屋根の遮熱対策リフォーム費用や事例を公開!遮熱塗料・屋根材・シート、どれが良い?

日差しの強い季節になると、屋根裏からの熱気がひどい……。そんなお悩みをお持ちなら、屋根のリフォームを兼ねた暑さ対策をするのはいかがでしょうか。築年数が10〜15年前後の住宅は、ちょうど屋根のメンテナンス時期を迎える頃。「遮熱塗装」「遮熱屋根材」「遮熱シート」などのリフォームで、屋根からの熱気を防ぎましょう。今回は、築年数に合わせたリフォーム方法や、塗装・葺き替え・重ね葺きなどの施工費用・事例、塗料や屋根材の種類などについて、幅広くご紹介します。

  • 2156
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【築年数で考える】屋根の遮熱リフォーム方法

屋根のリフォームは、築年数によって最適な方法が異なります。
どのくらいの時期にどんな方法が適しているのかを見ていきましょう。

築10年前後=遮熱塗料で塗装

築10年前後の屋根で屋根材そのものに問題がなければ、塗装のメンテナンスだけで済むのが一般的です。
この場合は、遮熱効果のある塗料を選んで暑さ対策をすると良いでしょう。

ただし、初期の頃のノンアスベストのスレート瓦・コロニアル屋根など、一部の屋根材は劣化が早く、塗装してもすぐに剥離してしまう傾向があります (商品例:ニチハの『パミール』など)。
このような屋根材は、次にご紹介する葺き替えや重ね葺きのリフォームを行うのがおすすめです。

築20年以上=葺き替えor重ね葺きも視野に

屋根材の多くは、築20年を過ぎると何かしらの劣化が始まります。
傷み具合によっては塗装リフォームで済む場合もありますが、屋根材を新しくする工事も検討し始めたほうが良いでしょう。

屋根材を新しくする場合は、屋根と下地を全て交換する「葺き替え」か、既存の屋根に新しい屋根材を重ねる「重ね葺き(カバー工法)」かを、選ぶことになります。
この際に、遮熱効果をあわせ持つ屋根材にすることで、屋根から伝わる熱を軽減させることができます。

遮熱シートを施工する方法も

屋根の状態が良く、塗装や葺き替え・重ね葺きなどを必要としない場合は、屋根裏や屋根の表面に遮熱シートを貼るという方法もあります。
これだけでも遮熱塗料に近い効果が表れるというデータがありますが、基本的には屋根裏に熱が溜まりやすくなるため、棟換気を設置するなどの対策が合わせて必要となります。

屋根の遮熱リフォーム費用相場

各工法の価格差についても、解説しておきましょう。
それぞれの方法の1㎡あたりのリフォーム費用は、おおむね下記の通りです。

なお、いずれの工事も諸経費・運搬費などの料金や、15〜20万円程度の足場の設置費などが別途かかる可能性があります。

また、塗装の場合には洗浄代、重ね葺きの場合は下地材、葺き替えの場合には下地材+既存屋根材処分費が、それぞれ加算されます。

最終的にかかる費用は、必ずリフォーム会社に現地調査・見積書作成をしてもらった上で、確認するようにしてくださいね。


【築年数別】屋根の遮熱塗装/重ね葺き/葺き替え施工事例

以下は、当サービス『リショップナビ』に加盟するリフォーム業者が、屋根の遮熱対策工事を行った実例です。

ほかのご家庭では、築何年でどのような工事を実施しているのか、総額費用はいくら位か、といった点もぜひ参考にしてくださいね。

築10年以内

築11〜20年

築20〜30年

屋根の遮熱リフォームの主なメーカー品

屋根のメンテナンスの時期を迎えたら、遮熱リフォームにも最適なタイミングです。
まずはリフォーム業者に屋根の状態を確認してもらい、どのような素材をどのように施工すれば効果的か相談してみましょう。

遮熱塗料のメーカー品

遮熱屋根材のメーカー品

遮熱シートのメーカー品

気になる施工方法やメーカー品がある場合や、費用面が不安な時などには、リフォーム業者に質問してみると良いでしょう。
屋根の遮熱対策に慣れたスタッフであれば、プロの視点から、おすすめのリフォームの仕方についてもアドバイスしてくれるはずです。

納得できるプランで、耐久力も機能性も高い屋根にリフォームしたいですね!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2156
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リショップナビは厳格な加盟審査を通過した優良リフォーム会社を無料でご紹介するサービスです。ご希望に合う複数のリフォーム会社から見積もりをとって、納得のリフォーム…

おすすめのアイデア

話題のキーワード