【タオルのカビ】原因と取り方を解説!黒ずみ・臭いを徹底除去♪

重曹や《オキシクリーン》を使ったカビ臭いタオルの洗濯方法を紹介! なぜカビが発生するのかカビの原因に加え、タオルがカビない予防策もまとめました。タオルの黒ずみや臭いを簡単に除去できる方法ばかりなので、この機会にカビの原因や落とし方・予防策をチェックしてみてくださいね♪

  • 51446
  • 161
  • 1
  • いいね
  • クリップ

タオルがカビる原因

タオルをきちんと洗っているのに、いつの間にか「カビ臭い」「黒い点々がついている……」といった経験はありませんか? その黒い点々の正体はカビです。タオルのカビは見た目が悪いだけでなく、臭いの原因にもなります。

ではなぜタオルにカビが生えてしまうのでしょうか? 主な原因を2つ紹介します。

使用後のタオルを放置している

考えられる原因の1つ目は、タオルを湿った状態で放置したことです。カビは「気温が0〜45℃」「酸素がある」「湿度が70%以上」「垢や皮脂などの栄養がある」の4つの条件がそろっているときに発生しやすいと言われています。

濡れたタオルをバスルームや洗濯カゴに放置したり、洗濯機に入れて長い間そのままにしておくと、すぐにカビが発生してしまうのです。

洗濯槽にカビが生えている

2つ目の原因は、洗濯槽のカビです。洗濯槽は水をたくさん使うため湿っていることが多く、カビが発生しやすい環境にあります。ずっと掃除をしていないと裏側にカビが生え、そのカビが洗濯物にうつるおそれがあるので、定期的に洗濯槽クリーナーできれいにしましょう!

こちらの記事では、洗濯槽の掃除方法を紹介しています。この機会に洗濯槽を掃除してみてはいかがですか?

▽洗濯槽の詳しい掃除方法はこちら

タオルのカビ取り方法

洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗うだけでカビを落とすことは難しいです。カビにはさまざまな種類がありますが、中でも黒カビはとても頑固。奥まで根を張って増殖するので、表面を洗うだけでは黒いシミが取れません。

そこで、頑固なカビをきれいに落とす洗濯方法を4つ紹介します! タオルのカビ臭さにお困りの方は、ぜひ試してみてください♪

【《ワイドハイター》】カビ臭いタオルを洗濯

タオルのカビは《ワイドハイター》などの酸素系漂白剤を使って、浸け置きすることできれいに除去できます!

【必要なもの】
●《ワイドハイター》などの酸素系漂白剤
●洗面器

【手順】
①洗面器に40〜50℃のお湯とそれに適量の漂白剤を入れて混ぜる
②タオルを浸けて30分ほど置く
③水ですすぐ
④風通しのよい場所で干す

また、同じ酸素系漂白剤の《オキシクリーン》を使ってもカビがスッキリ取れます。酸素系漂白剤は除菌力もあるので、カビを奥からしっかり退治してくれるのでおすすめです♪ 

【《ハイター》】カビ臭いタオルを洗濯

白基調のタオルは塩素系漂白剤を使ってのカビ取りがおすすめです。

【用意するもの】
●《カビキラー》や《ハイター》などの塩素系漂白剤
●洗面器

【手順】
①洗面器に45〜50℃のお湯とそれに適量の漂白剤を入れて混ぜる
②タオルを浸けて1時間ほど置く
③水ですすぐ
④風通しのよい場所で干す

塩素系漂白剤は強い洗剤なので、よく洗い流してくださいね。また、多少生地が傷むおそれもあるため注意してください!

【重曹】カビ臭いタオルを洗濯

重曹でもタオルのカビを落とすことができます。殺菌は漂白剤に比べて劣りますが、カビが軽い場合や汚れはなく臭いだけが気になる場合には、重曹でも◎。

【必要なもの】
●重曹
●レンジ

【手順】
①タオルを水で濡らし、軽く絞る
②タオルをラップでくるむ
③レンジで温める(タオル1枚を500Wのレンジで温めるときは1分程度)
④レンジから取り出し、重曹(大さじ4杯程度)とともに洗濯機に入れ、洗濯する

ラップでくるむのは、蒸し状態にして、殺菌力を高めるためです。とても簡単な方法なのでぜひ試してみてください!

【番外編】頑固なカビは「煮洗い」がおすすめ

非常に頑固なカビには煮洗いがおすすめです。

【必要なもの】
●大きめの鍋(アルミ製以外)
●酸素系漂白剤
●菜箸

【手順】
①鍋に水を入れて沸騰させる
②鍋に酸素系漂白剤を入れる
③タオルを入れて10分ほど煮る
④取り出し、すすいで干す

煮ることで、漂白剤のはたらきが活発になってカビがきれいに落ちます! しかし、煮ることはタオルへの負担が大きく、色落ちするおそれもあるので注意してください。

タオルがカビない! 簡単カビ予防方法

タオルにカビが発生してしまっても、適切な方法と洗剤を使えばスッキリと落とせます。しかし、何といっても予防することが一番大切ですよね。カビの予防のポイントはタオルを湿ったまま放置しないこと、洗濯槽を清潔に保つことです。

タオルを湿った状態で放置すると、カビが発生しやすくなるため、使ったらすぐに洗濯すること、または置いておくなら一度乾かすことを心がけましょう。また、「洗濯槽クリーナー」を用意して、定期的に洗濯槽をきれいにするとカビの発生を軽減できますよ♪

タオルのカビを除去して長持ちさせよう!

タオルのカビは、環境次第で新しいものにでも発生します。お気に入りのタオルや買ったばかりのタオルを、カビが原因で捨ててしまうのはもったいないですよね。

正しい洗濯方法を知っていれば、簡単にカビ臭さを取ることができることがわかりました。

タオルのカビや臭いに困っている方は、この記事を参考にしてぜひ洗濯してみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 51446
  • 161
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード