埃の取り方を解説!服やドライヤーについた埃もすっきり掃除しよう

生活空間に溜まった埃の取り方を解説。部屋の中だけでなく、服についた埃からドライヤーに溜まった埃の取り方まで紹介していきます。埃が発生する原因から対策を考え、埃を溜めにくい部屋にできると今後の掃除も楽になりますよ! この機会に部屋の埃をしっかり掃除して清々しく過ごしませんか?

  • 827
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

埃ってどうして発生するの?

頻繁に掃除をしていても、ちょっとした場所にすぐ溜まってしまう埃。埃が溜まってしまうと、健康にもよくないのですっきりと掃除したいですよね。

そもそも、埃が発生する原因はなんなのでしょうか? 埃の正体は、大部分が布団や衣類から出る糸くずで、そこに髪の毛やダニ、カビなどが混ざってできたものです。

この記事では、埃の取り方や発生を防ぐ方法を解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

部屋に埃をためない方法は?

普通に生活している限り埃を完全に無くすことは難しいですが、埃を溜まりにくくするコツはあります。

●こまめに換気する
●帰宅前には外で体をはたく
●棚に小物を並べない

毎日の掃除が難しい方も、上記のような点を気をつけていれば掃除の頻度が減って楽になりますよ♪

【ジャンル別】埃の取り方を解説!

ここからは掃除するもの別におすすめの埃の取り方を解説していきます。

部屋の隅に溜まってしまう埃はもちろん、衣類やドライヤーに溜まった埃の落とし方もまとめいてます。家の中にある簡単な道具だけで掃除できるアイデアなので、皆さんもぜひトライしてみてくださいね♪

【部屋】埃の取り方

部屋の中の棚からフローリングまでの大まかな掃除の流れは以下の通りです。

▽用意するもの
●モップ
●フロアワイパー
●掃除機
●水拭き用の布

▽手順
①換気をする
②棚や電化製品の埃をモップで取る
③フロアワイパーで床の埃を取る
④掃除機でゴミを吸う
⑤掃除をしたところを高い場所から順に水拭きする

コンセント付近も埃が溜まりやすい部分ですが、水を使って掃除するのは危険なのでモップで埃を軽く落とすだけにしましょう。

【服】埃の取り方

服についた埃はコロコロやエチケットブラシを使って取りましょう。

出先で手元にどちらもなかったときは、輪ゴムを使って埃を取るのが◎。手にかけた状態でコロコロさせてみると細かい埃も絡め取ることができますよ!

また、スポンジがあればエチケットブラシのように埃を絡め取れるのでおすすめです♪

【ドライヤー】埃の取り方

ドライヤーから焦げ臭い匂いがしたり、温風で使用しているときに内部に火花が散ったりといった症状が起きた場合は、ドライヤーの内部に埃や髪の毛が溜まっている恐れがあります。

お気に入りのドライヤーを長く使っていくためにも、しっかり掃除をしましょう!

【吸い込み口の掃除】
▽用意するもの
歯ブラシ

▽手順
①電源スイッチをオフにし、電源プラグを抜く
②フィルターの上で歯ブラシをくるくるしながら埃を絡め取る

【吹き出し口の掃除】
▽用意するもの
綿棒

▽手順
①電源プラグに挿し、冷風スイッチをオンにする
②冷風を出したまま、網目に詰まった埃を綿棒で掻き出す

埃を掃除して清々しく過ごそう!

身の回りの埃を掃除すると、気分も清々しくなるもの。

年末に一気に取りかかるよりも、普段から少しずつ掃除していくことがきれいな状態を保つコツです。

今回の記事を参考にして、ぜひ埃の掃除に挑戦してみてくださいね♪


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 827
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード