子どもの作品やおもちゃにも!IKEAのSKUBB「収納ケース」

IKEAのSKUBBシリーズ。
衣類だけでなく、軽いものならいろんなものを収納できます。
子どもの作品やおもちゃも入れている、わが家のIKEAのSKUBB「収納ケース」の使い方をご紹介します。

  • 12498
  • 192
  • 0
  • いいね
  • クリップ

IKEAのSKUBBシリーズ。
シンプル・軽量・自立する・取っ手がある・小さくたためる、ととても優秀!

SKUBBシリーズの「収納ケース」のサイズは3種類。
■44×55×19㎝
■69×55×19㎝
■93×55×19㎝
があります。

わが家では
■44×55×19㎝
■69×55×19㎝
の2種類を使用しています。

55センチはクローゼットの奥行に合うサイズ、
69センチは押し入れの奥行に合うサイズ。
(合わない場合もあります)
なのでとても使い勝手がいいのです。

この2種類のサイズのSKUBB「収納ケース」
わが家での使い方をご紹介します。

子どもの作品収納として

子どもたちが園や学校から持ち帰る作品。
大きな不織布や紙の袋に入れて持ち帰ってきます。

この袋や四切画用紙が、サイズ44×55×19㎝にピッタリ入るんです!
袋に入れて収納しておくと、整理するときにいつの作品かわかりやすくて便利。
マチが19cmもあるので立体作品も入ります。

保存する作品はこのケースに入るだけと決め、毎年度末に整理しています。

大きなおもちゃ、ベイブレード・野球盤の収納として

サイズ44×55×19㎝に、ベイブレードのスタジアムや野球盤を入れています。
細かい部品は100均のチャック袋にまとめ、一緒に収納しています。

収納ケースを棚に立てて収納しています。
以前はおもちゃをそのまま棚に置いていましたが、細かい溝にホコリが溜まって刷毛で払わないと取れないため、掃除が大変でした。

SKUBBの収納ケースに入れると、ホコリも溜まらず、子ども部屋からリビングに持ってくるのも楽になりました。

寝具の収納として

定番の使い方ですが、寝具類を収納しています。
わが家では羽毛の掛布団、毛布、敷毛布、タオルケット、こたつセットを収納しています。
積み重ねず、立てて収納できるので出し入れが楽です。
中身を使っていてケースが不要な際には小さくたためるのもいいところです。

寝具類がどのくらい入るかというと
サイズ69×55×19㎝に薄手の化繊の敷毛布(セミダブル1枚、シングル4枚)
サイズ44×55×19㎝に薄手の化繊の毛布(シングル4枚)
がパンパンの状態で入っています。

厚手のウールの毛布は1枚でもサイズ44×55×19㎝に入らないことがあります。

こちらはサイズ44×55×19㎝に羽毛の掛け布団(セミダブル)2枚合わせのうちの1枚を入れた状態です。
ふんわりしていていっぱいに見えますが、まだ余裕があります。

以上がわが家での使い方です。

他にもいろんな収納として活躍しそうです。
あまり重いものを入れると、取っ手の付け根が破れてくるのでご注意ください!

オススメの100均収納ボックスもご紹介しています。

Instagramフォロー大歓迎です♡

お片付けやインテリアのblogにも遊びに来てください♪

  • 12498
  • 192
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

大阪の整理収納アドバイザーです。10年以上の建築士歴を活かしてお片付けとインテリアでつくる楽しい暮らしを提案しています。整理収納アドバイザー1級親・子の片付けイ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード