植栽と木調の色彩が美しい外構

シンプルだからこそ色彩まで考えて統一感のある外構に。
リビング前の目隠しにも立木を添えて彩をプラス。
家のウチにいてもソトにいても安心快適なファサードに仕上がりました。

  • 3604
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

建物がブラウン調の外観だったので、デザインが調和するようにブラウン系の木目のデザインを採用。
建物と外構の統一感がでました。

芝生や植栽の鮮やかなグリーンと落ち着いたブラウンの色効果で、安心感のある癒しの庭空間になりました。

施工前

新築外構に伴うプランでした。

車2台分の駐車スペースとファサード、リビング前の目隠しをご希望されていました。
また、お子様の為にお庭の空間をしっかり確保したいとの事でした。

施工後

門廻り

玄関前のスペースは限られているので省スペースに収まる機能門柱を選びました。

両側に花壇を設け立木・下草を植え込むことによりファサード空間にボリュームと彩を演出。

ペイバーには600×300㎜サイズを2色ランダムに。
短い距離のアプローチですが、スクエアなラインと色合いが目を楽しませてくれます。

目隠し

玄関脇がリビングだったので、立木と目隠しフェンスを用いて視線をカット。

外観と門廻りの調和を意識した商品を選択しました。

リビング前は高さ170㎜の2段柱に半目隠しタイプの高さ800㎜と1000㎜のフェンスを施工。
フェンスも複合カラーを選択し、ファサードのポイントとしました。

境界

道路とお庭の境界をブロック等で囲うお話もでましたが、囲い過ぎてしまうのも防犯上の問題や圧迫感も出てしまうので、道路から600㎜程セットバックし高さ800㎜程のフェンスを造作し設置。

スッキリ、そしてしっかりとした仕切りの境界を表す事が出来ました。

  • 3604
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

『住宅新価値提案<家のウチ・ソト・リフォーム推進>』“永年住み慣れた住宅を安全・快適にリフォーム”“永年馴染んできた庭を多目的にリフォーム”こうした中からご家族…

おすすめのアイデア

話題のキーワード