ハウスメーカー? 工務店? 依頼先で変わる商品の違い

住宅建築、マイホームに少し役立つ知恵です

  • 2301
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ハウスメーカー

全国各地に支店や営業所をもち、 広範囲な営業網と安定した品質管理が特長。
大規模な生産設備をもち、自社でパーツの開発·生産を行う会社が多い。
商品販売は、 自社で直接行うか、一部の地域で販売代理店を通し販売する。
工事は専属または指定された工事会社が行うケースが多い。


仕様やデザインを決めて商品化しているのがハウスメーカーの家の特長。
モデルハウスでその商品を見ることができ、具体的にイメージをつかみやすいのがメリット。


工務店と比較すると金額は高め・設計やデザインの自由度の低さ・建築後に担当者が頻繁に変わって相談がしづらい・工事内容別に【一式見積もり】が多く、詳細内訳が不明瞭・契約までは標準仕様、契約後に詳細打ち合わせを実施することからあとから追加で費用が嵩む。また、標準費用から変更すると割高になる。というデメリットも上げられている。

工務店

地域に密着して営業している会社が多いのが特長。
設計·施工からアフターサービスまでその会社で一貫して行う。

工務店によって建てる家の特長はさまざまだが、 基本的には自由設計。
少人数で運営されている会社が多いので、 細かいアイデアや提案が、住宅性能や間取りプランなどに反映されているケースが多い。

最初の窓口から引渡し、アフターサービスまで、ひとりの担当者がつきます。その為、大きなトラブルは少なく気軽にコミュニケーションできる事が多い。


一般的に、見積書の内容は詳細、かつ明瞭。
【標準仕様】は多くないため、オプションはほとんどありません。
その為、契約後の追加請求が無いか、もしくは少なくなります。

広告宣伝費用、販売促進費用に多額の経費をかけないことから、ハウスメーカーと比較すると、同仕様でも価格が安くなる傾向があります。

値段交渉のしやすさもあります。



大半の工務店は、展示場やショールームなどありません。
したがって、ハウスメーカーとの家づくりと比較して具体的な家のイメージがつかみにくい・不安といったデメリットも上げられています。



設計事務所(建築家)

一級あるいは二級建築士が、設計から施工監理までを請け負う。
施工は別途、設計事務所や施主が選んだ工務店と工事請負契約を結ぶことになる。
規模は、 多数のスタッフがいるところもあれば、 1人で運営しているところもある。

施主の要望を細かくヒアリングした後、 設計に時間をかけ、 個性的な家を建てるのが特長。
建築家によって作風が異なり、自然志向の家からモダンな雰囲気の家までさまざまな住宅が見られる。

いかなる要望もかたちにしてくれるデザイン力や、狭小敷地や旗竿地のような難しい土地形状でも快適な住まいを提案してくれるといった特徴も。

ハウスメーカーと比較すると、完成までに時間がかかる。手間暇がかかる分どうしても高額。ローンを組む際は自分で全て行う必要がでてくるといったデメリットも上げられています。

FC(フランチャイズ)

コンビニなどのビジネス形態と同じで、 商品開発から広報活動を行う本部と、複数の加盟店から成る。
加盟店は地域に密着して営業してきた工務店だが、単独ではできない商品開発や部材の一括仕入れなどができるため、経費ロスも少ないのがメリット。
本部が品質保証や完成保証をするケースも多い。

FCの建てる家は、設備·仕様や間取りプランまで決めて商品化されているケースと、 部材や独自の工法は共通だが家自体は自由設計で行っているケースとがある。
スケールメリットによる購買力を発揮して、割安感のある住宅を建てているFCも多い。


各加盟店ごとの対応の質、施工の質にムラある。
大手のネーミングだが、フランチャイズ店の為、破たんするリスクが大手より出てくるといったデメリットも上げられています。

注意:ご契約時にはきちんとアフターケアや契約内容の確認をお忘れなく。

【3000円の商品券プレゼント付】 住まい関する市場調査にぜひ、ご協力ください!

スイートホームTVCM

スイートホームTVCM

スイートホームSNS【輸入住宅好きのみなさん!大募集☆】

  • 2301
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

輸入住宅のスイートホーム株式会社です!知名度が薄いので、知らないと感じておられる方が多いと思いますが、実はこのような住宅を30年前から、今も尚且つ変わらずにご提…

おすすめのアイデア

話題のキーワード