予算1,000万円でリノベーション!実現可能な改修方法は?

今回は、予算1,000万円で行えるリノベーションについてご紹介します。リノベーションで実現できる工事は予算によって大きく異なりますが、予算が1,000万円を超えると、ほとんどのケースでは大規模な工事を伴うものになります。では、1,000万円の予算では、具体的にどのようなリノベーションが可能になるのでしょうか?気になる方はご覧ください!

  • 4719
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

場所別でみる!1,000万円以下のリノベーションでできること

1,000万円で実現可能なリノベーションとは言っても、具体的な工事内容は場所によって大きく異なります。そこで以下では、1,000万円で実現できるリノベーションを場所別にご紹介していきます。

【その1】お風呂

予算500万円~1,000万円のお風呂のリノベーションでは、浴室を新設したり、既存の浴室にグレードの高い設備を追加したりすることが可能となります。具体的なリノベーション例としては、

・500万円台…増築してバスルームを拡張
・600万円台…在来工法からハーフユニットバスへの交換に加えて、パーテーションを全面ガラスへ変更
・700万円台…露天風呂へ変更可能なユニットバスを新設
・800万円~900万円台…浴室内に歩行プールを設置

などが挙げられます。お風呂は比較的スペースが狭い場所なので、500万円以上の予算となると部屋の構造自体を変更するような大規模なリノベーションを実現することができます。

【その2】キッチン

予算500万円~1,000万円のキッチンのリノベーションでは、床や壁の張り替え、グレードの高い設備の導入に加え、間取り変更や収納の新設などを実現することができます。具体的なリノベーションの例としては、

・500万円台…間仕切り壁を取り払い、床下収納やカップボードを設置
・600万円台…LDKの間取りを広くする工事に加えて、キッチン本体の収納スペースを増設
・700万円台…キッチンの位置を変えて、壁側一面を収納スペースへ変更
・800万円~900万円台…独立型キッチンの壁を取り払い、出入り口を全て引き戸にするなどLDKをバリアフリー化

などが挙げられます。ただし、キッチンのグレードによって費用が50万円~100万円ほど変動するケースも見られるので、その点に注意して計画を立てましょう。

【その3】リビング

予算500万円~1,000万円のリビングのリノベーションでは、床や壁、天井の張り替えに加え、壁や不要な部屋自体を撤去する工事を実現することができます。具体的なリノベーションの例としては、

・500万円台…2間続きであった和室の袖壁を撤去して、床を床暖房対応のフローリングに変更
・600万円台…リビングの一部であった和室を撤去して、リビングを拡張
・700万円台…吹き抜けのあるリビングへ変更
・800万円台…和室を洋室へと変更し、対面キッチンを新設
・900万円台…窓のサッシを大判ガラスに交換し、ホームシアターを新設

などが挙げられます。予算が500万円を超えるとホームシアターや床暖房など、さまざまな設備を導入することができるので、住環境や趣味も踏まえてリノベーションを計画すると良いでしょう。

【その4】外壁・屋外

予算500万円~1,000万円の外壁・屋外のリノベーションでは、外壁の素材にこだわったり、設備を導入したりすることができます。具体的なリノベーションの例としては、

・500万円台…外壁をサイディングに張り替えて、断熱材・サッシを交換
・600万円台…庭をつぶして駐車スペースを広げ、サンルームを新設
・700万円台…瓦をすべて交換し、太陽光発電を設置
・800万円台…外壁をレンガ材に張り替えて、地震対策に多くの鉄筋を入れる
・900万円台…住居の外壁全面を金属サイディングに張り替え

などが挙げられます。住宅の耐久力や構造にこだわることができますが、例えば外壁に使用する材質や、工事する面積などによって費用が大きく変わるため注意が必要です。

1,000万円以下のリノベーション

ここまで、予算1,000万円で実現可能なリノベーションの例をご紹介しましたが、住居の状態によっては追加で工事が必要になる場合もあり、「予算を大きくオーバーしてしまった」といった失敗も少なくありません。そのため、実際にリノベーションされた例を把握し、予算のイメージを持つことも必要になってくるでしょう。そこで以下では、500万円~1,000万円の事例をいくつかご紹介します。

【事例その1】浴室・トイレをバリアフリー化

・築年数…26年~30年
・費用…725万円

デッドスペースとなっていたコーナー部分をシャワースペースとして活用して、分かれていた浴室とトイレをひとつながりの部屋につくり変えた事例です。700万円前後の予算があれば、それに加えて全面的にバリアフリー化をすることができ、高齢者にとって快適な住環境を実現しやすくなります。

【事例その2】明るくすっきりとしたキッチンへ

・築年数…30年以上
・費用…750万円

収納力のあるキッチンへ交換を行い、カップボードを新設することで収納スペースを確保することに成功した事例です。また、北側で寒いキッチンだったので、床暖房も取り入れられています。

この事例は面積40平米となりますが、750万円前後の予算があれば、そういった広い面積でも全面的にリノベーションをすることができます。ひと部屋丸ごと床暖房などの設備を導入できる点も、この価格帯ならではの魅力と言えるでしょう。

おわりに

予算が500万円を超えると、設備を交換するリノベーションに加えて、設備周辺の機能性や住環境にもこだわることができます。家族の年齢や動線などを意識して計画をすれば、家族全員が住みやすい住宅を実現することができるでしょう。

リノベーションの計画を立てたら、一括見積もりを利用して要望にぴったりなリフォーム会社を探してみましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 4719
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード