トイレの頑固な汚れはこれで解決⁉原因別に正しい掃除方法を教えます

なかなか落ちないトイレの汚れの掃除方法を徹底解説します。石灰化した尿石や黒ずみなど、汚れの原因別におすすめの洗剤や掃除方法を紹介。さらに、汚れを防止するための大切なポイントも教えます! こまめな掃除でトイレを清潔に保ちましょう。

  • 8156
  • 44
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレ掃除に関する悩みは多い

トイレ掃除の悩みは、どこの家庭にもあるのではないでしょうか? 悩みを解決することで、常に快適な空間を目指せます。

掃除をしてもすぐに汚れる

毎日使うトイレは、あっという間に汚れます。そのスピードに驚いたことのある人も多いはずです。

特に、子どものいる家庭は汚れやすいでしょう。男の子がいれば、立って用をたすため飛び散ってしまうことがありますし、まだ失敗する年齢なら、間に合わずに便器以外でしてしまうこともあるでしょう。

掃除をどれだけしてもすぐに汚れるというのは、トイレ掃除の大きな悩みといえます。

こびり付いた汚れが落ちない

トイレの汚れを少し放置していると、すぐにこびり付いてしまいます。こびり付いてしまうと、こすって落とそうとしてもなかなか落ちません。

汚れの性質によっては、便器と一体化したかのようなかたさの物もあります。洗剤を使ってこすったくらいでは落ちないため、サンドペーパーでこすり落としている、という人もいるほどです。

汚れの原因別、落とし方を紹介

気になるトイレの汚れを落とすには、性質に合った洗剤を選ぶことが大切です。

酸性とアルカリ性のものを合わせると中和しますが、掃除のときにもこの反応を利用します。反対の性質の洗剤を選ぶことで汚れが中和し、落としやすくなりますよ!

石灰化した尿石には酸性の洗剤

尿の成分が石灰化した「尿石」は、とてもかたい汚れです。便器に元から付いていたかのようなかたさになるため、こすって落とそうとしてもできません。

しかも、尿は独特のアンモニア臭を発して不快なにおいになります。においを防ぐためにも、きちんと落としておきましょう。

アルカリ性の尿石を中和させて浮かせるには、「酸性の洗剤」を選びます。洗剤以外にも、酸性の性質を持っている「クエン酸」を使うのもおすすめです。

黒ずみには塩素系アルカリ性洗剤

便器の水が溜まっている部分に付着する黒ずみは、カビが原因です。空気中のカビが便器内の細菌やホコリ・水垢と合わさることで繁殖して、便器内に付着します。

便器内は常に水があるため、カビが好む環境です。ほかの細菌もあり、カビにとって栄養豊富な環境でもあるため、掃除してもすぐに付いてしまうのです。

黒カビが原因の汚れには「塩素系アルカリ性洗剤」有効です。カビのタンパク質を分解する働きがある洗剤なので、きれいに黒ずみを落とせます。

あらゆる汚れに使える重曹とクエン酸

どんな汚れにも使える洗剤を用意しておきたいなら、「重曹」と「クエン酸」がおすすめです。重曹は黒ずみに、クエン酸は水垢や尿石に、それぞれ効果的に働きます。

水100mlに小さじ1杯の重曹かクエン酸を溶かしてスプレーボトルに入れておけば、手軽に洗剤として使えます。重曹とクエン酸の両方を用意しておけば、これだけでマルチに掃除が可能です。

重曹で黒ずみの掃除をするときには、重曹1カップをそのまま便器に投入する、という方法もあります。そのまま一晩置いておけば、翌朝には少しこすっただけでピカピカになりますよ!

臭いや汚れが取れないのはタンクが原因かも

念入りに掃除をしても、においや汚れがなかなか取れない場合には、タンク内に原因があるかもしれません。タンク内も便器と同じように水が常に入っています。

そのため、黒カビが繁殖している可能性があるのです。タンクやタンクのフタもきれいにすれば、黒ずみもにおいもすっきりするでしょう。

フタは中性洗剤を使ってスポンジでこすり、細かな部分は歯ブラシで磨きます。水垢が付いている箇所は、クエン酸を使いましょう。

タンクの内側も、スポンジと歯ブラシを使って汚れを落とします。

便器と同じように、重曹を1カップ入れてつけ置き洗いをするのもおすすめです。タンクの場合、つけ置き洗いは1カ月に1回を目安に実施します。

汚れ防止も重要。おすすめの対策紹介

トイレ掃除の悩みを解消するなら、トイレの使い方を変えるのもよいでしょう。なるべく汚れにくい使い方をすれば、掃除の手間を省けます。

汚れにくいトイレの使い方をする

トイレを汚れにくくするためには、男性に協力してもらいましょう。

男性が立って用をたすと、どれだけ注意していても細かなしぶきが飛んでいます。その量は1日に2000滴にもなり、便器はもちろん、床や壁にまで飛び散るからです。

男性に座って用をたしてもらうだけでも、ぐっと汚れにくくなります。

どうしても立って用をたしたい男性には、飛び散りやこびり付きを見つけたら、その場ですぐに掃除してもらいましょう。付いてすぐの汚れなら、さっと拭くだけですぐに落とせます。

こまめに掃除を行う

汚れを放置しない習慣を付けるために、トイレに入ったらちょっとだけ掃除することを習慣にしましょう。トレットペーパーでさっと拭くだけでも、汚れの蓄積具合に差が出ます。

こすらなくても掃除できる洗剤も便利です。トイレに入ったついでに便器に使っておけば、次に入ったときに流すだけで掃除が完了します。

使うたびに汚れが付きにくくなるようコーティングしてくれる洗剤も便利ですよ!

掃除しやすく汚れにくいトイレを目指そう

こまめに掃除してもすぐに汚れるトイレは、掃除するのはもちろんですが、汚れないように使うことも大切です。

男性に座って使ってもらうことや、家族全員が自分のトイレの後にサッと拭くことを習慣にすれば、トイレがひどく汚れることはありません。

いつまでも清潔に使いたい場所だからこそ、効果的な掃除の仕方はもちろん、汚さない使い方にも気を遣うことが大切です。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 8156
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード