ドライクリーニングとは?ドライコース&水洗いとの違いも比較!

クリーニング店での洗濯方法のひとつである「ドライクリーニング」。この記事では、ドライクリーニングの基本的な知識や、自宅の洗濯機でできるドライコース・水洗いとの違いを解説します。また、ドライクリーニングの仕上がり時間などの素朴な疑問や、ドライクリーニングにおすすめの衣類、その他の豆知識など、知っておきたい情報が満載ですよ♪

  • 4645
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ドライクリーニングとは「水を使わない」クリーニング方法

ドライクリーニングとは、クリーニング店でできる水を使わない洗濯方法です。

物質を溶かす性質をもつ有機化合物「有機溶剤を使って汚れを落とします

水洗いをすると型崩れや色落ちしやすいような、ウール・カシミヤ・シルクといった衣類(水洗い不可の衣類)は、ドライクリーニングがおすすめです。油脂性の汚れがついてしまった衣類にもドライクリーニングがぴったりです。

一方で、調味料といった水溶性の汚れは落としにくいのが特徴です。

家庭用洗濯機「ドライコース」との違い

ドライクリーニングがクリーニング店での洗濯方法であるのに対して、ドライコースは洗濯機の機能のひとつです。

傷ませたくないニットや、型崩れさせたくないスカートなど、デリケートな素材の洗濯に適したコースです。洗濯機のメーカーによっては「ソフトコース」や「手洗いコース」などと呼ぶこともあります。

クリーニングに出すほどではないけれど、大切に洗いたい」という衣類の洗濯におすすめです。

衣類を守る!ドライクリーニングマークを覚えておこう

ドライクリーニングができる衣類の洗濯表示は、以下の通り。表記に種類があり、2016年12月以降に新表示に改正されています。

・旧表示は「ドライ」の表記→新表示は「P」の表記
パークロロエチレンか石油系溶剤によるドライクリーニングができる

・旧表示は「ドライ」と「セキユ系」の表記→新表示は「F」の表記
石油系溶剤によるドライクリー二ングができる

・旧表示は「ドライ」の表記にバツ印→新表示は「円にバツ印
ドライクリーニングができない

これらのマークがついていても、水洗い可のマークがついていれば水洗いすることも可能です。ただし、ドライクリーニングのマークしかついていない場合はドライクリーニングでしか洗濯できないので、必ずクリーニング店で洗いましょう。

ドライクリーニングにおすすめな衣類

スーツ

ドライクリーニングは型崩れしづらいため、長持ちさせたいスーツはドライクリーニングがおすすめです。

クリーニング店によっては、汗染みを抜いてくれることもあります。汚れが気になる場合は、一度相談してみてみましょう。

コート

コートは、ウールやカシミアが生地に入っていることが多いため、ドライクリーニングがおすすめです。

また、女性の場合は着脱する際、ファンデーションがついてしまうことがあります。ドライクリーニングを使ってきれいにしてもらいましょう。

スカート

スカートは、水洗いできるものも多くありますが、水洗い特有のシワがついてしまうことも。そんなときは、ドライクリーニングでシワを防ぎましょう。

プリーツ付きのスカートは、シワが薄れないうえに型崩れしづらいのでおすすめですよ。

ドライクリーニングを依頼するときのポイント

ドライクリーニングを依頼する前のポイントは、「水溶性の汚れは中性洗剤を使って汚れを薄めておく」ということ。

ドライクリーニングでは、汗じみや調味料のシミなどといった水溶性の汚れは落としにくいため、ドライクリーニングでも落としやすいように洗っておきましょう。

ドライクリーニングのQ&A

Q. ドライクリーニングに出す頻度はどれくらい?

A. 冬のコートやセーターは2〜3週間に1回を目安に。

衣替えのシーズンには、衣類の劣化を防ぐためドライクリーニングに出すことをおすすめします。

Q. ドライクリーニングの仕上がり時間は?

A. 最短で即日から翌日、厚手のものは1週間、浴衣や着物は1か月

洋服の種類によって、仕上がり時間は異なります。

ワイシャツスーツは、最短で即日から翌日に仕上がります。コートジャケットなどの厚手のものは、1週間ほどかかってしまうことも。浴衣や着物といった特殊な衣類は、1か月かかると思っておきましょう。

Q. ドライクリーニング可の衣類は自宅で洗えないの?

A. 水洗いができるかどうかで判断

ドライクリーニングマークがある場合、「ドライクリーニングでしか洗えない」と思われがちですが、本来は「ドライクリーニングできますよ」という意味です。

自宅で洗えるかどうかは、水洗いができるかどうかで判断しましょう。「水洗い可なら自宅で洗濯可能、「水洗い不可」でドライマークが付いた衣類ならクリーニング店に依頼することを考えましょう。

クリーニング後の正しい収納方法もチェック

ドライクリーニングでの洗濯ができたあとの収納も、衣類の長持ちに関わる大切なポイント。

以下の記事では、クリーニング後にしておくべきことや衣類の収納についてまとめています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

▽クリーニング後の衣類の収納方法を詳しく知りたい方はこちらから!


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 4645
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード