部屋を広くする方法。明るい押し入れ部屋の作り方。

部屋がもっと広ければいいのにと思ったことはありませんか?ベッドや机を置いたら他に何も置けないのは窮屈です。というわけで、押し入れを改造して部屋を広くしてみました。

  • 16807
  • 215
  • 2
  • いいね
  • クリップ

最近の家は収納がたくさんあって便利になっていますね(#^^#)


しかし収納が多いといらないものを捨てずに置いてしまいます(>_<)


そして寝室はベッドを置いたら狭いんです。


というわけで、余分な収納場所を部屋にして広くしましょう(^^)/

いらないものを捨てることができて、さらには部屋も広くなります。


さっそく押し入れの中身を整理しました(^^)


けっこー広いですね。


まずはベッドを移動させました。


ベッドのフレームの脚を外してローベッドにしました。


ふすまがあった敷居が段差になっているのでフレーム部分に板を挟みました。

押し入れは壁紙もなにも貼っていないので板がむき出しです(^^;)


さすがにこのままだと部屋とは呼べませんね。


飾り付けていきましょう。

板壁にはクッションシートを貼ることにしました。


スポンジ風で厚みがあり、防音や断熱の役割がありそうです。


100均にも売っていますがたくさん必要なのでネット大量購入しました(^^)/

長方形なのでつなぎ目はハサミで切って柄をそろえましょう。


柔らかいので簡単に切れますよ。


しかし裏面が粘着になっているので少しベトベトになります(^^;)


押し入れ一面に貼っていきましょう。

押し入れに棚があったのでそこにも貼っていきます。


シートの切れ端を集めて貼りました。

全体にシートを貼り終えました。


押し入れとは思えないくらい豪華になりましたよ(#^^#)


しかし押し入れなので暗いんです(>_<)

照明をつけて明るくしましょう。


電気関係は素人なので簡単なものを使います。


コンセントでつながるライティングレールを押し入れの壁に貼り付けました。

コードは見えない壁のほうに這わしましょう。


スイッチ式の延長コードをつなげるとボタン一つで点灯できます。


ライティングレールは電球ソケットの数を増やせるので明るさも自由です(^^)

完成しました(#^^#)


ベッドの隙間には台を置きました。


部屋も片付いて広くもなって一石二鳥ですね(^^)/


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 16807
  • 215
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIY好きです。よろしくお願いします(^^)/

DIYぼっちさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード