【オキシクリーン】で厚手のカーテンもササッときれいに!洗い方を徹底解説

「カーテンを洗うなんてなんだか大変そう……」と思っている方必見! 『オキシクリーン』を使ったカーテンの洗い方を解説します。 『オキシクリーン』は厚手のカーテンでも洗濯できるのでとっても便利。漬け置き時間など洗い方のコツもお届けします! ぜひこの記事を読んで、カーテンの洗濯に挑戦してみてくださいね♪

  • 17782
  • 268
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カーテンの洗濯をしよう

カーテンは窓に近く、エアコンの風が当たる場所でもあるためカビやほこりが付きやすいです。汚いカーテンとお子さまの肌が触れて、アレルギー反応を起こしてしまうなんてことも。

汚れてしまったカーテンは、《オキシクリーン》を使って洗うと、とてもキレイになりますよ。カーテンを定期的に洗濯して毎日を快適に過ごしてみませんか。

《オキシクリーン》でカーテンを洗う方法

「カーテンを洗いたいけれど、どのように洗濯していいのかわからない……」なんて方も多いのではないでしょうか。カーテンは、思ったよりも簡単にキレイに洗うことができます。《オキシクリーン》を使えば、黄ばんでいたカーテンやカビが付いてしまったカーテンも、新品同様になりますよ。

《オキシクリーン》でカーテンを洗うコツ

カーテンを洗うには、カーテンレールからカーテンを外し、フックを取って、またカーテンを戻して……という手間がかかります。時間を掛けるのであれば、効率よく汚れを落としたいですよね。

《オキシクリーン》でカーテンを洗う前に、気を付けなくてはならないことが何点かあります。《オキシクリーン》でカーテンをキレイに洗うためのコツを知って、カーテンをうまく洗いましょう。

お湯の温度に気を付ける

《オキシクリーン》がよく働く温度があります。《オキシクリーン》の成分である、酸素が働きやすい40~50度がおすすめ。酸素は漂白をしてくれるので、酸素が働きやすい温度でカーテンを洗うと、より汚れが落ちやすくなりますよ。

つけ置きの時間に気を付ける

《オキシクリーン》の酸素は、時間をかけて出てくるため、あっという間に漂白ができる、とういう訳ではありません。つけ置き時間は、短くても1時間、長くて6時間がおすすめ。汚れが落ちているかどうか確認しながら、つけ置きの時間を伸ばしましょう。

カーテンを《オキシクリーン》漬けして洗う

カーテンを洗濯するといっても、どのように洗濯をしたらいいのかわからない、なんて方も多いのではないでしょうか。《オキシクリーン》でカーテンを洗う方法で、1番おすすめしたいのが、《オキシクリーン》漬け。簡単にできるのに、カビや汚れがキレイに落ちますよ。

手順

1.カーテンの洗濯表示を確認し、カーテンとフックをレールから外す
2.食器用洗剤を混ぜた水を貼ったざるにフックを入れて洗い、天日干しをする
3.浴槽に40~50度のお湯を用意して、2~3杯の《オキシクリーン》を溶かす
4.3時間を目安に漬け置き洗いをする
5.栓を外して、泡が出なくなるまで、水を入れ替えてすすぐ
6.洗濯機でデリケート洗いをする
7.たたんで、洗濯ネットに入れて10~20秒洗濯機で脱水する
8.カーテンレールにカーテンを戻して干す

簡単にできるので、試してみてくださいね。

《オキシクリーン》が使えないカーテンは?

デリケートな生地や、装飾が付いたカーテンなど「水洗い不可」の洗濯表示が付いたカーテンは、オキシクリーンで洗うことができません。そんなカーテンは、掃除機を使うのがおすすめ。最後に、布用消臭スプレーを吹きかければ、十分にキレイになりますよ。

カーテンを洗って陽の光を浴びよう

いかがでしたか。今回は、《オキシクリーン》でカーテンをキレイにする方法について紹介しました。カーテンのつけ置き洗いをしている間に、窓掃除をしておくとまたカーテンが汚れてしまうのを防げますよ。

カーテンを《オキシクリーン》でキレイに洗って、窓の外から差し込む陽の光を浴びてみませんか。


LIMIAからのお知らせ

無印良品が楽天市場に登場!
見える、隠す、ぴったり揃う収納など取り扱い商品を続々追加!
もちろん楽天スーパーポイントも貯まる!

  • 17782
  • 268
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード