平屋のリノベーション!計画・実施する際のポイントや注意点を知ろう

今回は、平屋のリノベーションについてお話しましょう。
平屋には高齢者や小さな子供さんが暮らしやすく、家族どうしの程よい距離感が持てるというメリットがあり、近年その良さが見直されています。

平屋は、リノベーションして住むことを考えやすい住宅のひとつでもあります。
そんな平屋をより住みやすくするリノベーションのポイントや、平屋ならではの注意点についてご紹介していきます!

  • 5203
  • 6
  • 0
  • クリップ

平屋とは?

平屋とは、1階建ての建築物を指します。2階建ての建築物を比較をすると、階段などがないため、垂直方向の移動がなく、お年寄りや小さな子供に優しい構造ということが大きな特徴です。空間利用の観点から、近年は2階建て以上の住宅を建てる人が多かったのですが、少子高齢化に伴い、平屋リノベーションが密かにブームになっています。

平屋リノベーションのポイント

平屋の持つ利点を生かしたリノベーションのポイントを、以下にご紹介します。

1.ロフト・屋根裏部屋の設置はおすすめ

2階建て住まいだったご家族が平屋に移ると、多少は狭さや物足りなさを感じるかもしれません。しかし、ロフトや屋根裏部屋があれば収納や子供部屋などとしてスペースを効率的に使えるようになります。
平屋は比較的天井が高めに設けられているケースが多いですから、ロフトや屋根裏部屋などの設置が容易なことも特徴です。

既存の平屋住まいで狭さを感じていた場合であれば、なお空間を有効に活用できるメリットが大きいでしょう。ロフトや屋根裏部屋の設置に際しては、建築基準法上での増築・増床にあたらないよう、定められた面積や高さなどを守って計画を立てましょう。

2.天井は可能であれば高めに取る

平屋はもともと天井が高めである場合が多いですが、リノベーションで長く暮らせる家にするには開放感も大切です。既存の天井に閉塞感を感じてしまうなら、天井を高めに取ったリノベーションを行うことをおすすめします。ロフトを設置する場合も、天井が高ければ全体の開放感を損なうことがありませんし、ロフトを居住空間とする場合にも過ごしやすくなります。

3.平屋なら窓を大きく、多く取れる

意外に知られていませんが、平屋は建物全体の重量が少なく耐震面で有利になるため、2階建てと比較して壁面に開口部を多く取れる利点があります。近年の2階建て住宅は窓が小さく、少なくなる傾向がありますが、平屋であれば限度こそあるものの、窓を大きめに取ることや増やすことも難しくありません。せっかく平屋で暮らすのなら、リノベーションで窓を効果的に配置して日の光が室内にたくさん入るようにするのもよいでしょう。

平屋リノベーションの注意点

平屋をリノベーションするにあたっては、その特徴などから気をつけなければいけない点もあります。それらの注意点を、以下にご紹介します。

1.古すぎると改修に費用がかかる

平屋は、昭和中期頃までは日本の住宅のスタンダードでしたから、現存する中古物件としても築数十年経過した古めの家が多くなります。そこまで古いと老朽化のリスクも含めて、強度や耐震性の面で現代の水準にはほど遠い可能性もあるでしょう。

大がかりな補強が必要になれば、リノベーションの費用が思ったより多くかかってしまうという心配もあります。ただし、平屋の中古物件は供給こそ少ないものの、見つかればかなり安価で購入できることもあります。中古の平屋を購入してリノベーションすることを考えている場合は、購入費用とリノベーション費用のバランスを考えながら物件を探すことが大切になります。

2.減築リノベーションの場合、必ず仮住まいが要る

平屋のリノベーションを検討している方の中には、既存の2階建て住宅を平屋へ減築することをお考えの方もいるでしょう。減築リノベーションを行う場合には、工期中の仮住まいが必要になります。しかも、増築・減築を伴わないリノベーションと比較して、かなり長期にわたって家を離れなければなりません。

賃貸住宅を確保する場合などは早めに手配しておきましょう。リノベーション業者経由で仮住まいを提供してくれる場合もありますので、計画段階でどうするか決め、直前になってあわてないよう準備をしっかりしておきましょう。

3.窓を大きくしたら、断熱改修もしっかりと

平屋は冷暖房効率が比較的良く、光熱費を節約しやすいという利点があります。しかし、窓が多く大きい家の場合は、せっかく有利な冷暖房の効果も窓から失われてしまう可能性があります。窓を大きく取れるのが平屋の長所ではありますが、リノベーションするなら高断熱・高気密に重点を置いて改修を行うことが大切です。もちろん窓だけではなく、壁や床、天井の断熱工事も効果的です。

平屋のリノベーション事例

それでは、平屋を暮らしやすくリノベーションした事例をご紹介します。

【事例1】築40年の平屋を、さらに40年暮らせる家にリノベーション

築40年の一般的な平屋を、現代の暮らしに合うようにリノベーションしました。構造部分からしっかり耐震補強し、外壁なども全面改修。すべて畳の和室だった居室もパインの無垢材フローリングに張り替え、ダウンライトの照明でおしゃれな洋室にしました。

リビングと隣の和室、キッチンをつなげることで広々としたLDKにして、小さな家でも明るく開放感のあるくつろぎスペースを実現。人体に有害な材料はできるだけ使わず、内装も天然素材中心にまとめたぬくもりの感じられる家に仕上がりました。

【実例 2】庭を楽しめる和モダンの家に

こちらは株式会社AIDAHOさんが手掛けた一例です。

「家族構成」親子2人 犬2匹
「延床面積」 105.58㎡
「リノベーションのポイント」
リノベーション前の建物は非常に老朽化が進んでいる状態でした。しかし、施主様の趣味が”お庭造り”ということもあり、手入れが行き届いた素敵なお庭が特徴的でした。そこで、家の中からでも庭鑑賞をしならがら、ゆったりした時間を過ごせる空間にリノベーションをしました。

【実例 3】築50年の平屋を、研修施設にリノベーション

こちらは株式会社富創さんが手掛けた一例です。

”移動のしやすさ”が、一番の平屋の特長です。その特徴を活かし、居住用住宅から、商業施設やイベント施設にリノベーションする方も近年増えてきております。

こちらの実例では、既存の骨組みを生かしながらも、開放的で大勢の人が集まれる空間にリノベーションしたという圧巻の技が光ります。

おわりに

家族の人数が少ないなどで、できるだけ家もコンパクトにしたいと考えるご家庭も増えています。平屋に住みたい、平屋をきれいにして引き続き長く暮らしたいとお考えなら、リノベーションを考えてみてはいかがでしょうか?気軽に相談から始められる一括見積サービスを利用すれば、信頼できる選りすぐられた多くのリノベーション業者さんの中から、ご要望やお悩みに合った業者さんが必ず見つかります。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 5203
  • 6
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード