豪雪地域で軒の出2m!伝統的建築様式のアレンジで豊かな暮らしを育む、小見世(こみせ)をもつ家。

青森県津軽地方の伝統的な建築様式である雪の季節に人の通行を許す軒下空間「小見世(こみせ)」に着想を得た深い庇が特長の住宅。積雪荷重を分散させるために屋根形状を雛壇状に計画しました。最上部にハイサイドライトを設けることで、四季を通して変化に富んだ気持ちいい陽の光を室内に導き入れることができます。また、厳しい自然環境に耐えるために焼杉張りの外壁を採用し、城下町である弘前の街並みの一部分としての役割を担うことを目指しています。

  • 337
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 337
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

はじめまして、清建築設計室と申します。もっと、ずっと、ケンチクを楽しもう。好きなモノを身に着けるとウキウキするように、憧れのモノに乗るとワクワクするように、お気…

おすすめのアイデア

話題のキーワード