原状回復出来る天板シートを100均DIYして〝映える〟テーブルに簡単リメイク♡

シンプルなダイニングテーブルの天板を
ALLダイソーの100円アイテムのみを使って
写真映えする天板に簡単リメイクしました。
天板に直接リメイクシートを貼っていないので
原状回復可能かつリバーシブル仕様で便利です◎
撮影用シートとしても重宝しますよ♪

  • 20590
  • 140
  • いいね
  • クリップ

ALLダイソーアイテムで〝映える〟天板を簡単DIY!

こんにちは♪

皆さんはどんなダイニングテーブルをお使いですか?

↑我が家はシンプルなダークブラウンの
ダイニングテーブル&チェアセットを
賃貸時代から使い続けて早5年が経ちました。

今回は、いつでも元の状態に戻せる便利な天板シートの簡単DIY方法をご紹介したいと思います。

是非、最後まで読んでみて下さい♪

まずはBeforeをチェック!

こちらが今回はリメイクするダイニングテーブルになります。
◎天板のサイズ:約75×125㎝

折り畳み式なので、正方形にして使うことも出来ます。

そのような点からも
原状回復出来て、出来るだけコストをかけずにリメイクする方法を考えた結果

ALLダイソーの100アイテムで
裏表使える天板シートをDIYすることにしました。

早速作り方をご紹介します!

材料

◎材料費…1000円〜
◎製作時間…1時間〜2時間程度

《材料》
・PPシート(39×55㎝) 6枚
・おもて用リメイクシート(30×80㎝) 6枚
・裏用リメイクシート(30×80㎝) 6枚
※いずれもダイソーの108円商品です。
※写真だとリメイクシート5枚に見えますが、1番下にもう1枚あるので6枚です。分かりづらくてすみません。

《道具》
・はさみ
・透明テープ
・定規orメジャー
・印付け用の油性ペン
・シートを馴染ませるローラー

あくまで我が家のテーブルサイズで用意した数量、サイズです。

両面ではなく片側のみリメイクシートを貼ってもOKです。

作り方

透明テープ(※100均に売っています)で
PPシート(※見本は6枚)を貼り合わせます。

透明テープは、シートの端に合わせるのではなく
少し長めにカットしておき、飛び出た両端部分を
裏側に折り返して貼ると補強になります。

貼り合わせたPPシートを
テーブルの大きさにはさみでカットします。

定規やメジャーを使ってサイズを測り
シートの所々に油性ペンで印をつけておくとカットしやすいです。

↑カットした後、テーブルに置いてみました。

あとは、シートの片面or両面に
お好みのリメイクシートを貼ったら完成です♪

私は今回、ダイソーの
・ビンテージ木目調
・ビンテージウッド の2種類を選びました。

100均リメイクシート独特のテカりがなく
若干ザラザラした触感が特徴的です。

リメイクシートを貼っていこう!

あくまでも自己流ですが…
リメイクシートの貼り方について
事前準備やコツなどご紹介したいと思います。

↑いきなり貼っていくのではなく
使う分のリメイクシートをPPシート上に並べてみます。

今回は木目調のリメイクシートを使用したので
木目の繋がりや太さなどに注意しながら
リメイクシートを少しずつ重ねて貼っていくことにしました。

↑事前準備その2。
※まだ剥離紙は剥がしていない状態です。

今回のリメイクシートは筒状のものではなく
折り畳み状のものだったので

元々ついている折り筋を利用して
端部分をシートの裏側に折り返して貼っていきます。

↑リメイクシート2枚を貼り終えた状態です。

購入時についていた折り筋が消えるのか不安でしたが
問題なく平らに貼れました。

少しずつリメイクシート裏の剥離紙を剥がし
折り筋部分に空気が入らないよう注意しながら貼るのがコツです。
ローラーをお持ちの方は、仕上げにコロコロすると、より圧着させることが出来ますよ◎

↑折り返した部分はこんな感じです。

後からこの上に違う柄のリメイクシートを貼るので
折り返した部分にも空気が入らないよう
出来るだけ平らに貼りましょう。

折り返した部分がPPシートの繋ぎ目の補強にもなります♪

天板シート(おもて面)完成!

じゃんっ!

↑あっという間におもて面が完成しました♪

ビンテージウッド調リメイクシートのおかげで
明るい印象の天板になりました。

裏面の貼り方

続いて裏面の貼り方についてです。

↑PPシートを裏返すとこんな感じになっています。

裏面はPPシートの端にリメイクシートの先端を合わせて貼っていきます。
※既におもて面に違う柄のリメイクシートが貼ってあるため。

↑3枚(半分)貼り終えた状態です。

こちらの柄(ビンテージ木目調)は
濃い色で繋ぎ目も目立ちにくいので貼りやすかったです。笑

Before→Afterをどうぞ!

お洒落な木目調の天板になりました♪

裏表にリメイクシートを貼っていて
ある程度厚みがあるので、
天板シートが大きくズレることはないですが
心配な方はすべり止めシートを敷くと良いかと思います。

また、撮影用シートとしても使えて
写真映えする・しないの差が分かりやすいので併せてご紹介します。

写真映え度をチェック!

↑こちらが、元々の天板(ダークブラウン)です。

写真を撮る際にテーブル上の電気が
反射してしまうのが悩みの種でした。

↓DIYした天板シートに置き換えると…

↑After①ビンテージ木目調

↑After②ビンテージウッド

悩んでいた電気の反射もなくなり
おもて面、裏面それぞれ違った雰囲気で
写真映え効果も抜群です◎

まとめ

いかがでしたか?

本格的な天板リメイクは時間やコストがかかりますが
天板シートなら原状回復出来て
気分によって柄も変えられるのでおすすめです。

自分好みにアレンジしながら
良かったら是非試してみて下さいね♪

どなたかのお役に立ちますように…*

ご意見やご質問等は
Instagramの最新投稿へ
お気軽にコメント頂けると嬉しいです♡

Instagramでは
100均グッズを使った収納アイデアや
100均DIY動画など発信中なので
気軽に遊びに来て下さい♪

100均DIY関連アイデア

  • 20590
  • 140
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

100均アイテムを組み合わせて全く違う使い方にDIYしたりシンデレラフィットを見つけることが好きです♪〇〇するだけの簡単リメイクも多いです。笑私生活では5歳と2…

おすすめのアイデア

話題のキーワード