手洗い洗濯のコツを紹介!洗剤・柔軟剤を入れるタイミングは?

手洗い洗濯に関する情報をまとめました。さらに、液体洗剤や固形石けんなどの洗剤の選び方やポイント、柔軟剤を入れるタイミングなどを解説しています。脱水やすすぎの方法も必見! 「手洗い洗濯を始めたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 10034
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

手洗いが必要な服は?

洋服は、洗濯をすればするほど劣化していくので、お気に入りの洋服は手洗いをするのがおすすめです。

また、型崩れしやすいニットやセーター、ワンピースなどは手洗いがぴったり。毛(ウール)、ポリエステル、ナイロン、アクリルは洗濯機で洗うと縮んでしまう恐れがあります。

手洗い洗濯のポイント

「手洗いをしたいけれど、いつ洗剤や柔軟剤を入れていいか分からない……」なんて方もいるのではないでしょうか。手洗いをする前に基本的な手順やチェックポイントを学んで、手洗い洗濯でお気に入りの服を長持ちさせてみましょう。

マーク

手洗い洗濯をする前に、必ず確認しなければいけないのが洗濯マーク。「手洗い」のマークが付いている場合は、手洗いをしましょう。服の素材によっては、温度制限がある場合があるので気を付けてくださいね。また、洗濯マークに関わらず、装飾が付いているものや長く着たい服は手洗いをおすすめします。

洗剤・柔軟剤を入れるタイミングは?

「手洗いで洗濯するときの洗剤や、柔軟剤を入れるタイミングって?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

洗剤は、準備段階で手洗いをするために使う洗剤液を作るときに使います。桶に洗いたい服が浸かるくらいのぬるま湯を用意し、洗剤を溶かしてください。

すすぎの1番最後にキレイな水に入れ替えて、柔軟剤を入れましょう。柔軟剤の力が高まりますよ。

洗剤の選び方|手洗い洗濯のとき

粉末洗剤、液体洗剤、固形石けんなど洗剤の種類はたくさんあって、どれを使っていいか迷ってしまいますよね。汚れや洗濯したい服の種類に合わせて洗剤を選べるように、洗剤それぞれの特徴を紹介しています。手洗い洗濯をするときに参考にしてくださいね。

粉末洗剤

粉末洗剤は、洗浄力が強いので、こびりついた汚れを落とすのにおすすめです。ただ、粉末状のため、溶けづらく、手洗い洗濯のときは水の温度が下がって洗剤が固まってしまう恐れがあります。最初に溶かすときに溶け残りが出ないように気を付けてください。

固形石けん・液体洗剤

しみや黄ばみなどピンポイントで汚れを落としたいときにおすすめなのが、固形洗剤。ある程度の硬さがあれば、汚れにこすり付けるときに力が入れやすく、使いやすいですよ。

また、液体洗剤は日常生活で付いてしまったような軽い汚れを落とすときにおすすめ。粉末洗剤とは異なり、水に溶かす必要がないのが忙しい方にとってはうれしいポイントですね。

おしゃれ着用洗剤

服にダメージを与えないように作られた洗剤が、おしゃれ着用洗剤。おしゃれ着用洗剤は中性洗剤が多く、浴衣や帽子といったファッションアイテムも洗えてしまうという優れものです。とくに大事にしたい服や、型崩れが気になる服を手洗い洗濯する場合に、使ってみてはいかがでしょうか。

手洗い洗濯の方法

「お気に入りの洋服をゴシゴシ洗って、余計に汚れてしまったらどうしよう」。そんな風に考えた方もいるのではないでしょうか。手洗い洗濯には、洋服の種類に合わせた洗い方がたくさんありますよ。どれも簡単にできるので、ぜひ真似してくださいね。

手洗い洗濯に使う道具は?

手洗い洗濯をするときに必要なものはたったの2つ。洗剤と桶です。桶は、服が入って水がためられる大きさのものであれば何でも大丈夫ですよ。肌が弱い方や手が荒れるのが気になる方は、ゴム手袋を付けて洗いましょう。

手洗い洗濯の方法|洗濯機の場合

今は、洗濯機で洗えるおしゃれ着もあるので、桶がない方は洗濯機で手洗いコース(メーカーにより、おしゃれ着コース、ドライコース、おうちクリーニングコースやソフトコースなど名称は分かれます)を選んで洗濯をしましょう。

洗濯ネットを使って、1枚のネットに1アイテムを洗濯ネットのサイズに合わせてたたんで入れるのが、おしゃれ着を摩耗から守るポイントですよ。

手洗い洗濯の方法|手で洗う場合

手洗いというと、洗濯機より、手を使って洗うイメージが大きい方が多いのではないでしょうか。洗濯機のようにコースを選択して洗濯するわけではないので、それぞれの服に合わせた丁寧な洗濯をしたい方におすすめですよ。

手洗い洗濯の方法|押し洗い

ニットやカットソー、ボトムスなどかさばる服におすすめの手洗い洗濯方法。

【手順】
1.汚れている部分が表面に来るように服をたたむ。
2.洗剤液の中に浸けて軽い力で20~30回押して洗う。
3.襟や袖口、裾の気になる部分はつかみ洗いをする(手の平でつかむ、離すを繰り返す)。

手洗い洗濯のオーソドックスな方法です。試してみてくださいね。

手洗い洗濯の方法|振り洗い

シワが付きやすい薄手のブラウスにぴったりの手洗い洗濯方法です。

【手順】
1.服の端を持って洗剤液に浸け、液の中で素早く振る。
2.水を貼り変えて、すすぎのときも素早く振る。

強く振りすぎると、服が伸びてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

手洗い洗濯の方法|つけ込み洗い

余り汚れていない服におすすめの手洗い洗濯方法です。

【手順】
1.汚れている部分を上にして服をたたんで洗剤液に入れる。
2.10~15分放置しておく。

放置するだけで汚れが落ちるなんてすてきですね。

手洗い洗濯の方法|アコーディオン洗い

シフォンのブラウスやスカートなど薄手の服にぴったりな手洗い洗濯方法。服を左右に広げるのと中央に寄せるのを繰り返すと、服を傷付けずに洗うことができます。春先や、衣替えの時期に役に立ちそうですね。クリーニングに出すのが面倒な方は、試してみてください。

手洗い洗濯の方法|部分的な汚れを落とす

部分的な汚れを落とすには、主に4つの方法があります。つかみ洗いは、セーターの袖口といった生地がやわらかいものにおすすめ。汚れた部分を洗剤液の中に浸けて、手で握るのと離すのを交互に行いましょう。

綿や麻などの丈夫な生地の服の場合は、汚れがひどいときはもみ洗いがおすすめ。洗剤液に浸けて強くもむと汚れが落ちます。ニットのシミを落としたいときは、たたき洗いかつまみ洗いがいいですよ。洗剤をスポンジにとり、ポンポンとたたいてください。つまみ洗いは、こすらないように気を付けて指に力を入れて洗いましょう。

すすぎ・脱水

洗剤液をキレイな水に替えて、2回ほどすすぎます。

脱水方法は主に2つ。1つ目は、洗濯機を使った方法です。手洗いした服をキレイにたたんで、ネットに入れて、洗濯機で30秒ほど脱水をしましょう。

2つ目は、バスタオルを使った方法。服をバスタオルの上に置いて、挟んで上から軽くたたきます。脱水をしたら、乾燥をして終わりです。

手洗い洗濯をして衣類を長持ちさせよう

いかがでしたか。今回は、手洗い洗濯の方法について紹介しました。洗剤の選び方や柔軟剤を入れるタイミングなど、基本的な情報から詳しい手洗い洗濯の方法まで、どれも魅力的な情報ばかりでしたね。手洗い洗濯をして、もっとファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 10034
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード