夏休みに作って遊べる「リボン花火」の作り方

色とりどりのリボンを丸い台紙に貼り、ストローを通すだけで、簡単に「リボン花火」の出来上がり!くるくる回すと、リボンが色々な形を創り出してくれます。
ストローの回す向きや速度を変えて、色々な「リボン花火」を作って遊んでみて下さいね。

  • 74270
  • 200
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

BEL-0051  サイズ:6mm  長さ:20cm  8 色 x2 本 =16 本
*見本の色番は、60,62,70,72,80,82,102,84

・厚紙:直径 4cm x4 枚(牛乳パックやティッシュボックスなどでも可能)
・両面テープ 5mm 幅 
・ストロー(25cm 位、先が曲がるタイプ)
・ハサミ・目打ち・接着剤・セロハンテープ

使用上の注意点

作る時の注意点:
目打ちなどで、穴を開けるときは、怪我をしないよう気を付けてください。

遊ぶ時の注意点:
ストローの心棒を通しますので、人に向けたり、顔や目に刺さらないようご注意下さい。

作り方

材料を準備します。

リボン20cm: 16 本
直径:4cm の厚紙: 4 枚
ストローは、曲げタイプ 25cm 位: 1 本 用意します。

両面テープを 5mm に切り、厚紙の周りに 16 個貼り
リボンの裏面を貼ります。
(リボンのツルツルした光沢のある面が表、ザラザラした面が裏です)

リボン 16 本を貼付けた状態です。
上からリボンを挟み込むように、白い丸厚紙を貼ります。

もう 1 枚の厚紙に同様に、両面テープを貼りリボンを図のように貼ります。

リボン 16 本貼を付けた状態です。

厚紙を貼り合わせます。
厚紙の中心に目打ちで穴を開けストローを通します。

上にストローの曲がる部分を残し、ストローの先をカットします。
先を曲げて、抜けないようにして完成です。

上下の丸い台紙が動かないよう、接着剤やセロハンテープなどで、ストローに固定してください。

勢いよく回すと、
つづみのような、瓢箪のような、不思議な形ができますよ。

やんわり回すと、ふんわり丸く膨らみます。

作る時、遊ぶ時の注意点:
目打ちなどで、穴を開けるときは、怪我をしないよう気を付けてください。
ストローの心棒を通しますので、人に向けたり、顔や目に刺さらないようご注意下さい。

怪我をしないよう、楽しく作って遊んでくださいね。

使用したリボンは、下記でご購入頂けます。

  • 74270
  • 200
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

クラフトショップ・ヒントでは、リボンやボタンなどのハンドメイド素材を取り扱っております。国内をはじめ、フランスやイタリアなどヨーロッパ製の珍しいリボンやボタンを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード