お風呂の黒カビ撃退法!カビ取り洗剤や重曹を使ってきれいに掃除

お風呂の黒カビ撃退法を紹介。カビ取り洗剤や重曹を使った掃除術を集めました。中度な黒カビから軽度な黒カビ、ゴムパッキンに発生する重度な黒カビまで、状態別に分けて解説します。お風呂の床や壁の黒カビをきれいに掃除して、快適なバスタイムを送りましょう♪

  • 2530
  • 45
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お風呂の頑固な黒カビをすっきり掃除しよう!

お風呂の黒カビはあっという間に増えてしまいますよね。頑固な黒カビはなかなかきれいに落とすことができず、掃除に一苦労。そこで今回は、お風呂の黒カビの撃退法を程度別に分けて紹介します。黒カビ掃除のコツをつかんで、お風呂をすっきりきれいにしましょう! 

お風呂のカビの種類はさまざま

お風呂には多くの種類のカビが発生しています。カビの特性はひとつひとつ異なるため、それぞれに合った対処法を行うことが大切。まずは、お風呂場の汚れの主な原因である「黒カビ」と「赤カビ」について説明します。

落としにくい「黒カビ」

「黒カビ」とは、「クロカワサビ」と呼ばれるカビの一種。名前の通り真っ黒で目立ちやすく、落としにくい厄介者です。一般的に湿度や温度が高い場所に発生しやすく、汚れが栄養となって黒カビが繁殖していくと言われています。そのため、湿度の高い梅雨の時期や掃除しにくい場所などは、とくに黒カビ対策が必要ですよ。

繁殖スピードが速い「赤カビ」

お風呂のシャンプーボトルによく見られる、ピンク色のぬるぬるの原因が「赤カビ」。正式には「ロドトルラ」という酵母菌なのです。黒カビと比べて落としやすい一方、繁殖のスピードが速いことが特徴ですよ。

お風呂の黒カビ掃除の基本手順

カビ取り洗剤を使ったお風呂の黒カビ掃除方法を、手順に沿って説明します。面倒に思える黒カビ掃除ですが、「洗剤をつけて放置する」だけで意外と簡単にできますよ。壁や床、ゴムパッキンなどの黒カビを掃除するときは基本的にこの手順は変わりません。ぜひ参考にしてくださいね。

水気を拭き取り、カビ取り洗剤を塗布する

まず、黒カビのある部分の水気を雑巾などでしっかり拭き取ります。水気が残っているとカビ取り剤の効果が薄れてしまうので、注意しましょう。次に、黒カビに洗剤を塗布します。このときマスクやゴム手袋を着用するのを忘れずに。

掃除手順3.ラップをかけてしばらく放置する

カビ取り洗剤を塗った上からラップをかぶせます。ラップとカビ部分に隙間がないようにしっかりと密着させることで、浸透力が上がりますよ!

この状態のまま、15~30分放置します。頑固な黒カビの場合は、少し長く置くと◎。

掃除手順4.シャワーで洗い流して残った汚れを落とす

最後にシャワーでカビ取り洗剤を流します。この段階で黒カビの原因菌はなくなっていますが、黒ずみだけ残っている場合も。残った細かい汚れは、歯ブラシやスポンジなどを使って落としましょう。

最後に水気をきれいに拭き取って掃除完了です。

お風呂の黒カビ撃退法を程度別に紹介

お風呂の黒カビの掃除方法を、程度別に分けて解説します。黒カビの状態に合わせて正しく掃除をして、スムーズに済ませましょう! 重曹を使ったナチュラルクリーニングの方法も紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

【中度】カビ取り洗剤でお風呂の床や壁の黒カビを簡単掃除!

【企画品】カビキラー本体+替え ペアパック(400mL+400mL)【カビキラー】
商品情報を楽天で見る

中度のカビにはカビ取り洗剤を使うと◎。《カビキラー》は、1度の掃除で30日間きれいな状態を保つことができるすぐれものです。強力浸透成分が含まれているので、黒カビの原因菌をしっかりと除菌してくれますよ! 簡単に掃除できるので、黒カビ掃除初心者におすすめです。

【軽度】お風呂の黒カビには重曹と酢を使ってナチュラルクリーニング

軽度の黒カビには重曹と酢を使ったナチュラルクリーニングがおすすめ。

まず、酢50mlと水100mlを混ぜて酢スプレーを作ります。黒カビに酢スプレーを噴霧したら、その上に重曹をふりかけて1時間ほど放置しましょう。時間がたったらシャワーで洗い流して、もう一度酢スプレーと重曹をふりかけます。最後に残った汚れを歯ブラシで軽くこすれば完了です♪

▼重曹と酢を使ったお風呂の黒カビ掃除術を詳しく知りたい方はこちら

【重度】なかなか落ちないお風呂のゴムパッキンの黒カビ撃退法!

お風呂のゴムパッキンに発生する黒カビは、なかなか落とすことができません。カビ取り洗剤ではきれいにならない場合もあり、掃除するのが大変ですよね。ここでは、そんな頑固な黒カビを撃退する方法を紹介します! 

ジェルタイプのゴムパッキン専用カビ取り洗剤を使う

カビキラー カビ取り剤 ゴムパッキン用カビキラー ペンタイプ 100g
商品情報をAmazonで見る

ゴムパッキンの頑固な黒カビには、専用のカビ取り洗剤がおすすめ! 《ゴムパッキン用カビキラー》はジェルタイプなので、細かい部分にピンポイントに塗ることができます。液が垂れにくく、黒カビにしっかり密着してくれますよ。なかなか落ちない黒カビに、《ゴムパッキン用カビキラー》で対処しましょう! 

塩素系漂白剤と片栗粉で頑固な黒カビもきれいに

4696mono1222_shokoさんは、ゴムパッキンの黒カビを塩素系漂白剤と片栗粉を使って落としています。

まず容器に塩素系漂白剤と片栗粉を同量入れて、混ぜ合わせます。写真のように固いペーストになったら完成。黒カビに直接塗り、5分ほど放置します。最後にシャワーで洗い流して掃除完了! あっという間にきれいに黒カビを落とすことができますよ。

▼4696mono1222_shokoさんのお風呂の黒カビ撃退法はこちら

キッチン泡ハイターでゴムパッキンの黒カビを撃退⁉

roseleafさんは、《キッチン泡ハイター》とドライヤーを使ってお風呂のゴムパッキンの黒カビを落としています。

実は黒カビは、50度以上の熱に触れると死滅するのです。その特性を活かして、黒カビにシャワーで60度の熱湯を2分間かけたあと、ドライヤーで熱をあてながら乾かしたそう。さらに《キッチン泡ハイター》を黒カビに墳霧。3時間放置すると、黒カビを落とすことができました。

▼roseleafさんのお風呂の黒カビ撃退法はこちら

お風呂の黒カビを予防して掃除を簡単に

日頃からお風呂の黒カビ対策を行えば、掃除もグンとラクになります。

方法は、50度のシャワーを浴室全体にかけるだけ! 黒カビは50度以上の熱に触れると死滅するので、日頃の対策は特別なことをする必要はなし。入浴時のワンアクションでカビの発生を予防できるので、ズボラさんでも手軽にできますね♪ また、こまめに換気を行い、湿度を下げることを意識するだけで、黒カビは繁殖しにくくなりますよ!

お風呂の黒カビを落として快適なバスタイムを過ごそう!

お風呂の黒カビの撃退法を紹介しました。カビ取り洗剤を使ったものから、重曹を使ったナチュラルクリーニングまで掃除方法はさまざま。自分に合った方法を見つけて、黒カビ掃除をスムーズに行いましょう。お風呂全体の黒カビをきれいに落とせば、バスタイムが快適になりますよ。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2530
  • 45
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード