トイレのつまりは【道具なし】でも直せる?簡単な解消方法とは

「トイレが詰まった!」こんなときあなたならどうしますか? 慌てて対処すると、余計に詰まりを悪化させるおそれも。そこで今回は、トイレつまりの解消法をまとめました。100均で購入できる道具についてや、道具の名前、解消グッズの使い方などを詳しく解説。

  • 22620
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレつまりの原因と症状

誰もが一度はトイレつまりのトラブルに遭遇したことがあるのではないでしょうか? 慌ててやみくもに対処しようとすれば、余計に状況を悪化させることもあるでしょう。

素人では解決できなければ、業者を呼ぶのが確実です。しかし、原因が明らかで、なおかつ適切な解決方法を知っていれば、自分で対処することもできるでしょう。まずは、よくあるトイレつまりの原因を症状と合わせて紹介します。

水量不足でもつまることがある

流れる水の量が少ないと、汚物やトイレットペーパーなどがきちんと流れなくなります。節約目的で、いつも流すときにレバー「小」しか使わない場合や、トイレタンクの中に節水グッズを入れている場合は、普段から水量不足になっている可能性があります。

流れ切らなかった汚物やトイレットペーパーが排水管の中にとどまり、段々と蓄積されていきます。その状況で使い続けるとつまってしまうのです。

軽いつまりは重曹を使って

トイレットペーパーなど、水に流せる物だけを使用しているのにつまっているのであれば、症状は軽い可能性があります。汚物やトイレットペーパーをふやかして流せば、解消されるかもしれませんよ!

少し熱めのお湯と、計量カップ半分くらいの重曹を混ぜて流すと、つまりが水に溶けるのを促進させることができます。勢いあまって水を溢れさせないように、様子を見ながら流しましょう。お湯の温度が熱すぎると便器を傷める原因になるので注意です。

トイレのつまりを解消しよう

水を流すだけではトイレのつまりが解消されない場合は、排水溝の中でぴったり動かなくなっている物を動かして隙間を作り、勢いよく水を流す必要があります。

トイレつまりを解消するための道具について、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 道具の正式名称と、どこで購入できるかを紹介します。

トイレのつまりを取る道具の名前は?

トイレつまりを解消する道具の正式名称は「ラバーカップ」です。ハンドルの先に吸盤のような大きなゴムがついており、「スッポン」や「通水カップ」英語では「プランジャー」とも呼ばれることがあります。

トイレのタイプによって洋式向けや和式向けなど種類が分かれているので、選ぶ際には注意が必要です!

ラバーカップをトイレの排水口の部分に押し当てることで真空状態ができ、引き上げると水が吸い寄せられます。そのときに、つまりの原因となっている物も動かされ、水の流れが復活するのです。

100均にも売られている

ラバーカップというと専門器具のように聞こえますが、意外とあちこちで取り扱われています。ホームセンターはもちろんのこと、100均に売られていることも多いため、手に入れやすいですよ!

最近はデザインが凝っていたり、ラバー部分のカラーが華やかだったりと、さまざまなラバーカップが販売されています。せっかく買うなら、お気に入りの色や形を見つけてみてはいかがでしょうか?

ラバーカップの使い方とポイント

トイレつまりの必需品ともいえるラバーカップですが、何となく自己流で使っている人もいるのではないでしょうか?

ラバーカップは正しい使い方をしてこそ効果を発揮します。この機会に正式な使用方法を知っておきましょう!

排水口を覆うようにしてグっと引く

ラバーカップの効果は、吸引力で決まります。そのため、吸盤を吸い付かせるイメージで、トイレの排水口にラバーカップの先端をぴったり密着させる必要があるのです。

カップ部分で排水口を覆い、ハンドルを押し込むようにして凹ませます。十分に押し付けたら、手前にグッと引きましょう。水を吸い上げるような感覚があるはずです!

つまりが取れるまで繰り返す

「ラバーカップを押し付けて引っ張る」という動作は、つまりが解消されるまで繰り返しましょう。詰まっている物が多かったり、積み重なって硬くなったりしている場合は何回も作業しないと直らないこともあるので、根気よく続けましょう。

ゴボゴボという水の流れる音がして、水位が下がったらつまりが無事流れた証拠です。

少なすぎず、多すぎない水位で

ラバーカップを上手に使うコツは「真空状態を作ること」です。そのため、乾いた状態では上手くカップが密着せずに効果が半減します。ある程度カップに水が浸かるくらいの水位は必要です。

逆に、水が多すぎると、汚水が便器からあふれて周囲が水浸しになってしまうこともあります! 不要な水はあらかじめバケツで汲み出しておくとよいでしょう。

汚水が飛ばないようビニール等で養生

作業をしていると、ラバーカップを引き揚げたときに汚水が跳ねることがあります。床にビニールシートを敷いておくと衛生的ですね!

可能であれば、大きなビニールシートを用意してトイレの便器部分をまるごと包むようにすると、さらに水跳ねを気にせずに作業がしやすくなります。ビニールには、ちょうど排水口の上あたりに小さな穴をあけ、ラバーカップのハンドルを通しましょう。

汚水が跳ねてもビニールがガードしてくれて、便器の外は濡れませんよ!

つまりの原因によっては逆効果となる

ラバーカップは、原因を取り除くのではなく、水の力で押し流してつまりを解消するアイテムです。そのため、つまっている物によってはラバーカップで状況が悪化することもあるため注意しましょう。

つまりの原因が水に溶けない固形物の場合、ラバーカップを使うことでより奥に物を押し込むことになるのです。ますます取り出せなくなり、大きなトラブルに繋がる可能性もあります。

業者を呼ぶことになるのはもちろんのこと、トイレそのものの修理が必要になるケースもあるでしょう。

こんな道具もつまり解消に役立つ

ラバーカップが手元にない場合や、ラバーカップではどうも心もとなくて解決が見込めない、上手く使えないという人は、別の手段を使ってみましょう。

水道業者も使っているような強力なアイテムや、身近な物を利用して作る「つまり解消アイテム」を紹介します!

ハンドル式のパイプクリーナー

仕組みはラバーカップと同じですが、とても強力なパワーを持っているのがハンドル式のパイプクリーナーです。

先端のゴム部分をトイレの排水口に押し付けたら、ハンドルを手前に引くだけで、強い吸引力を発揮します。プロの現場でも使われていることがある本格的なアイテムですが、一般の人でも気軽に購入することができます。

SANEI 【パイプのつまりを強力解消】 真空式パイプクリーナー 台所・洗面・トイレ用 PR870
商品情報をAmazonで見る

ハンガーを曲げて

洋服を吊る針金ハンガーを引き延ばし、先端を釣り針や輪っか、螺旋型などに曲げて変形させれば、つまり解消の即席アイテムに早変わりです! つまりの原因に直接触れて移動させることができます。

水に溶けない固形物なら、釣り針型で物を引っ掛けて取り出しましょう。トイレットペーパーや汚物などが詰まっているなら、輪っか型でほぐせばOKです。螺旋型は、トイレットペーパーや汚物を掻き出したり、ねじ込みながら突き崩したりするのに適しています。

針金ハンガーなら、排水管の形に合わせて変形させることができます。つまりの原因に届くように上手く調整しましょう。針金の先端で便器を傷つけないように、先は丸めておくのがベストです。

つまりの原因を確認してから冷静に対処しよう

トイレを詰まらせている物によって、適切な対応方法が変わってきます。なぜトイレがつまったのか、原因を把握しておくことも大切です。

トイレつまり解消の最もポピュラーなアイテムはラバーカップですが、重曹やワイヤーハンガーなど、身近な物を工夫して上手く活用するのもよい方法ですね。

しかし、状況によっては無理に1人で解決しようとすると悪化することもあります。適切に判断し、業者に依頼するという選択肢も視野に入れておきましょう。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 22620
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード