【お寿司屋さんの賄い♪】☆烏賊(イカ)ゴロ(わた)のホイル焼き☆

捨ててしまうのがもったいない、イカのゴロ(はらわた)。

これがご飯が進む君やお酒のアテにサイコーです! 

お寿司屋さんのまかないで教えてもらったのをヒントにしました。


((後日、「烏賊(イカ)くちを食する」 ))版を作成致しますので、ご覧頂ければ幸いです。

  • 1475
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

★材料

イカのゴロ(はらわた)  墨の部分は除いて、2杯分
イカげそ         1パイ分
イカ           くち2個(くちばしを取って入れる)

★1)料理酒(日本酒)  小1程度?
★1)みりん       少々
★1)しょう油      少々(しょう油差しからくるっと回す程度)

ゴマ油(サラダ油でも可) ホイルに薄く塗る程度

★作り方

1. 中身を出すとこんな風に”わた”がゴロリと・・・

2. ゴロ(わた)を取り外す時は、目が付いている部分と密着って位くっついてるので、注意深く包丁を入れながら取り外して下さい。

3. ゴロ(わた)をとりはずしたら、
”墨”の部分も取り外します。
そっと軽く引くようにすると、する~っと取れてしまいます。

(この”イカ墨”で ”イカ墨パスタ”もGoodです♪)

4. 二重にしたアルミホイルに薄く油を引いて、イカ墨を取り除いた”ゴロ(わた)” と ”イカくち ” などを入れます。

5. ゲソ(足)や さばいた時に出た半端分の身などを入れて、

ホイルを少し包むような?感じで、調味料が流れてこぼれないように注意して、★1)の調味料を回しかけます。

6. ホイルを包みます。グリルで15~20分焼きます。

7. ホイルをあけると 烏賊(イカ)が焼ける、まんまの いい匂いです~

ごはんにかけて食べると、進む進むw

お酒のアテ(関西の言い方ですね、関東では、つまみ って言いましたよね)

((後日、「烏賊(イカ)くちを食する」 ))版を作成致しますので、ご覧頂ければ幸いです。

★コツ・ポイント

烏賊(イカ)は、お刺身にできる位の状態のものを使うと、ゴロ(わた)も生臭くなく、おいしくできます♪



  ☆ 最後までご覧いただき、ありがとうございました ☆

  • 1475
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

【生活向上活動】QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上を目指しています。★1.アート制作活動を行っております。*絵画:ペン画・色彩画(クレヨン、水彩、アクリル…

おすすめのアイデア

話題のキーワード