入れるだけ簡単♪《なないろ栄養おだし》が手軽なのに本格派でおいしい!おにぎりやごはんに混ぜても◎

家事に仕事に忙しいときでも、ごはんはしっかり食べたいし栄養も摂りたいですよね。手軽に続けられて毎日の食事に簡単便利な《なないろ栄養おだし》が、アンファー株式会社が展開する食品ブランド〔ドクターズ ナチュラル レシピ〕から販売されています。お味噌汁はもちろん、ごはんに混ぜてもおいしい《なないろ栄養おだし》についてご紹介します♪

  • 629
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

毎日のごはんをもっと手軽においしく♪

今回ご紹介するのは、小児科医の工藤紀子先生と料理研究家のもりくみこさんの監修で誕生した《ドクターズ ナチュラル レシピ なないろ栄養おだし》。パックを破ってお鍋に入れるだけでおいしいおだしがとれる、とっても便利な調味料なんです。1パックで約50cc、1食分のおだしがとれて手軽に使えるのが◎。

コクと深みのある味を出すため、市販のだしパックによく使用されている化学調味料「酵母エキス」は使わず、こだわりの5つの国産原料を使用しているのだそう。その5つとは、いわし煮干し、かつお荒節、むろあじ節、乾椎茸、昆布。かつお節の香りが引き立ち、いわしとむろあじのコクと甘みがまろやかに広がります。

セミナー会場

そんな《なないろ栄養おだし》を使ったセミナーが開催されるということで、LIMIAも取材に行ってきました! 会場には親子連れで参加される方も多数♪ この日うかがったお話を交えつつ、記事後半では気になるお味や《なないろ栄養おだし》活用法などもリポートしていきますよ。

ごはんを毎日手作りするのって大変!

ボンベイ氏
5歳の長女と、2歳の次女と三女の双子の子育てに奮闘する働くママ。「死なせない」を最重要ミッションに掲げ、無理をしない、辛くない、ママも幸せになる家事育児の方法をSNSで発信している。

最初にお話を聞かせてくれたのは、自身も3児のママであり、SNSでも多くの支持を集めるボンベイ氏。育児に取り組むうちに、「よい母」「よい妻」「よい嫁」になろうと必死になり、自分が疲れてしまったこともあったのだそう。とくにごはんについては「手作りすることが当然」だと思い込んでいたのだとか。

でも、時間をかけて調理したものに限って子どもが手をつけてくれなかったり、調理中に「おなかがすいた」とグズってしまったり。楽しいはずの食事が、親にとっても子どもにとってもストレスになってしまっていました。

そんなとき、農林水産省による食育推進施策の内容を読んで、ボンベイ氏は「プレッシャーから解放された」のだそう。とくに響いたのは、一食・一日単位ではなく数日から一週間単位で献立を組み立てることや、手作りのごはんだけでなく外食やレトルト食品と組み合わせてもよいことなど。

この教訓を得て、手作りすることに一生懸命だったボンベイ氏は、考え方を「楽しく食べること」「食事によって健康に過ごすこと」にシフト。心に余裕ができ、子どものこともより愛おしく感じられるようになったそうです。レトルト食品などを使うからこそ、そのぶん自炊で使う調味料や食材にはお金を惜しまないことにしているのだとか。

子どもがいる方はもちろん、そうでない方も市販の食品での食事や外食が続くと罪悪感を抱く方も多いのではないでしょうか? 食事に関して義務感やプレッシャーを感じているという方は、ぜひ一度読んでみると新たな気づきがあるかもしれません。

日本人には慢性的に鉄分が足りていない!?

工藤紀子先生
順天堂大学卒 順天堂大学大学院博士課程修了 医学博士 日本小児科学会認定小児科専門医
2児の母。都内クリニックで年間1万人の子どもたちの診療を行う著書『離乳食は作らなくてもいいんです。』(時事通信社)《なないろ栄養おだし》を監修。

続いてお話を聞かせてくださったのは、小児科医の工藤紀子先生。

みなさんは最近疲れやすくなったり、なんとなく力が出なかったり、イライラしてしまうことはありませんか? 工藤先生によると、実は体の中で「鉄」が不足するとこのような症状となって表れることがあるのだそう。

鉄は大人だけでなく、子どもにとっても大切な栄養素。なんと現代の日本人は、生後6か月を過ぎる時期から(!)慢性的に鉄が不足しているのだとか。もちろん自己判断だけに頼らず、調子が悪いなと感じたときは早めの医療機関の受診が大切ですが、「最近鉄分をとれていなかったな」と思う方は一度食生活を見直してみるのもいいかもしれませんね。

では、実際にどうやって鉄を摂取するのがよいのでしょうか? 「鉄剤投与」という治療の選択肢もありますが、工藤先生によると、一日に必要な摂取量よりも投与する量が多くなってしまうため副反応が出ることがあるのだそう。

そこで大切になってくるのが「食事」です。食事からの栄養には副反応がないので、鉄を含む食材を摂る習慣を「日々」続けることが重要なのだとか。鉄を含む食材とは、具体的には牛肉や豚肉の赤身、鶏のもも肉など。

そうは言っても、鉄を含む食材を調べ、毎日意識して献立を決めて……となるとなかなか続けにくいのも本音ですよね。「簡単で、毎日続けられるものはないかな?」と考える私たちにぴったりなのが、今回ご紹介する《なないろ栄養おだし》なのです。

気になる《なないろ栄養おだし》のお味は……?

お味噌汁のだしとしても使える《なないろ栄養おだし》は、いろいろな料理に取り入れやすいのがうれしいポイント。LIMIAスタッフも実際に《なないろ栄養おだし》を溶いただし汁を試飲してきました! 昆布の香りがしっかりと感じられ、やさしいまろやかさとスッキリした後味が◎。クセの少ない味は何にでも合いそう♪

活用法をチェック! ごはんに混ぜてもおいしい

実は《なないろ栄養おだし》は、お味噌汁だけでなくごはんとも相性バツグン。炊き立てのごはん一合にそのままだしパックの中身を入れて、少しなじませてからおにぎりにするのがおすすめなのだそうですよ♪ 好き嫌いが多いお子さんでも食べやすいアレンジではないでしょうか。

この日のメニューは、炙りチーズをトッピングしたお酒に合いそうなおにぎりや、子どもも大好きな鮭おにぎり、さっぱりとしたかぶの葉おにぎりなど。参考にして作ってみたくなりますね……! 自分なりのアレンジを考えてみるのも楽しそうです。

野菜がモリモリ食べられちゃう!? ディップもおすすめ

《なないろ栄養おだし》を使ったディップもとってもおいしい! 「お豆腐だしディップ」や「ツナだしディップ」、「卵だしディップ」とさまざまな味わいで野菜と一緒に楽しめます。毎日摂りたい野菜も飽きずに食べられそうですよね。

《なないろ栄養おだし》で毎日のごはんをラクラクおいしく楽しもう♪

●商品名:《ドクターズ ナチュラル レシピ なないろ栄養おだし》
●価格:1,806円(税別)
●容量:200g(10g×20パック)
●食塩相当量:0.16g(1パックあたり)

今回はアンファー株式会社より販売されている《ドクターズ ナチュラル レシピ なないろ栄養おだし》をご紹介しました。いろいろなアレンジで食卓に取り入れられて、どのレシピもとってもおいしくいただけましたよ♪ 手軽に使えておいしく仕上がるので、忙しくても毎日のごはんをしっかり食べたい方や、不足しがちな鉄を食事で摂りたい方、お子さんのいる方にもおすすめです。

アンファーストア公式や〔楽天市場〕、〔新宿伊勢丹〕などで手に入れることができるので、ぜひチェックしてみてください!

【発売記念!550円OFF】なないろ栄養おだし ドクターズナチュラルレシピ
商品情報を楽天で見る


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 629
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード