住まいのリノベーションで気になる! 大胆かつ新感覚の間取り【0LDK】ってご存じですか?

思いつかなかった0LDKの魅力!!

  • 12018
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

―LDK の定義のおさらい!ワンルームとは違うの?

LDK のおさらいです。わかりやす区別していくとざっとこのような感じ。
LDK…家族団らんやくつろぐためのスペー ス
LDK…食事をするスペース
LDK…キッチンスペース
これらの機能を含んだスペースが 8 帖以上確保されている場合は
LDK となります。
一方、キッチンスペースを含んだ1部屋で構成されている場合は
ワンルームとなります。
ワンルームは玄関の扉を開けると、キッチンのある部屋が
オープンになっているのが特徴です。

0LDK とは

「1LDK」なら 8 帖以上の LDK+扉で仕切られた居室が
1部屋備わっているということです。 では 0LDK なら?
数字の通り居室となるお部屋が存在しないということになります。
 玄関の扉を開けると 1 つの部屋にくつろぐスペース、
食事をするスペース、 キッチンスペースがあり、寝室、
書斎の機能をあわせ持った構成のことを言います。
本来ならば必要とされている扉がないので広々とした空間が
印象に残るでしょう。
想像すると、とてもシンプルで大胆な間取りですね!

丸見えなんて落ち着かない!

すべての空間をつなげてしまうと恥ずかしい思いをするのでは…
そんなことはありません。
生活で必要になってくるお風呂や、トイレなどの水洗機能は別に設けます。
納戸とされるサービスルームも別です。
サービスルームをあえて 0LDK に組み込むことで
見せる収納を造ることができますが、
そのような選択肢があるも 0LDK の魅力なのかもしれません。
すべての空間が一体となった 0LDK では、プライベート空間が
なくてストレスになるのでは?
そんな点をカバーしてくれるのが、空間を柔らかく仕切ることができる
間仕切りです。
間仕切り一枚が空間の主役を担うのか、それともさりげなくお部屋に
溶け込むように ひっそりとたたずませるのか、とても迷ってしまいますね。

素敵な空間に隠された様々なパフォーマンス性

0LDK ではすべての機能を持つお部屋が一つになっていることで
ライフスタイルに様々なメリットをもたらせてくれるのも
一つの特徴です。。
扉や引き戸の敷居がなくなる為、けがの原因となりうる段差の
解消になります。
高齢者にあわせたバリアフリー機能も期待できますね。
また、リノベーションではドア1枚に以外とかかる為、
コストも抑えることが可能です。
室内は共有されたくうかんにより温度差が低くなるため
極度の寒さや暑さを感じず、開放的に過ごせることでしょう。
お部屋を綺麗に保つためには日頃のお手入れ、お掃除が必須です。
できれば毎日かけたい掃除機や拭き掃除のストレスも少なくなり、
スムーズに作業が行えることでしょう。
従来ならば各部屋の扉を開け放して、空気の流れを作るより、
室内を 1 つにしてしまった方が 室内の空気の入れ替えも
一括管理できますね!

五感が刺激される 0LDK デザインの事例紹介

snowpeak UrbanOutdoor 物件であるこのお部屋。
Snowpeak のコンセプトに沿って「五感を活性化する空間」を
目指し、リノベーションしています。
専用庭付きの約 40 ㎡あるマンションです。
0LDK の間取りに、うちと外を区別せず、窓の外に見える庭も
一つの空間として再建築したものです。 広い窓からの自然光は、
日中、十分な自然の光が入るように、夜は建材の素材感がもつ“影”を
感じる ことができる、明るすぎない空間になっています。
玄関から庭までがシームレスに繋がる、UrbanOutdoor の名に
ふさわしいお部屋になりました。
なかなかワードとしては馴染みのない 0LDK のご紹介でした。
室内が広々してみえるほか、レイアウトの自由度が高いことも
ポイントですね!
じっくりと検討したい間取りは、その人に合ったものを選ぶのが
快適に生活を送るポイントですね。
あなたもリノベーションで 0LDK を検討してみてはいかがでしょうか。
  • 12018
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

不動産仲介業

物件探しから、不動産の売却、リフォーム、リノベーションそしてローンのご相談まで、全てお任せ下さい。お引渡後にもお付き合いが続きますよう、親切丁寧なご対応を心がけ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード