「丁寧な暮らし」に振り回されすぎないように、私が止めたコト

暮らしを快適にするために、
私があえて止めたことを紹介します

  • 39535
  • 35
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「丁寧な暮らしがしたいです!」
整理収納のご相談でもよく言われる、理想の暮らしのイメージのひとつです。

作りおき、ナチュラルクリーニング、手間暇かけた料理…。

インスタやブログのような、手間暇かけた家事を楽しむ暮らしはあこがれの的。
だけど、頑張っても理想になかなか近づけない…。
そういったお悩みを聞くことも多くなりました。

今回はすべてを頑張りすぎないように、私があえて止めた事を紹介します。

めんどくさがりの私に負担な家事NO.1「洗濯物を畳む」のを止める

めんどくさがりな私にとって、
「洗濯物を畳む」という家事は気合がいる家事のひとつでした。

畳んで立てれば、見やすく取り出しやすいのも分かってる…。
だけど、めんどくさい。

そこで、衣類は極力掛けるだけの収納に切り替えました。

コツは洗濯用のハンガーと収納用のハンガーを同じにすること。
これなら、干し終わった後にさっとクローゼットへ。

苦手な家事こそ、お気に入りのアイテムでモチベーションを上げる

もともと洗濯自体が好きではないので、
モチベーションを上げるために、ハンガーは好きなテイストで揃えています。
目に入るたびに気分がよくなるので、
やる気アップにもつながります。

丁寧な暮らしに欠かせない!?「全て手作り」を止める

毎回、食事を1から手作りするのは大変。
以前は出汁は手作り、総菜は買わずに作り置きで…ということをしていました。

手作りにこだわるとそれなりに時間もかかり、
せっかく作り置いたものも食べきれなければ捨てることになり、
イライラすることもありました。

今は作り置きよりも、1回で食べきる量を意識して作ることが多くなりました。

時には牛丼屋さんやファミレスなども利用することを許す

ひとりの時などは牛丼屋さんなど、チェーン店を利用することもあります。
「時にはOK」と割り切って手を抜くことで、
時間だけではなく、心にもゆとりが出るようになりました。

レトルトやインスタントなどにも頼る

出汁などは1から作ると手間がかかることが多いので、
毎回ではないのですが市販の出汁やインスタントを使うこともあります。

最近のお気に入りは「乾燥野菜」
野菜を追加したいときやお味噌汁の具などに便利です。

給食のようないつも違うメニューを止める

まんべんなく色々なおかずにしたいけど、
作るものがワンパターンになりがち…
よくあるお悩みのひとつなのですが、私はワンパターンでもOKだと思っています。
むしろ、パターンを決めておくと、
あれこれ悩まなくてもいいので、家事効率も上がるのでは?と考えています。

毎週金曜日はカレーの日。
最近は炒めるだけで簡単にできる、「ドライカレー」がお気に入りです。

SNSを頻繁に覗くのを止める

情報を収集するのに便利なSNS。

・今日は料理教室でした
・今日の晩御飯
・今日の作り置き
・模様替えしました
・我が家の収納

SNS内にはアイデアがたくさん詰まっているので、私も参考にすることも多いです。
ただ、中には「SNSのような暮らし」を意識しすぎるあまり、
素敵な暮らしができない自分に悩むというご相談も多いです。

個人的にSNSは非日常(特別な出来事)が集まったコンテンツだと
割り切ることにしています。
特別なことだからあえて残す。それが毎日ではない。
(毎日のご飯や、お弁当を発信している方もいますが、ごく一部と割り切ってます)

だから、同じようなことが毎日出来なくても悩んだり、落ち込んだりする必要はない。
SNSを見て辛くなっている方はSNSから離れる時間を作ることも大事です。

何か新しい習慣を始めるときは、古い習慣を手放すことから始めよう

習慣もモノの整理整頓と同じで、
新しいものばかりを入れていると、
すぐにキャパオーバーになってしまいます。
まずは、それまでの古い習慣をひとつ手放すことから始めましょう。

理想の暮らしに一歩近づくために
まずは何を「止める」か決めるのがお勧めです。

  • 39535
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

小竹三世(おだけみよ)1974年。富山県朝日町生まれ。富山市在住。家族は夫、長女、長男、義母、猫二匹。幼少の頃から片づけが大の苦手。親に怒られる⇒片づける⇒また…

おすすめのアイデア

話題のキーワード