【楽テク】オキシクリーンで洗濯槽を掃除!縦型・ドラム式などタイプ別に解説

洗濯槽を掃除していないと、洗濯ものに臭いや汚れがつくことも。こちらの記事では、漂白剤であるオキシクリーンを使った洗濯槽の簡単掃除アイデアを紹介します。縦型・ドラム式などタイプ別に解説しているので、ご自宅の洗濯機でも実践できますよ♪ 頻度や注意点にも注意して、洗濯槽をお手入れしてください。

  • 13974
  • 132
  • 0
  • いいね
  • クリップ

洗濯槽って掃除が必要なの?

みなさんは、洗濯槽の汚れを気にしたことがありますか?

「ちゃんと洗濯しているのに洗濯物が臭い」という場合は、洗濯槽の汚れが原因かもしれません。

洗濯を繰り返していると、衣類の皮脂汚れやゴミ、石けんカスなどが洗濯槽に残ります。掃除をせずに放置することで、汚れが蓄積し雑菌が繁殖したり、カビが生えたりして不衛生な状態に。

洗濯槽が不衛生な状態になると、洗濯物が臭いだけでなく健康被害が起こることも。毎日着る衣類を清潔に保つために、洗濯槽をきれいにすることが大切です。

洗濯槽洗いは《オキシクリーン》がおすすめ!

消臭力と洗浄力のある《オキシクリーン》は、洗濯槽の掃除にぴったり! 活性酸素の力で、蓄積した頑固な汚れを浮かし、落としてくれます。

また、《オキシクリーン》は洗濯に使える漂白剤ですが、キッチンやお風呂場掃除にも使える優れもの。洗濯槽以外の掃除にも使えるので、1つ持っておくと便利ですよ♪ 

オキシクリーン(1.5kg)【rainy_1】【gsr24】【オキシクリーン(OXI CLEAN)】
商品情報を楽天で見る

【縦型洗濯機】《オキシクリーン》を使った洗濯層洗い

「洗濯槽ってどうやって掃除するの?」と疑問に思う方のために、ここでは《オキシクリーン》を使った洗濯槽の掃除方法を紹介します。

「縦型洗濯機」と「ドラム式洗濯機」で掃除方法が異なるため、まずは「縦型洗濯機」の掃除方法から♪

用意するもの

●《オキシクリーン》300~400g
●桶やバケツ
●網

《オキシクリーン》の使用量を300~400gとしていますが、水10Lに対し、《オキシクリーン》100gが目安です。洗濯槽掃除をする前に、洗濯機の高水位量を確認し、分量を調節してくださいね。

手順

①洗濯槽の中に《オキシクリーン》を300~400gほど入れる
②40~50度のお湯を高水位までためる
③洗いコースに15分ほどかけ、そのまま2~3時間つけ置きをする
④汚れが浮いていたら網や桶などですくう
⑤すすぎ洗いを2~3回繰り返す
⑥汚れが浮いてこなくなったら排水し、すすぎ洗いをする
⑦最後に排水したら洗濯槽の水気を拭き取り乾燥させる

すすぎ洗いをする回数は、洗濯槽の汚れ具合によります。「汚れが浮いてこなくなった」タイミングで排水に切り替えましょう。

ポイント

定期的に掃除している場合は、そこまで汚れていなかったり、「1年ぐらい掃除していない」という場合はかなり汚れが蓄積していたりします。洗濯槽の汚れ具合によって、つけ置きする時間やすすぎ回数を調節しましょう。

洗濯槽の周りも汚れていた場合は、ペーパータオルにオキシ溶液を含ませて拭くとピカピカになるのでおすすめです。

【ドラム式洗濯機】《オキシクリーン》を使った洗濯層洗い

「ドラム式洗濯機」は「縦型洗濯機」と違い、高水位まで水を入れることができません。
機能性や、扱い方法が異なるため、掃除方法のやり方も多少変わります。自宅の洗濯機が「ドラム式洗濯機」という方は、こちらのトピックを参考にしてくださいね♪

用意するもの

●《オキシクリーン》300~400g
●桶やバケツ
●網
●泡だて器

買い足す場合は、100均やホームセンターなどにあるものばかりなので気軽に購入することができますよ。しかし、「洗濯槽掃除のために新しいもの購入するのはちょっと……」という方は、自宅にあるものでうまく代用するのも◎。

手順

①桶やバケツに300~400g程度の《オキシクリーン》とお湯を入れる
②泡立て器を使って、《オキシクリーン》を溶かしながら泡立てる
③②を洗濯槽に入れる
④洗濯槽のこぼれないギリギリのところまで、40~50度のお湯を加える
⑤洗いコースを10~20分ほど行い、そのまま2~3時間つけ置きする
⑥時間がたったら、洗いを5~10分行い網や桶で浮いたゴミをすくう
⑦⑥を数回繰り返し、ゴミが浮いてこなくなったらすすぎと脱水を行う
⑧通常通りのコースで洗い、すすぎ、脱水まで行う
⑨脱水が完了したら、水気を拭き取り乾燥させる

ポイント

事前にオキシ溶液を作り泡立てておくことで、洗濯槽全体へ均等に洗剤が行き渡ります。そうすることで、《オキシクリーン》の泡の力で効率よく汚れを落とすことができますよ♪ 洗濯槽全体に水を張れない分、洗浄力を高めるのが大切です。

「ドラム式洗濯機」のゴムパッキン部分のような細かい場所は、「縦型洗濯機」同様、ペーパータオルにオキシ溶液を付けてふき取り掃除をすると汚れが落ちるので◎。

洗濯槽を掃除する頻度は?

使用頻度にもよりますが、1~2ヵ月に1回は洗濯槽を掃除しましょう。

洗濯槽の裏側や隙間などは目で見えないため、汚れていないように感じますが、実際にはカビや菌が溜まっています。定期的に掃除することがとても大切です。

また、糸くずフィルターや乾燥フィルターは洗濯機を回すごとに汚れるので、洗濯機を回したら毎回掃除するのが◎。

失敗したときの原因と対策

「掃除したのに、洗濯槽の汚れがうまく取れていない!」という場合は、何か原因があるかもしれません。

ここでは、《オキシクリーン》を使った洗濯槽の掃除で、失敗したときの原因とその対策を解説していきます。

《オキシクリーン》が溶けない

洗濯槽に《オキシクリーン》とお湯を入れたときに、うまく溶けていないというケースがあります。溶け残りを放置すると汚れに変わる恐れがあるので注意が必要です。

原因は温度かもしれません。《オキシクリーン》を溶かすときは、40~50度にすることが大切。水やぬるま湯だとうまく溶けず、50度以上だと洗浄力が弱くなるので、溶けやすく活性酸素の働きが活発になる40~50度が◎。

汚れ残りがある

掃除をしたあとに洗濯機を回し、「カビのような汚れが衣類に付着している」という場合は、汚れ残りが原因かも。

洗濯槽の掃除で「すすぎ回数が足らない」という場合、洗濯機を回したときに取り切れていない汚れが衣類に混ざってしまう恐れがあります。

「浮いてくる汚れがなくなるまですすぎをすること」で解決できるかもしれません。

洗濯機自体が古い

「何回掃除しても気になる臭いがある」「洗濯槽の汚れがうまく取れない」という場合は洗濯機自体が替え時かも。洗濯機が寿命だと、脱水や乾燥がきちんと行えないことも。

洗濯機の寿命は6~8年が目安と言われています。故障したり、洗濯能力が落ちたと感じたりした際には買い替えを考えておきましょう。

《オキシクリーン》で洗濯槽を丸洗いしよう!

《オキシクリーン》を使った洗濯槽の掃除方法を紹介しました。

洗濯槽の汚れは目に見えない分、たまりやすい場所でもあります。こまめに掃除することを意識しましょう。この機会に《オキシクリーン》を使って一度掃除してみてくださいね♪

  • 13974
  • 132
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード