トイレブラシのおすすめ商品を紹介!【使い捨て・無印良品】お手入れ方法も

トイレの掃除道具として必要となる「トイレブラシ」。本記事では〔無印良品〕のトイレ掃除に使いやすいアイテムや、おしゃれな収納ケース付きのものなど、おすすめのトイレブラシをピックアップ! トイレブラシの洗い方といったお手入れ方法も紹介します。ぜひ参考にして、いつでもきれいなトイレを目指しましょう。

  • 21260
  • 37
  • 0
  • いいね
  • クリップ

いつも清潔ピカピカのトイレを保とう

「毎日トイレ掃除をしているのに汚れがこびりつく」「トイレ掃除が苦手」という人は、トイレ掃除の基本道具とその使い方から見直してみませんか? 

よい道具がそろっていれば力を入れなくてもトイレはピカピカになり、掃除自体が楽しくなりますよ!

トイレ掃除の基本道具

どの家庭も、トイレ掃除に使う基本の道具といえば「トイレブラシ」と「トイレ用ウェットシート」ではないでしょうか。トイレブラシは便器の中、ウェットシートは便座や本体、床などを拭き掃除するのに役立ちます。

そのほかに、除菌アイテムとして「消毒用エタノール」や「トイレ用洗剤」、黄ばみや黒ずみに「クエン酸スプレー」や「重曹スプレー」を使う人もいるでしょう。

スプレー類はあくまでもトイレブラシで擦っても落ちない「頑固な汚れ」に用います。こまめに掃除をしている人なら、トイレブラシとウェットシートで十分な場合がほとんどです。

こびりついた汚れに便利なトイレブラシ

便器の中やフチの汚れを落とすには柄の長い「トイレブラシ」が必須です。尿や便のこびりつきや水垢程度なら、洗剤を使わなくてもブラシで擦ればきれいに落ちるでしょう。

トイレブラシは、大きく分けて「ブラシタイプ」と「スポンジタイプ」の2種類があります。

「ブラシタイプ」は頑固な汚れが落ちやすく、スポンジのように水を吸わないので衛生的です。先が曲がったタイプなら便器の縁もしっかり磨けるでしょう。ただし、掃除中の水はねには注意したいですね。

「スポンジタイプ」は、表面を磨くようにして汚れを落としていきます。汚れ落ちの強さはブラシタイプに負けますが、陶器の表面を傷つけないのがメリットです。

スポンジは雑菌の温床になるので、使い終わった後の水切りと乾燥は必須でしょう。

トイレブラシのお手入れの仕方

トイレブラシとブラシを入れる受け皿に付着した雑菌の数は、便器以上かもしれません。トイレブラシはこまめに手入れをし、清潔な状態をキープしましょう。

使ってそのままにしておくのはNG

「トイレ用洗剤を使って便器を洗っているから、同時にブラシもきれいになっている」と思っていませんか?ツルツルした表面の便器とは違い、ブラシの植毛部分やスポンジは菌にとっての絶好の住処です。

ジョンソンの調査では、トイレブラシ(1本)には8,000万~23億個もの細菌が付着していることが分かりました。トイレの便器の菌数が10平方センチメートルあたり約80個とすると、ものすごい数ですね。

汚染されたブラシでの掃除は雑菌やカビを全体に広め、最悪の場合、感染症やアレルギーになってしまう恐れもあるのです!

トイレブラシの洗い方

トイレの掃除が終わった後は、ブラシをしっかり洗浄、消毒しましょう。

まず、バケツの中にゴミ袋を二重にかけ、ぬるま湯と漂白剤を入れます。トイレブラシとブラシケースを一緒に浸し、30分~1時間放置しておきましょう。

ブラシの水をしっかり切った後は、天日干しにします。紫外線には「殺菌作用」があるので、日光がよく当たるところで十分に乾かしましょう。毎日は難しくても、できるだけ定期的に行い、菌の繁殖を食い止めましょう。

普段よりちょっとよいブラシでストレス解消

ブラシの水はねや、ブラシケースの通気性の悪さに困っていませんか? 普段よりもちょっと質のよいトイレブラシを選ぶと、トイレ掃除の悩みやストレスが解消されることもあるのです!

オープン型で衛生的なおしゃれ瓶入りブラシ

アンティークの陶器のようなデザインにヴィンテージ加工が施されたおしゃれな瓶入りブラシは、いつものトイレをセンスアップさせてくれます。

表からは中身が見えませんが、裏側はオープンになっており、通気性は抜群です。付属ブラシがボロボロになったら、市販の別のブラシがセットできるのもよいですね。

サニタリーポットやトイレシートケースも同シリーズでそろえると空間のすてきなアクセントになります。

【100円OFFクーポン配布中】 トイレブラシスタンド トイレブラシ付き ヴィンテージ ブルーグレー 陶器 トイレブラシ立て トイレ掃除 掃除用品 トイレ用品 トイレタリー
商品情報を楽天で見る

《サトミツ棒》は水ハネしにくく便器にも優しい

《サトミツ棒》は、水だけで汚れがきれいに落とせる特殊なトイレクリーナーで洗浄部分は、ボールのように丸い形をしています。

断面が特殊形状(三角形)をした繊維が、汚れをグングン落としていくので、掃除があっという間に終わるでしょう。磨きにくいトイレのフチにもきちんとフィットします。

弾力のある一般的なトイレブラシと違って、掃除中の水はねの心配もありません。

お手入れ不要!使い捨てタイプのトイレブラシ

流せる掃除用シートに続き、今やトイレブラシも流せる時代です! 除菌が面倒な人は、使い捨てタイプのトイレブラシを活用しましょう。汚れた部分に手を触れずにワンアクションで処理できるのがポイントです。

デコボコ表面で汚れを落とす《スクラビングバブル 流せるトイレブラシ》

専用ホルダーの先に、使い捨てタイプのトイレブラシを装着して使用するタイプです。トイレブラシは、表面が凹凸加工された特殊不織布なので、汚れをがっつりと落とします。

ブラシの中には洗浄成分(青)と、1週間の汚れ付きを防止するイオンコート(緑)の2種類の濃縮洗剤が染み込んでいるのもポイントです! 掃除後はブラシに手を触れることなく、そのまま流せるのでとても衛生的です。

スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ 付替用12個
商品情報をAmazonで見る

フチも洗いやすい形状《スコッチブライト 取り替え式トイレクリーナー》

《スコッチブライト》は、専用のホルダーの先に、特殊形状のスポンジを取り付けて使う掃除クリーナーです。毛の硬いブラシでは入りきらない便器の裏や縁にしっかりフィットし、汚れをどんどんかきとります! 

スポンジには青い洗剤が染み込んでいるので、これ1本でお掃除が完了します。スポンジは、取り替え式なのでいつでも清潔な状態が保てますよ。

スコッチブライト トイレクリーナー 本体+リフィル3個 洗剤付 T-557-3HC
商品情報をAmazonで見る

ブラシを使わずに掃除をする方法も

トイレ掃除は必ずしもブラシが必要なわけではありません。トイレブラシとブラシ受けがトイレからなくなると、衛生的ですし、空間が広々として見えますよね。

ブラシに代わるものを使って掃除するアイデアを紹介します。

スポンジや古い布を使う

ブラシに代わるものは、台所用のスポンジやいらなくなった布切れなどです。

隅々まできれいに掃除ができるようにスポンジは適度な大きさにカットしておきましょう。毎回使い捨てすることを考えれば、大きすぎるスポンジは経済的ではありません。

柄が付いていないため、掃除をするときは手袋を着用します。スポンジや布切れは、ウォシュレットのノズルや便器の縁など細かい部分が丁寧に磨けるのでピカピカになりますよ。

〔無印良品〕の《柄つきブラシ》が使えると話題

〔無印良品〕の《柄つきスポンジ》をご存じですか? 本来は、水筒やコップなどの奥が深い容器を洗うのに適したアイテムですが、これがトイレ掃除に使えると話題なのです! 

スポンジ部分は何度も付け替えが可能なので、毎回小さくカットしたスポンジや小さく畳んだトイレ用クリーナー、古布などを挟んで使用します。

市販のトイレブラシと違い、フレームがミニサイズなので細かいところまでしっかり洗えるのがポイントです。掃除後は、先だけゴミ箱に捨てればOKなので、手を汚すこともありません。

自分に合った掃除道具を選ぼう

トイレブラシでごしごし汚れを落としたい人もいれば、トイレブラシ自体を狭い空間に置きたくないという人もいます。掃除の頻度や汚れ具合などを考慮しながら、各家庭に合った掃除道具を選びましょう。

ブラシには細菌が無数にいることを忘れずに、常に清潔な状態を保ちたいですね。


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で10000円分のクオカードプレゼントキャンペーン実施中!

  • 21260
  • 37
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード