【簡単DIY】キッチン壁を憧れのタイルに!デザイン例やDIY手順を紹介!

タイル張りのキッチンに憧れる人も多いのではないでしょうか。実は簡単DIYでアレンジの効いたタイル張りの壁にに変身できちゃうんです! 今回は、デザイン事例やDIYの手順を紹介しています。自分好みのキッチンにリメイクしてみてくださいね♪

  • 14456
  • 40
  • 0
  • いいね
  • クリップ

タイル張りのキッチンでおしゃれに

キッチンの雰囲気を変えたいときに便利なのがタイルです。タイルを張れば、グッとすてきなキッチンに変身できるでしょう。ここでは、キッチンをタイル張りにするメリットやデメリットを紹介します。

タイル張りにするメリット

タイル張りのメリットは、火や水に強いことでしょう。キッチンは家庭内で唯一、火と水を同時に扱う場所です。高温の油を熱したり水ハネしたりと、汚れやすいところもありますよね。

その点、タイルなら万一油をこぼしても燃えたりせず、水がしみ込む心配もありません。耐久性が高いうえに傷がつきにくいため、シンクやコンロまわりでも使用できます。

デザインやカラーのバリエーションが豊富なため、カラーの組み合わせ次第でモザイクタイルでアレンジも効かせられるでしょう。

タイル張りにするデメリット

タイル張りにはもちろんデメリットもあります。1つは、弾力性がなく硬いため、重い物や硬い物がぶつかると割れやすいことです。

もう1つは、目地に汚れがつきやすいことでしょう。目地についた汚れはすぐに拭き取れば心配ありませんが、目地のモルタルは吸水性が高いため、水分を含んだ汚れを吸収してしまいます。

掃除が苦手な人や忙しい人は、インテリアとして汚れにくい場所に使用するのもよいでしょう。

タイル張りのキッチンデザイン例

ここでは、タイル張りのキッチンデザイン例を紹介します。紹介するリフォーム事例を参考に、理想のキッチンにするためのアイデアのヒントを探してみましょう。

遊び心のあるモザイクタイル

無地のシンプルなタイル張りでもアレンジ次第でハイセンスなキッチンを目指せます。ベースを白にして、部分的に黒のタイルでモザイク風に文字や絵柄を作ってもおもしろいでしょう。

配色次第でキッチンのアクセントにも活用できます。数字や英字で家族の大切な記念日や思い出の日、座右の銘などを入れれば、キッチンに立つたびにしあわせに満たされるでしょう。

モザイクタイルがおしゃれで遊び心ある空間に導いてくれます。

全体にタイルを敷き詰めて

キッチンカウンター全体にタイルを敷きつめるのもおすすめの1つです。好きなカラーで統一したり、家族のいこいの場にぴったりの温かみのある暖色系にそろえたりしてもよいでしょう。

暖色系は見る人を穏やかにさせます。毎日キッチンに立つ人のいやしにもなるでしょう。パステルカラーを中心に数種類のタイルをランダムに並べるだけでもおしゃれですよ。

キッチンのインテリアに合わせてタイルのカラーやデザインを選べば、統一感ある空間に仕上がります。

コンロまわりにデザインタイルを

コンロまわりをおしゃれにアレンジしたくても、耐火性が高くなければ火事のリスクを高めてしまいます。その点、タイルは耐火性が高いため、コンロまわりのデザインに用いられるケースが多いです。

なかでも、壁に貼りつけるだけですてきなキッチンを印象づけられるデザインタイルがおすすめ。デザインタイルの魅力は、おしゃれなだけでなく汚れが目立ちにくいことです。

火にも強くてアート感を醸し出せるデザインタイルは、掃除が苦手な人の救世主になってくれます。

白で統一するなら模様で変化を

キッチンは白を基調にしたインテリアにすれば、明るく清潔感のある雰囲気を出せます。壁をタイル張りにするのなら、白で統一してみてもよいですね。

無地で真っ白だと、どんなインテリアにも合わせやすい一方で、地味な印象を与えてしまいます。ハイセンスに見せるには、無地のタイルの一部にレリーフなどの絵柄を取り入れましょう。

レリーフをどの位置に配置するのかも重要です。天井や床に近い高さでは、せっかくのレリーフも目に入りにくいでしょう。目線の高さに合わせれば、レリーフのよさが際立つでしょう♪

キッチンのタイル張りをDIY

キッチンのタイル張りは業者に依頼しなくてもDIYできます。難しそうに思えますが、キッチンカウンターの天板やコンロまわりだけなら時間や手間もかかりません。

ここでは、タイル張りに必要な道具やDIYの方法、コツについて紹介します。

用意するもの

スムーズにタイルを張るなら、事前に必要なものを準備しておきましょう。タイルのカラーやサイズ、デザインにもさまざまな種類があるため、インテリアに合うタイルを選ぶ必要があります。

タイルのカットには、切れ目を入れるタイル用カッターとタイルニッパーが必要です。タイル用の目地材や接着剤のほかに、マスキングテープや目地コテも用意しておきましょう。他にも、必要な面積の広さや寸法を把握しておけば、作業の途中で不足するという事態を避けられますよ!

DIYの手順

タイルを張る位置を確認し、コンセントや照明スイッチまわりなどくり抜く部分をタイルカッターとタイルニッパーでカットします。不格好に見えないよう、慎重に計測しましょう。

目地材をきれいに施すためにも、目地材を入れる両端をマスキングテープで保護しておくことをおすすめします。準備ができたら、タイルを張る場所に目地コテで接着剤を広げましょう。

面積が広い場合、数回に分けて接着剤を塗れば乾く心配がありません。タイルをすべて張り終えたら、目地材をタイルの目地に注入し、湿らせたスポンジで余分な目地材を拭き取れば完成です◎

タイルシールを使った場合

もっと簡単にDIYできる方法を知りたい人は、タイルシートを利用してみるのも手です。シートを切り貼りするだけで簡単にキッチンの雰囲気が変わりますよ。

タイルシートは、表面がぷっくりした立体感のあるタイル風のデザインがプリントされており、裏面はシール状です。ハサミでカットできるため、道具をいろいろそろえる必要がありません。

台紙をはがして貼るだけのため、接着剤や目地材も不要です。そのため、時間がない人や細かい作業が苦手な人にもおすすめ。

キッチンの床の張り替えを依頼するには?

タイル張りの床は汚れにも強く丈夫なため、キッチンの床にもぴったりの床材です。ここでは、キッチンの床の張り替えにかかるリフォーム費用の相場を紹介します。

リフォームの費用相場

キッチンの床をタイルに張り替えるのに必要な費用の相場は、1平方メートルで4,500~5,000円程度です。費用の主な内訳は、材料費と施工費用に分けられます。

DIYでは複雑な部分や大がかりなリフォームになりそうなときは、リフォーム専門業者に依頼するとよいでしょう。注意点は、最低限の売り上げ料金を設定しているかどうかです。

業者によってリフォーム面積が狭いと最低ラインの料金を支払わないといけなかったり、依頼を断られたりするおそれがあることを理解しておきましょう。

キッチンにおしゃれなタイルを取り入れよう

タイルは火や水を毎日使うキッチンにぴったりの素材であることに納得できます。デメリットも理解したうえで、シンクやコンロまわりに上手に活用しましょう。

どのようにタイルをインテリアに合わせようか悩んだときは、デザイン事例やDIY方法を参考にしてみてください。おしゃれなタイルを取り入れて、気分のアガるキッチンに変身させましょう!

※本記事で紹介した作業を行う際には危険を伴う可能性があるため、怪我や事故などに十分ご注意の上で作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 14456
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード