佐保路の家||奈良町家のリノベーション

奈良市の旧道沿いに建つ大正期の町屋。建物の骨格はしっかりしているものの、玄関や道路側の和室はテナント貸しするために大幅に増改装され、その後空き家となって放置されていました。奈良市の補助金を活用することで木格子や庇、焼杉壁、瓦屋根といった町屋の意匠を復原し、内部は古い柱梁や天井板を活かしつつ耐震補強を施し現代的な住み方に合わせてリノベーションしました。一階は大きなリビングと庭を見ながら調理できるアイランドのダイニングキッチン、回遊性の高いバックヤードとコンパクトな水回り。二階は多目的に使える天井の高いワンルーム。厨子二階の下屋を吹き抜けに変更して玄関と鉄骨階段を新設しました。

  • 1492
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
増築されていた店舗を撤去し建設当初の姿に復原。庇や木格子を復活。アルミサッシを木製建具に変更。土壁や板貼を補修。
里道に面した妻面はトタン貼から焼杉板貼に変更。樋は銅製に変更。
店舗を撤去した空地は砂利敷+敷石に変更。
木格子は内側にペアガラスの窓を仕込む。一部は通風用に開閉可能。
玄関正面。
奥にアーチの開口が覗く。
玄関。飾り棚を兼ねた靴収納をタモ材で製作。式台はかつて店舗のカウンターとして使われていた柳の一枚板。
手前右が1階居室への入口。アーチの奥はウォークインクローゼットを通る裏動線。
クローゼットから玄関見返し。
1階のへや。床は杉足場板を施主塗装。
壁は真壁造の土壁と大壁造のAEPを組み合わす。天井は既存のゴロンボ梁と荒板。
キッチンカウンターはダイニングテーブルと一体的に製作。
腰壁はモザイクタイル貼。
システムキッチンを製作カウンターに嵌めこむ。
キッチンの背面は回遊性のある納戸。インターホンや給湯リモコン、調光スイッチはまとめてニッチに格納。
納戸は往来の多い道路からの緩衝帯としても機能する。
納戸から南庭を見る。
調理しながら南庭を眺められるキッチン。
開口部はアルミサッシを撤去し木製建具を製作。
大きな開口の上枠は棚板を兼ねる。
南庭から1階のへやを見る。
1階のへや全景。天井高2.7mの大空間。
庭に面した廊下。左手はトイレ。
洗面鏡は戸棚扉の内側に仕込み、常時は庭を眺められる仕組み。
火袋の吹抜けに鉄砲階段を新設。
階段見下ろし。左の壁面に撤去した丸太梁の切断面が覗く。
厨子ニ階の屋根形状に沿って階段を設計。吹き抜けから玄関を見下ろせる。
階段から2階のへやを見る。ドアノブは真鍮のアンティーク。
2階のへやは間仕切を撤去した大きなワンルーム。
天井面には断熱材を付加。船底天井に変更して天井を上げる。
2階の部屋全景。南北に風がよく通る。
吹抜けから玄関土間見下ろし。
玄関アーチ夕景。
玄関夕景。
木格子の裏からぼんやりと灯りが燈る。
  • 1492
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

建築、特に住まいは長い期間お施主様が住み、つないでいくものです。耳目を集めるために奇をてらったり、竣工時が最も輝いている建築では意味がありません。時と共に環境や…

おすすめのアイデア

話題のキーワード