キッチンはスッキリ清潔に!シンクのお掃除方法と収納アイデアを紹介

キッチンシンクのお掃除方法を紹介します。キッチンシンクは、水垢や洗剤の溶け残りでとても汚れやすい場所。いやな臭いや汚れがこびりつく前に、日々のお掃除が大切です。また、シンクまわりに物が溢れていると、お掃除しずらくなってしまいます。キッチングッズは収納して、お掃除しやすい空間を作りましょう。

  • 25351
  • 72
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンシンクをピカピカに!

キッチンシンクは食材や汚れた食器を洗うスペースです。使用頻度が高いほど汚れやすくなります。キッチンシンクをピカピカにするには、どうすればいいのでしょうか。

掃除の基本をマスターしよう

キッチンシンクを使用したら、その都度簡単に掃除をすれば汚れを溜め込まずに済みますが、なかなかマメに掃除できない人もいるでしょう。

こまめに掃除ができない場合、積み重なった汚れに対処することになります。汚れがひどい場合、普段通りに掃除をしても落としきれません。

キッチンシンクの汚れは1種類だけではないことが特徴です。上手な掃除のやり方をマスターして清潔なシンクを目指しましょう。

キッチンシンクの掃除方法

キッチンシンクを上手に掃除するには、汚れの原因や正しい掃除手順を理解する必要があります。頑固な汚れがこびりついてしまった場合の、キッチンシンクの掃除方法をチェックしましょう。

汚れの原因は?

キッチンシンクが汚れた場合に考えられる原因はいくつかありますが、水垢、食べ残し、油分、カビなどで汚れる場合がほとんどです。

水垢は白っぽく汚れが浮き出た状態になることが多く、シンクが濡れているときには気づきませんが、乾いた状態になると目立ちます。水垢は水道水に含まれる、カルシウム成分が原因です。

食べ残しがシンクや水切りにこびりついていると、雑菌を繁殖させてぬめりを発生させます。また、食べ残しに油分が含まれる場合、油汚れがシンクにたまってシンク内がくもったり変色したりするでしょう。

また、シンクの水切れが悪い場合はカビも発生しやすくなります。

用意するもの

水垢が気になる場合、酸性の洗剤を用意しましょう。水垢の汚れはアルカリ性のため、中性の食器用洗剤では上手に落とせません。シンクの表面を磨けるメラミンスポンジや、クレンザーなどもあると便利です。

食べ残しや油汚れは中性洗剤で落とします。シンク表面に分厚い油の層ができているような場合は、ヘラのような固いものでこそぎ落とす方法もありますが、シンクに傷をつけないよう注意が必要です。

カビを落とすには塩素系漂白剤を用意します。他の洗剤と混ざると危険なため、必ず単体で使用しましょう!

シンクの掃除手順

シンクの掃除を開始する前に、シンク内をきれいに片付けましょう。使用済みの食器は洗って片付けておきます。シンク内に水切りカゴやスポンジホルダーなどがある場合もすべて取り出しておきましょう。

シンクを点検し、汚れの種類に合った洗剤を使って落とします。汚れやすい蛇口まわりも一緒に洗いましょう。肌荒れしやすい人は、掃除用手袋を身に付けておくと便利です。

掃除用スポンジに洗剤をとり、シンク内を洗いましょう。水ですすいだら乾拭きして点検します。水垢の汚れが気になる場合は、酸性の洗剤を使い同じ手順を繰り返しましょう。また、カビが残っている場合も同様です。

フタや排水溝の掃除手順

シンク内には排水口へとつながる穴が開いています。排水口とシンクの間には、内フタや生ごみを受け止めるカゴがついていることが一般的です。

フタや排水口まわりには水垢やカビが発生しやすいです。また、食品から出た油がこびりついている場合もあります。

基本的にはシンクを掃除するときと一緒ですが、大きな汚れやゴミが付着している場合は、最初にペーパー類などを使って大雑把に取り除いておきましょう!

細かく入り組んだ部分の汚れはいらなくなった古い歯ブラシを利用すると、きれいに落とせます。

キッチンシンクをスッキリさせるアイデア

必要なものだけを置いているにもかかわらずキッチンシンクまわりが片付かない人や、使い勝手の悪さを感じる人におすすめなアイデアを紹介します。

水切りは使わないという選択肢も

シンク内に水きりラックを設置することは珍しくありません。しかし、シンク内が狭い場合水切りラックがスペースを圧迫してしまうことがあります。

また、水切りの周辺はカビや水垢がたまりやすくなるため、掃除の手間もかかるでしょう。

水切りラックの代わりに、大きめの布巾やてぬぐいをシンクの傍らに置き、代用する方法があります。この方法は、掃除の負担をできるだけ減らしたい人におすすめです。

ゴミ箱はシンク下に収納しよう

シンク下はどうしても湿気やにおいがたまりやすく、食器やにおいが移る心配がある調味料などを保存しておくには衛生面が心配です。

たくさんのものを詰め込んでいると、それだけ湿気を溜め込みやすい状態になり、衛生状態が悪化しやすくなるでしょう。

しかし、シンク下をデッドスペースにしてしまうことは賢い方法ではありません。十分なスペースがある場合、思い切ってフタつきのゴミ箱を収納スペースに置いてしまいましょう。

シンク下は排水管もあるため、必ずしもゴミ箱を置ける十分なスペースがあるとは限りませんが、もし置くスペースがあるならキッチンまわりがスッキリするでしょう。

シンク上のつり戸棚を有効活用

シンクの上に収納スペースがあっても、活用しきれていないという人は多いのではないでしょうか。シンク上のつり戸棚は手が届きにくく、日常的に利用しづらい場所です。

背が低い人の場合、踏み台を用意しなければ利用できないことが多いでしょう。

重量がある皿や調理器具をつり戸棚に入れておくと危険です。うっかり手が滑って落下させれば、破損やケガにつながります。

シンク上にはキッチンまわりで使用する軽いものを収納すると便利です。例えば、キッチンペーパーや紙の食器類といった消耗品のストックなどに利用するといいでしょう。

細かいものは紙製の書類ケースにまとめて入れておけば、取り出しやすく管理もしやすいですよ。

キッチンシンクの収納をDIY

キッチンシンクまわりに上手にものを収納したいと考えていても、ぴったりサイズの収納グッズがなかなか見つからない場合があります。シンクまわりの収納を、簡単にDIYするアイデアをまとめました。

ワイヤーネットで隙間収納

ワイヤーネットは格子状にワイヤーを張り巡らせたアイテムです。フックと組み合わせれば何でもつるせるため、収納スペースを増やしたいときに活躍します。

例えば、収納扉の裏面にワイヤーネットを設置してみましょう。フック付のカゴをひっかけておけば、頻繁に使う食品用ラップやアルミホイルなどをまとめて収納できます。

その他にも、ワイヤーネットと突っ張り棒を組み合わせれば、市販の収納ラックを延長してシンク下のスペースいっぱいを有効活用することも可能です。

アイデア次第でデッドスペースを収納スペースに変えられるため、収納スペースが足りないと感じている人は積極的に利用しましょう。

フックを貼り付けるだけでフタを収納できる

鍋のフタは意外に収納スペースを取るアイテムです。かさばりやすいため、サイズ分のフタを用意している場合、収納場所をうまく見つけられないこともあるでしょう。

そこでおすすめな方法が、シンク下の収納扉の裏にフックを斜めに2つ取り付けてフタを収納するアイデアです。

フックは粘着シート付のフックや、ネジで固定するタイプのフックを使うといいでしょう。フタの大きさに合わせてハの字になるように取り付けるだけで、鍋のフタ置き場が完成です。

スパイスは試験管に入れて見せる収納

あえて中身を見せてディスプレイする方法も、おしゃれで使い勝手がいい収納法です。例えば、ガラス製の試験管の中にスパイスを入れておくアイデア収納があります。

適当な厚みのある板にドリルで試験管が通る十分な広さの穴を開け、穴にゴムやシリコンの滑り止めを接着して試験管立てを製作します。これを設置したい部分にL字フックで留めるだけで完成ですよ♪

見た目にもおしゃれで、中身が見えるため使いたいときにさっと取り出せるため、調理効率がアップします。

キッチンシンクをスッキリさせよう

キッチンが汚れていると見栄えが悪いだけでなく害虫が発生する原因になります。キッチンシンクの掃除方法を学んで、常に清潔を心がけましょう。汚れに対応した洗剤を使う点を押さえておくだけで、掃除がぐっと楽になります。

収納スペースが足りずキッチンが散らかりがちな人は、収納のアイデアを学び、収納スペースを増やすDIYを実践するといいでしょう。

今回紹介したアイデアは簡単に挑戦できるものばかりです。できそうなものから試して、シンクまわりを快適に整えましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 25351
  • 72
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード