イケアのおうち型ランタンと100均材料でディスプレイボックスをDIY。

イケアのセールで購入したランタンと100均材料を使ってディスプレイボックスを作成してみました。

  • 8618
  • 18
  • 0
  • いいね
  • クリップ

イケアもセールの季節!

イケアのセールが始まりました。
早速、港北店に行ってきました。

購入したものは
おうち型ランタン
サイズは2種類ありましたが
小さい方を購入しました。
定価999円のところ399円!

参考までに
大きい方は
定価2499円のところ999円
安い!

このランタンと100均材料で波板屋根のおうち型ディスプレイボックスを作成してみました。
表裏の内部色などを変えて、リバーシブルに飾れます。

表面は扉なのでキーフックを付けてみました。
裏面はFIXガラスなので花飾りなどディスプレイ

材料は

イケアで購入したランタン
▪商品名SOMMAR2019
 ティーライト用ランタン

セリアで購入
▪ウェーブブリキボード 1枚
▪すのこ サイズ40×20センチ 2枚
▪超強力マグネットミニ8P 1セット
▪ミニフック

工具、消耗品
▪ノコギリ
▪金切りハサミ
▪木工用ボンド
▪水性塗料

作り方は

セリアの波板を上下2等分にカットします。
金切りハサミでカットしましたが、波型が歪んだので先の細いペンチで形を整えました。

波板をランタンの幅に合わせてカットします。

ランタン屋根の棟内に障害物があって、波板が当たってしまいます。
そこで波板を切り欠いて障害物の干渉を避けます。

ブリキの角は面取りしてヤスリ掛けをしました。

ランタンと波板の取り付けはマグネットを使用しました。

波板の塗装はデコアートヴィンテージエフェクトウォッシュ、ライトグリーンを使用しました。

次にランタン内部の間仕切りを作ります。
すのこを解体します。
ランタンの正面開口寸法を測り、それより若干小さいサイズですのこ板を使って間仕切り壁を2枚作ります。
ランタン内部にティーライトキャンドル受けがありますので、それを避けるような形状にします。

間仕切り壁の補強板はお互い干渉しないように張り付けました。

間仕切り壁の自立と、ティーライトキャンドル受け隠しを兼ねて、土台を作ります。

間仕切り壁と土台を各々塗装してから接着します。
土台の足底にマグネットを埋め込みました。
ランタンからのズレ防止のためです。

土台の足底にマグネットを埋め込む前の写真です。すいません。

間仕切り壁をランタンの中に入れてみます。
1枚目の間仕切り壁は土台から入れると簡単にディスプレイ設置出来ると思います。

2枚目の間仕切り壁は屋根側を先に入れると簡単です。

2枚目の間仕切り壁にはキーフックを付けてみました。

波板をマグネットで付けて完成です。

表面はキーケース

裏面はディスプレイ

最後に

ブリキの切断面は鋭利なのでヤスリ掛けや面取りが重要かと思います。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

  • 8618
  • 18
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

主に戸建分譲ディベロッパーの仕事をしているサラリーマンです。色々な職種、職人さんとお付き合いしていくうちに自ら物造りに目覚めてしまいました。宜しくお願いします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード