大人気!IKEA商品を使ってオフシーズンモノ収納してみました

今の季節が、オフシーズンモノが最も多い時。
そのオフシーズンモノをどうやって収納したら良いか、オススメ商品と共にご紹介しています。

  • 23689
  • 127
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オフシーズンモノの収納アイデア

春秋バージョン

我が家のリビングは、季節によって移り変わります。
春秋は、お気に入りのニトリのベニワレン風のラグを敷いています。

やわらかシャギーラグ(ダイヤ 185X185) ニトリ 【玄関先迄納品】 〔合計金額7560円以上送料無料対象商品〕
商品情報を楽天で見る

白だと汚れが気になるところですが、コインランドリーで高めの温度でオキシクリーンと一緒に洗えば汚れも落ちるし、洗っても風合いが変わらずフワフワで、長いシーズン使えると思います!
洗濯不可と書いてあるので、あくまでも自己責任で判断して下さい。

冬バージョン

冬は見ての通り、こたつバージョンになります。
床暖房がない我が家はコタツが必須なのです。
最近コタツがあるお家も少なくなっていますが、コタツがあることで家族みんなが帰ってきてから寒い寒いと言いながらコタツに集まり、話す機会が増えて、家族のコミュニケーションが増える季節となっています。

夏バージョン

そして夏バージョン。
全部しまってスッキリと!
暑い季節はシンプルにすると涼しく感じますよね。
ここで本題へ。
そう、夏の季節が一番しまうものが多いんです。
夏のオフシーズンものは、ラグ、コタツ布団、ファーのクッションなど。
そこで使用したのがこちらです。

IKEA SKUBB

【IKEA Original】SKUBB-スクッブ- 収納ケース ホワイト 69×55×19 cm
商品情報を楽天で見る

ラグ収納に使用したのが、お布団収納として大人気!【IKEA SKUBB】の真ん中のサイズのもの。
先ほどのニトリのラグも、ファークッションも余裕をもってしまえます。

【IKEA Original】SKUBB-スクッブ- 衣類収納ケース ホワイト 93×55×19 cm
商品情報を楽天で見る

そしてこちらはコタツ布団をIKEA SKUBBの1番大きいサイズのものにしまっています。
そのままでは嵩張り入らなかったので圧縮して入れることにしました。

そこで使用したのが、ニトリの【そうじ機がいらない圧縮袋 L】です。
我が家にはコードレスの掃除機しかなく、掃除機で吸引して圧縮するものは使えないのでこちらの手で空気が抜ける圧縮袋にしました。コタツ布団を入れて半分に折り、上に乗って体重をかけて空気を抜いていきます。
掃除機で圧縮するタイプよりは空気の抜けは甘くなりますが、それでもそのまましまうよりは嵩が減り、こちらを使用したことでギリギリ入るようになりました。

少し盛り上がっていますが、ジッパーは問題なくしめることが出来ました。
SKUBBは布製なので、多少嵩があっても伸縮し、収まるところもオススメポイントです。

そして収納したモノは、ウォークインクローゼットの棚上にしまっています。
この上はデッドスペースになりがちですが、IKEAのSKUBBに収納する事で、ちょうど3個重ねてピッタリなので無駄なく収納することが出来ます。

SKUBBには他にも、来客用のお布団や、敷き布団、寝具類も収納しています。
シングルの綿布団、敷き布団もマットレスタイプは入りませんが、綿の敷布団ならギリギリ入ります。寝具類もタオルケット、毛布、電気毛布、ベッドパットなどもひとまとめに入ります。
来客があった場合も、これを三つまとめて出せば良いだけなので、他の部屋に移動してセットするのも簡単です。
様々な収納に使えるIKEAのSKUBBオススメです!


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 23689
  • 127
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

▪️整理収納アドバイザー2級認定講師▪️インテリアコーディネーター▪️住宅収納スペシャリスト▪️防災備蓄プランナー2級⚪︎毎月町田で整理収納アドバイザー2級認定…

おすすめのアイデア

話題のキーワード