トイレのつまりを解消する方法とは?必要な道具を解説

トイレのつまりが発生すると、即刻プロの業者に依頼しなければと考える人は多いでしょう。しかし、手順や使用する道具さえ間違わなければ自分で解消することは簡単です。水が流れない原因や、手軽に挑戦できる解消法を紹介します。

  • 1315
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレのつまりを解消しよう

トイレは日常生活で必要不可欠な場所ですので、一度つまってしまうと、平静でいられない人は多いでしょう。

一般的にトイレは1日に何回も利用するため、大勢の人が利用するトイレほどつまりやすくなります。

初期の段階であれば、プロの力を借りずに対応できるでしょう。トイレのつまりを解消するときに気に留めておきたい点を紹介します。

適切に対処することが大事

つまっているものがわかっている場合、比較的対処しやすいですが、どこに何がつまっているかまったく見当がつかない場合、注意が必要です。

強引になんとかしようとしてもつまりがとれないだけでなく、便器が壊れてしまう結果になりかねません。

トイレットペーパーの流し過ぎや、便器の中にものを落としてしまったことがわかっている場合は、排水口を塞いでいる異物を取り除ければつまりを解消できるでしょう。

トイレつまりの前兆とは

トイレがつまる前に、何か予兆のようなものはあるのでしょうか。トラブルをいち早く察知するために知っておきたい、つまりの前兆を紹介します。

異常音がある

水を流したとき「ゴポゴポ」といった異音がする場合は要注意です。通り道の邪魔になる何かに塞がれている状態で水が流れるため、普段とは違う音がすると考えられます。

異音が発生している部分になんらかのつまりや不具合が発生している可能性が高いです。

音をよく聞いて、鳴っている位置を突き止めましょう。便器から音がしているときは便器の中にものがつまっている可能性があります。床から音がする場合は、排水管付近に問題が起きているかもしれません……。

水を流すとき水位が高くなる

つまりがないときは便器から排水管へよどみなく水が流れていくため、水を流しても水位が上がったままになることはありません!

しかし、便器内や排水管に問題が発生していると水が減りづらくなり、水位が高くなってしまいます。

水位がだんだんと下がっていく場合は、異物が完全につまった状態ではなく水が流れる空間がある状態です。

トイレが完全につまると水がまったく減らなくなります。やがては便器から水があふれ出してしまうでしょう。こうなってしまうと、すぐに対処が必要な深刻な状態だと考えられます。

トイレがつまる原因

トイレがつまってしまったときは、慌てずに行動しましょう。焦ってただ水を流し続けても便器から水があふれてしまい、さらなる惨事を招いてしまいます……。

つまりを解消しようと焦っていろいろ試したくなってしまいますが、つまりをとるには原因にあった対処法をしなければなりません。まずは原因を見つけることが先決です。

トイレの水が流れなくなってしまったときの原因をチェックしましょう!

トイレットペーパー

トイレットペーパーは水に溶ける素材でできているため、ごく一般的な使い方をしている分にはつまることはありません。

しかし、便器の奥に流しきれなかったものが溜まった状態にもかかわらず、次々にトイレを利用し水を流していれば、つまりが発生します。

トイレットペーパーは水に溶けるため余程大量に流さない限りは、タイミング悪くつまってしまっているだけという場合が多いです。数時間たった後に様子を見ながら、水を流してみましょう。

水の流れを阻害しているものがトイレットペーパーや排泄物だけであれば、水でふやけてだんだんと解消される可能性があります◎

流せない異物がある

水に溶けない大きなものをトイレに流してしまった場合、簡単にトイレはつまるでしょう。たとえば、不注意でものを落したり嘔吐物や排泄物が残っていたりする場合が考えられます。

スマホ・財布・生理用品・紙おむつなどは、意図せずトイレに落下する可能性が高いです。すぐに気付いて除去できればいいのですが、そのまま流してしまえば当然トイレはつまってしまうでしょう。

手が届かない奥に異物が入ってしまった場合、専門器具を使った処置が必要です。

水流が少ない

トイレに水を流すとき、節水のため常に水流が弱い小の設定で流しているという人もいるでしょう。しかし水流が弱過ぎると固形物が流しきれず、つまりの原因になります。

トイレの内部は複雑なつくりになっているため、どんなときでも弱い水流で流していればつまりやすくなるでしょう。

水に流せるタイプのペットのトイレ砂やトイレ掃除シートを流すときはとくに注意が必要です。必ず水流が強い大の設定の方で水を流しましょう!

トイレつまりを解消する方法と道具

慌てて業者につまり解消を依頼する前に、まずは手軽にできる解消法を試してみましょう。トイレのトラブル解消にチャレンジしたい人向けに、つまり解消に使える道具とその使い方を紹介します。

バケツと水

トイレットペーパーや排泄物のように、本来ならば流しても支障ないものがトイレにつまっているときは、バケツに入れた水の出番です。

バケツがない場合、洗面器やペットボトルでも代用できます。容器に入れた水をドボドボと入れると内部に水流が生まれ、つまりがとれやすくなるでしょう。

水を慎重に入れ過ぎると効果がありませんが、勢いよく入れ過ぎてもよくありません。水が飛んだりあふれ出したりしてしまいます。水位が高い場合、水を汲み出して減らしてから作業しましょう!

ラバーカップ

ラバーカップは便器内に水流を作り出し、異物を押し出すときに使用します。地域によっては「スッポン」や「カッポン」というように擬音からイメージした名称で呼ばれることもありますが、すべて同じ目的に使用するものです。

子どもが使うプラスチックのおもちゃのような大きな固形物が原因のとき以外のつまりは、ほとんどの場合ラバーカップで対応できます。

柄を持って排水溝に吸盤を押し付けてから、勢いをつけて2~3回引っ張るだけでつまりを解消できるでしょう。水が飛び散らないように、ゴミ袋やビニールなどで周辺を覆っておくと後片付けが簡単です。

重曹とお酢

重曹とお酢を便器内に投入し、二酸化炭素を発生させてつまりの原因になっているトイレットペーパーや排泄物を溶かしながら流しやすくする方法もあります。

用意するものは「重曹約50ml」「お酢約100ml」「40℃程度のお湯」の三つです。まず、重曹を便器内に入れ、次にお酢を入れましょう。最後に容器に入れたお湯を、水流を作る要領で流し入れます。

1~2時間以上時間をおいてから容器に入れた水を流し、状況をチェックしましょう。

トイレつまり解消用薬品

トイレのつまりを解消するために市販されている薬品を利用する方法もあります。ドラッグストアやホームセンターへ行けば、トイレの排水管用の洗剤を見つけられるでしょう。

トイレの配管用洗剤の中には、強力な発泡作用をもつプロ仕様のものや、排水管に長年溜まった汚れを分解してくれるタイプの洗浄剤などがあります。

つまりの原因が排水管の汚れや尿石であることがわかっている場合には、対応する薬品を使用すれば効果があるでしょう。

近所にトイレのつまり用の洗剤が打っていない場合でも、通販サイトなどを利用すればプロ用の薬剤を手に入れることは簡単です。

しかし、取り扱いが難しいものも多いため、つまりの原因がわからないような状況で安易に使用しない方がいいでしょう。

トイレのつまりを直そう

トイレのつまりはトイレに流したものが原因で起こる場合がほとんどです。水に流せるタイプの掃除用シートや、トイレットペーパーが悪さをしている場合が多いでしょう。

トイレットペーパーや排泄物が原因の場合、時間の経過とともにだんだんと解消されていきます。焦らずにできることから一つずつ対処していきましょう。

水流の調節や容器に入れた水で便器内に水流を作るなど、簡単にできる解消法から試していくことをおすすめします。

ラバーカップを使っても解消する気配がない場合、特殊な器具や薬品で洗浄する必要があります。解決しない場合は速やかにプロの業者に依頼することが大事ですよ!

  • 1315
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード