住宅工事序盤の重要ポイント

当社では基礎工事からも自社施工、建物に関しても
自社大工が揃っていますから、建築途中写真も掲載しています。

こんにちはディア―コーポレーションです。
基礎工事は生もの。時間との勝負ですね。

  • 861
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

基礎工事ですぐに見えなくなってしまう内部施工

家づくりでは、完成してからでは見えなくなってしまう
箇所こそ大切なことも多々ある中で、
序盤の基礎工事をお伝えしたいと思います。

すでに墨出し用の捨コン打設後の工程に入っています。
外部枠を立ち上げて、配筋組が完了し、
図面通りのピッチ(間隔)が合っているか、

耐圧打設の際のかぶりが取れているかなど、
第三者機関検査前の自社検査中です。
そしていよいよべた基礎(耐圧)打設となります。
ここで重要なのが、バイブレーターを使用しての
コンクリート内の気泡を抜いていく作業です。
内部型枠組及びアンカー設置後
  • 861
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

いい家、いい仕事もすべては、いい出会いから。以前は材木屋の倉庫だった場所を自分たちの手で改装したオフィス。20年以上の付き合いのある材木屋の社長の引退を機にこの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード