住宅地盤の基礎知識④ ~不同沈下とは

住宅の建築や取得の際に、ぜひ知っておいていただきたい住宅地盤に関する情報や話題を集めました

  • 923
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

不同沈下とは

不同沈下とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。
家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです。

不同沈下が起こると、建物に大きなダメージを与えます。
その理由は本来、水平・垂直を保っていなければならない、建物の構造を支える部材が、不同沈下によって平行四辺形や台形に歪み、一ヵ所に荷重が集中して、無理が集中するからです。

また不同沈下によって家が傾くと、日常生活にも影響を与えます。
窓から雨が吹き込む、ドアやサッシの鍵が掛けられなくなり外出できない、気密性が失われてエアコンの効きが悪くなるなどです。
特に、雨仕舞いが悪くなることで、躯体の腐食が進み、建物の寿命が短くなったり、耐震性能が著しく損なわれるのは問題です。
さらに、床の傾きによって精神的にストレスがたまったり、眠れなくなることもあります。

【木造建築物の不同沈下障害と変形角】
・初 期:モルタル外壁・コンクリート犬走りに亀裂が発生する(1/1000)
・第1期:つか立て床の不陸を生じ、布基礎・土間コンクリートに亀裂が入る(3/1000)
・第2期:壁と柱の間に隙間が生じ、壁やタイルに亀裂が入る。
     窓・額縁や出入口枠の接合部に隙間が生じ、犬走りやブロック塀など外部構造に被害が生じる(5/1000)
・第3期:柱が傾き、建具の開閉が不良となる。床が傾斜して支障を生じる(10/1000)
・最 終:柱の傾斜が著しく倒壊の危険がある。床の傾斜もひどく使用困難である(15/1000)
《出典:小規模建築物基礎設計の手引き/日本建築学会 1988》

  • 923
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

■”地盤トータルサービス”で、未来を創造■ジオテックでは、建築物(一般建築~戸建住宅)新築時の地盤調査、地盤補強(地盤改良/杭)の設計/施工をはじめ、既存建築物…

おすすめのアイデア

話題のキーワード