考にしてみてくださいね。

▽詳しくはこちらをチェック

お酢を使って畳の手入れをする

お酢を使った掃除方法は畳を長く使う方法にとても有効です。

バケツにぬるま湯を張って、お酢を大さじ2杯入れます。酢水を作ったら、雑巾を浸け固く絞り、畳の目に沿って拭き掃除をしましょう!

お酢は、殺菌効果やカビ防止が期待できます。日々の掃除で使えるため、簡単に実践することができますよ。

▽さらに、詳しい掃除方法を知りたい方はこちらをチェック

年に2回は畳を干す

大掃除の際や、シーズンごとには、畳を外に干しましょう。

風通しのいい場所に、4〜5時間干すだけでダニやカビの発生を減らすことができますよ。とは言っても、畳を外に干すには労力がいります。

畳を外に干しに行くのが大変な場合や、干す場所が確保できない場合には、畳を持ち上げたすき間に缶を挟みこんでみましょう。

少しでも風を通す空間を作ることによって、畳のムダな湿気を乾燥させることができますよ。

畳の張替えをして、きれいな畳を保とう!

畳の張替え方法について解説しました。

張替え方や畳の状態によって、費用が変わることがわかりましたね。畳の張替えを検討している方は、今回の記事を参考にして、基本的な畳の張替えに関する知識を身につけておきましょう。

また、畳はデリケートな素材です。大切に扱い、日本の文化である畳を伝統的なものにしましょう!


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 423
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード