間取り・デザインの基本用語(つづき②)

住宅建築、マイホームに少し役立つ知恵です

  • 848
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【ハーフティンバー】

1階はレンガや石積み、2階は塗り壁に木の柱や梁(ティンバー)を現した外観スタイルのこと。
輸入住宅のデザイン様式「チューダー」の代表的なスタイル。

【プロバンス·スタイル】

外壁は塗り壁、屋根はテラコッタなどの瓦屋根を用い、室内は塗り壁で、床はタイルや石が用いられたスタイルのこと。南欧スタイルとも呼ばれる。

【ファサード 】

建物正面から見た外観のこと。
建物だけでなく、門扉やフェンス、植栽などのエクステリアも含めて指す場合もある。

【建べい率】

敷地面積に対する、建築面積の割合のこと。上限は用途地域により定められている。

【容積率】

敷地面積に対する、各階の床面積の合計の割合のこと。
上限は用途地域により定められている。

【用途地域】

建築物の用途規制を目的として定められた規制の一種。
地域区分は12種類に分類される。

【建築協定】

住宅地としての環境を維持·推進するために、地域住民の合意により取り決める協定のこと。
日本では、建築基準法第69条などに定義される建築協定を指す。

【3000円の商品券プレゼント付】 住まい関するアンケート

スイートホームTVCM

スイートホームTVCM

スイートホームSNS【輸入住宅好きのみなさん!大募集☆】

  • 848
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

輸入住宅のスイートホーム株式会社です!知名度が薄いので、知らないと感じておられる方が多いと思いますが、実はこのような住宅を30年前から、今も尚且つ変わらずにご提…

おすすめのアイデア

話題のキーワード