夏のレジャー!自転車をクルマに積むなら“自転車用のお布団!?”で。

ひところ盛んに流れていたテレビCMが、「自転車をクルマに積んでドライブ中。着いたら仲良くサイクリング」…。うーん、うらやましいと思いつつ「揺れたら自転車ぶつけちゃうかも」と、チラッと思ってました(粗忽者なもんで↘)。というわけで今回はミニバンやワゴンの荷室に自転車を積んでCMを再現しちゃう人のために“自転車のお布団”を紹介します~

  • 4832
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

クルマに自転車を載せるなら!

そもそも自転車って突起物が多いもの。ハンドルやサドル、ペダルなど凸凹してますよね。このため、クルマに載せる自転車は、凹凸になるパーツを外したりずらしたりしてコンパクトな収納サイズになる折りたたみ式自転車がオススメ!でもむき出しのまま載せると、車内にゴミやダメージが。。。そんな時にオススメなのがフッカフカの自転車用お布団“耐衝撃輪行キャリングバッグ MINI”なんです♪

友達と旅行で待ち合わせ中。早くピックアップして~

フカフカじゃなくてフッカフカ♪自転車用お布団「耐衝撃輪行キャリングバッグ MINI」について~

フッカフカの自転車用お布団、もとい「耐衝撃輪行キャリングバッグ MINI」はミニベロなどいわゆる20インチ以下の小径車用。バッグ内部に仕込まれた1cmの肉厚パッドがフッカフカの感触になっていて、ガタガタ振動で揺れても、心配ないんです~

このクッションの厚みが花丸。

自立するって素晴らしい。自転車を入れる際も扱いやすし。

カシャカシャした薄いナイロン製の輪行用バッグだと、自転車を入れるときにフニャッと崩れて入れにくいもの。でも「耐衝撃輪行キャリングバッグ」は高さを半分に折りたたむとクッションが自立。一人で自転車を入れるときも扱いやすいんです♪

ご覧の通り自立型。はよ入れたいのにイライラ~ってこともありません。

ちょこっと入るポケットつき。

自転車の分解に必要なクイックリリースや工具、小物を入れられるインナーポケットついてます♪
持ち運びも抜かりなし、程よいところに持ち手がついてるんです~

収納上手と言われたい!使わないときは、小さく折りたたんでコインロッカーにも入るサイズに。

使うときはいいけど、使わないときは正直肩身が狭い…。ならば身を縮めちゃうようにってわけで、コインロッカーにも収まる収納サイズにしちゃいました。

「使ったらちゃんと元の場所になおしましょう」ではないですが、コインロッカーにもしまえます♪

自転車用お布団のおさらい。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

【商品名】耐衝撃輪行キャリングバッグMINI
【型番:カラー】DCB401-DP:ブラック
【サイズ】展開時:W115×L(D)3×H95cm、収納時:W23×L(D)23×H58cm
【重量】1.95kg
【静止耐荷重】20kg
【材質】ポリエステル、ポリエチレン
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/product/dcb401_dp/

電車や飛行機に載せるときに使うのなら。

・クルマに載せるのでなく、電車や飛行機に載せる場合に使うときは、利用する交通機関の規定を事前にチェックして守るようお願いいたします。

  • 4832
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)は、自転車やバイクといった愛車や趣味のグッズに囲まれるライフスタイル「ガレージング」をコンセプトに、インテリア製品…

おすすめのアイデア

話題のキーワード