鮮やかなブルーの扉!笑顔いっぱいな家族のシンボル

ご両親の住む実家に、二世帯で暮らすことになったKさまご家族。
そこで「将来的には1階で両親の生活が完結できたほうがいいと思って」と、1階をご両親である親世帯、2階にKさまご家族の子世帯が居住スペースを構えることになりました。

  • 3878
  • 44
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ご実家へ二世帯で暮らす 未来を考えたリフォーム

ご両親の住む実家に、二世帯で暮らすことになったKさまご家族。
そこで「将来的には1階で両親の生活が完結できたほうがいいと思って」と、1階をご両親である親世帯、2階にKさまご家族の子世帯が居住スペースを構えることになりました。

お話を伺いながら、LOHAS studioからは二世帯のご家族がそれぞれ気兼ねなく暮らせるように、動線を工夫したプランをご提案。プランを気に入っていただき、リフォームへ。二世帯家族の住まう、未来をも見据えた快適な空間を創造します。

ビフォー・アフター ブルーをアクセントに。日光たっぷりのナチュラルLDK

まずは子世帯のひろびろとしたLDKを実現するため、細かく区切られていた部屋をひとつにまとめました。間仕切りがなくなったことで二方向から日光がたっぷりと注がれる、明るくて爽やかな空間に変身!

無垢材の床材や建具、タイルといった、LOHAS studioの得意とする自然素材をふんだんにご採用いただき、
柔らかな印象の中に鮮やかなブルーの扉が目を惹く、ナチュラル&カジュアルテイストのお住まいとなりました。

導線や暮らしやすさにも配慮。皆が心地よく暮らせる住まいに

Kさまご家族の居住スペースとなる2階ですが、親世帯の寝室も同じ2階にあるため、クロゼットから直接廊下へ出られるようにするなど、同居しながらお互いが気兼ねなく暮らすことができるよう、導線には細心の注意を払いました。

窓には断熱性能に優れたインナーサッシを採用したことで、冬でも暖かいとKさまご家族も大満足。
無垢材の床が心地よく、スリッパも必要ないのだとか。
また遮音性も前より高くなったことで、ワンちゃんが吠えてもご近所に気兼ねすることがなくなったと仰っていました。

リフォームポイント

ホワイトテイストでまとめ、2か所から降り注ぐ日光が明るく照らすLDKです。天井に巡らせたライティングレールからは、照明だけでなく植物も飾って、まるでカフェのようです。

無垢材の扉が可愛らしい、お洒落なキッチンです。壁には独特の形が人気のタイルを、ブルーの扉をアクセントにするため、敢えてホワイト一色で施工しました。タイルの目地には油汚れに強いキッチン用のものをセレクト。お手入れしやすく、キレイな状態を保てます。

LDKは1階につながる階段前の扉と、サニタリーと洋室につながる扉の合計2つのドアが特徴的。どちらも二世帯家族のプライバシーを保つ重要な役割を果たしています。爽やかなブルーカラーを選ぶことで、家のシンボル的存在になりました。

LDKの壁一面には有孔ボードを設置。ちょっとしたコーナーになりつつ、収納も兼ねた優れものです。奥の室内物干しはアイアン素材をご提案し、ご採用いただいたもの。グリーンを飾ったり、洗濯物を干したり、ゲスト用のコート掛けになったりと便利なアイテムです。

ご両親の寝室から、そのまま洗面化粧台とトイレのある廊下へ通り抜けられるウォークスルークロゼットです。子世帯のLDKに入ることなく移動ができるので、お互い気兼ねせず過ごせます。クロゼットの床はヘリンボーン張りにしてゆるやかにゾーニングしました。

ギャラリー

  • 3878
  • 44
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム・マンションリフォームのLOHAS studioは、地球環境や健康に配慮した自然素材の住宅やロハスなリフォームを提供しています。埼玉・東京・千葉・神奈…

おすすめのアイデア

話題のキーワード