100万円までのリノベーション!費用をできるだけおさえる方法とは?

今回は、100万円以下でできるリノベーションについてご紹介します。100万円という予算の制約がある時、どのようなリノベーションの計画を立てればよいのでしょうか?ここでは、リノベーションを「費用」にポイントを絞ってまとめました。低予算で理想のリノベーションを実現するには、どれくらいの費用で、どれぐらいの工事ができるのかを知っておくことが大切なので、ぜひ参考にしてください!

  • 6524
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

場所別で見る!100万円以下のリノベーションでできること

100万円以下のリノベーションでは、具体的にどのような工事が可能になるのでしょうか?以下では、100万円以下のリノベーションで実現できることを、場所別に分けてご紹介していきます。

【その1】お風呂

お風呂のリノベーションにかかる費用は、工事内容によって大きく変わってきますが、大半が50万円~100万円以内の費用となります。

例えば、浴槽だけではなくユニットバス一式を交換する際の工事費用は、20万円~80万円が相場です。ただし、土台や柱が傷んでいる場合は補修工事が追加で必要となり、100万円を超えてしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

また、在来工法の浴槽を交換する際の工事費用は、おおよそ30万円が相場となっています。100万円の予算であれば、水栓の性能や浴室乾燥機、ジェットバスなどのオプションを追加することもできるでしょう。オプションの具体的な相場は、

・シャワーヘッド・水栓の交換…約3万円
・浴室暖房乾燥機の設置…約15万円
・給湯器の交換…約40万円

となっています。ただし、オプションはグレードによっても価格が大きく変動するため、その点に注意しながら選ぶようにしましょう。

【その2】キッチン

システムキッチンの交換の際にかかる費用は、30万円以上となります。キッチンの位置や大きさは変えずに、機器のみの交換を行う工事であれば、100万円以内で収めることも可能でしょう。

ただし、キッチンの床や壁などのリノベーションを行う場合は、張り替え工事によって費用が100万円を超えてしまう可能性が高まります。そのため、優先順位をつけた上で、どの工事が最低限必要になるのかを事前に決めておくことが大切です。

また、ガスコンロの交換は約11万円、食器洗浄機の取り付けは約20万円の費用で実現することが可能です。

【その3】トイレ

トイレのリノベーションに関しては、便器の価格相場が5万円~30万円、工事費用の相場が15万円~30万円とされています。そのため、便器を交換するリノベーションは、100万円以下の予算でも実現が可能です。

ただし、既存のトイレか、タイプを変えるのか(和風・洋風)によって、費用が大きく変わる点には注意が必要です。例えば、和式のトイレから洋式のトイレに交換する際には、床の工事が必要になるためです。和式のトイレは段差があることが多く、この段差の撤去をするために費用がかかることもあるので、事前に確認しておきましょう。また、この段差がコンクリートであるか、木造であるかによっても、トイレの工事費用は変わってきます。

【その4】リビング

100万円の予算があれば、リビングの床を全面的に張り替えることができます。クロスの張り替え工事は材質にもよりますが、約10~20万円が相場です。

また、和室から洋室のリビングに変えるリノベーションも、100万円の予算があれば可能です。このリノベーションでは、段差の解消や床の補強などの工事が必要になる場合もありますが、約20万円~30万円で行うことが可能です。

【その5】外壁・屋外

外壁・屋外のリノベーションを行う際の価格帯は100万円~150万円が多くなっていますが、内容によっては100万円以下に収めることも可能です。100万円以下で行える外壁・屋外の主なリノベーションは、以下の通りとなります。

・外壁のコーキング交換…約20万円~35万円
・外壁の塗り替え…約40万円~
・屋根塗装…約30万円~45万円
・屋根の重ね葺き…約100万円
・芝生の貼り付け…約9万円
・砂利の敷き詰め…約8万円

中でも外壁や屋根をリノベーションする際には、足場をつくる費用がかかるので、多少費用がかかりやすい傾向にあります。ただし、外壁と屋根のリノベーションを同時に行うことで、費用を抑えることができる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

100万円以下のリノベーション事例

では、実際に100万円以下の価格帯となると、どのようなリノベーションが行われているのでしょうか?以下では、100万円以下のリノベーションを場所別にご紹介します。

【事例その1】お風呂(在来工法)

・築年数…16年~20年
・費用…100万円

浴槽は既存のものを再利用して、壁と床のタイルの張り替えと、給湯器の新設を行った事例です。既存の浴槽はそのままにすることで、費用を100万円以内に抑えることに成功しました。まだ利用できる部分には手を加えないなどの工夫をすれば、100万円以内の予算でも設備にこだわることが可能です。

【事例その2】キッチン

・築年数…30年以上
・費用…90万円

L型のキッチンをI型のキッチンに変更して、換気扇の新設とコンロの交換を行った事例です。コンロの交換は、プロパンガスタイプの据え置き型からIH型へ変更しています。キッチンに関しては、部分的にリノベーションにすれば高機能な設備を選ぶこともできるでしょう。

【事例その3】トイレ

・築年数…26年~30年
・費用…31万円

和式トイレから節水型洋式トイレへの交換を行った事例です。和式トイレにあったコンクリートの段差を撤去して、温水洗浄便座用リモコン壁付きタイプと、紙巻き器付きL型手すりを新たに設置しています。トイレは比較的面積が小さいスペースなので、100万円以下の予算でも全面的なリノベーションが十分可能です。

【事例その4】リビング(和室)

・築年数…16年~20年
・費用…80万円

和室から洋室への変更を行った事例です。畳をフローリング床へ変えましたが、完全に洋室へと変えるのではなく、障子をそのままにすることで和の雰囲気を残すことに成功しました。リビングのような広いスペースでも、利用できるものはそのまま残し、間取り変更を伴わない工事であれば、100万円以内の予算で広範囲をリノベーションすることができます。

おわりに

今回ご紹介した通り、100万円以下のリノベーションでも、さまざまな部分を工事することができます。ただし、追加費用によって予算を超えてしまう恐れもあるので、オプションなどには注意しておきましょう。

ある程度実現したいリノベーションの形を決めたら、一括見積もりを利用するとスムーズに計画を進められます。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 6524
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード