臭いを解消!エアコンのカビ掃除方法|おすすめの掃除道具も紹介

エアコンの掃除方法を紹介! エアコン内部のカビを取り除けば、イヤな臭いを解消できますよ。さらに、カビの発生原因や自分で掃除するメリット・デメリット、掃除のタイミングも解説。おすすめの掃除道具《カビッシュトレール》も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

  • 6621
  • 91
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エアコン掃除をする必要はある?

エアコンには「カビ」が増殖する温度と湿度の環境が整っています。カビはエアコンのフィルターよりも奥のフィンに溜まります。そのためエアコンのフィルターを掃除していても、気づかないうちにカビで汚染された空気を吸っているおそれがあるのです。

この記事では、エアコンにできるカビの原因と対策について解説します。また、自分でエアコン掃除をするときのコツも紹介するので「最近エアコンの掃除していないな」という方は、ぜひ試してみてくださいね♪

「エアコンが臭い」......原因はカビだった?

エアコンを運転して「臭いな」と感じたら、原因はエアコン内部に溜まったカビ。エアコンは室内の空気を吸い込み、新しい風を送り出します。そのときに、室内の空気中にあるホコリがエアコン内部で水滴と合わさり、カビが発生するのです。

エアコンにできるカビは、対策と掃除方法を知ることで増殖を防ぐことができます。ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

エアコンにカビができる理由

先に解説した通り、カビはホコリと水滴が合わさることで発生します。カビは5℃以上で発生し、20℃以上で増殖率が大きく上がります。

とくに夏場の冷房運転は、エアコン内の温度が高く送り出す風が冷たいため、内部は結露しやすくなります。カビが増殖しやすい温度と結露による湿度で、エアコン内はカビの温床となるのです。

エアコンのカビによって起こるトラブル

エアコンのカビ掃除をせずにそのままにしておくと、様々なトラブルがおきます。たとえば、エアコンを通してカビを伴った空気を吸い続けると、カビアレルギーや肺炎になるおそれがあります。また、カビの臭いで部屋全体が臭くなったり、カビとホコリでエアコン自体の効きが悪くなったりします。

○○をするだけでカビを予防できる!

カビの発生と増殖をさせないためにできる予防が「送風」。運転後に送風をすることで、エアコン内が乾燥し湿度が下がるためカビが発生しづらくなります。とくに夏場は冷房運転後、1時間ほど送風運転をしてカビを防いでみてくださいね。

また、送風だけでなくフィルター掃除も2週間に一度することで、カビの発生源を減らすことができますよ♪

エアコンを自分で掃除するメリット・デメリット

ここでは、自分でエアコン掃除をするときのメリットとデメリットを紹介します。エアコンのカビやホコリを自分で掃除することができれば、もっと快適にエアコンを使うことができますよね。

ただし自動掃除付きエアコンの場合は内部構造が複雑なため、自分で掃除するには注意が必要です。自宅のエアコンを確認した上で、掃除をしてくださいね。

メリット

エアコンを自分で掃除するメリットは費用が抑えられることです! エアコン掃除を業者に依頼すると、およそ7,000円以上かかる場合もありますが、自分で掃除をすると3,000円くらいで道具をそろえることができます。

また、エアコンの使い始めに業者依頼をすると、繁忙期のため予約を取ることが困難。自分で掃除をすれば、時期を気にせずいつでもできるのもメリットの1つです♪

デメリット

一方で、デメリットはカビ掃除に時間がかかることです。エアコン内の掃除は液体が排出されるため、室内を汚さないための養生の時間や掃除道具をそろえる時間が必要です。また、エアコンには液体をかけてはいけない箇所があるため、誤ってかけてしまうと故障のおそれがあります。

こういった点を踏まえて、時間がない方や不安な方は業者に依頼するのがおすすめです♪ 自分でエアコン掃除をされる方は手順を紹介するのでぜひ、参考にしてくださいね。

エアコン掃除に必要なグッズ

まずはエアコン掃除に必要な道具を紹介します♪ 以下の7点をそろえてくださいね。

●ゴム手袋
●掃除機
●歯ブラシまたは綿棒
●中性洗剤
●養生テープ
●ビニールカバー
●フィンクリーナー(※)

※フィンクリーナーとはフィルターの奥にある金属部分のフィンをキレイにする洗剤です。

《カビキラー》でもOK?|エアコンのカビ取り掃除用品

カビ掃除といえば《カビキラー》というイメージがあるかもしれませんが、専用の掃除用品でない場合は、エアコンに使用すると故障するおそれがあります。エアコンの部品にはアルミが多く使われており、強いアルカリ性の洗剤だとアルミが腐食する原因となるからです。

自分でエアコン掃除をするときは、エアコン掃除に適した洗剤がおすすめですよ♪

おすすめは《カビッシュトレール》|エアコンのカビ取り掃除用品

エアコンのカビ取り洗剤としておすすめなのが《カビッシュトレール》です! 洗浄とすすぎのスプレー2種を使うことで、汚れをしっかりと落とすことができます。

流れ落ちてくる洗浄液の回収袋も付いているので、準備も簡単ですよ♪ 洗浄スプレーの泡がしっかりとカビを包んで除去してくれます!

カビッシュトレール エアコンファン洗浄剤 1台分
商品情報を楽天で見る

エアコンにこびりついたカビを掃除する手順

ここからは自分でエアコン掃除をする際の手順を紹介します。エアコン掃除は時間がかかりますが、何度か挑戦することで掃除時間も短くなるので、自分でやる場合は根気よく挑戦してみてくださいね♪

エアコンの熱交換器掃除は難しいという方はプロに任せて、フィルター掃除だけでも定期的に自分で掃除をすると、カビを防ぐことができますよ! ぜひ、参考にしてみてください。

①下準備|エアコンのカビ取り掃除手順

まずはエアコンにかける洗浄液で周りを汚さないよう、養生テープとビニールカバーで養生します。ビニールカバーはゴミ袋で代用できますよ♪ このときにエアコン周りだけでなく、洗浄液の飛び跳ねが気になる方は天井や床にも養生するのがおすすめです。

また、感電のおそれがあるので、あらかじめエアコンのコンセントは抜いておきましょう!

②フィルターのホコリを取る|エアコンのカビ取り掃除手順

エアコン周りの養生ができたら、カバーを外しフィルターの掃除をしていきます。清掃収納マイスター 山崎由香さんは、中性洗剤を使ってフィルターのホコリを掃除しています。

フィルターに絡まった頑固なホコリが取れる掃除術も紹介しているので、清掃収納マイスター 山崎由香さんの記事をチェックしてみてくださいね♪

▽清掃収納マイスター 山崎由香さんの記事はこちら

③熱交換器の汚れを取り除く|エアコンのカビ取り掃除手順

フィンクリーナーを使って、エアコン内部のカビを掃除します! エアコンによってクリーナーをかけてはいけない箇所が違うので、ご自宅のエアコンを確認してくださいね。

また、先に紹介した《カビッシュトレール》はすすぎスプレーが付いていますが、中には泡がなくなれば洗浄完了のスプレーもあるので、必ず使用方法を確認してから掃除をしましょう!

④エアコン内を送風で仕上げる|エアコンのカビ取り掃除手順

洗浄のあとに余分な水分がエアコンに付いている場合は雑巾で拭き取ってください。拭き取りは見える範囲でOK! フィルターとカバーを戻して、送風運転をします。こうすることで、エアコン内部の水分も乾燥させることができますよ♪ 1時間ほど送風運転をすれば、お掃除完了です!

エアコン掃除はいつすべき?

エアコン掃除のタイミングはフィルターとフィンによって異なります。エアコンのフィルターは、週に1回掃除をすることがおすすめです。そうすることで、カビの発生源であるホコリをなくすことができるからです。

更に洗浄液を使ったフィンの掃除に関しては、年に2回掃除をすることがおすすめです。エアコンを使わなくなった頃に掃除をしておくことで、次のエアコン使用時に「カビ臭いな」と感じることなく使い始めることができますよ♪

不安なときはプロのお掃除業者におまかせしよう

「部品の取り外しが大変そう……」「高所の作業は苦手」といったように、自分でのお掃除が不安な方は、業者にお任せするのもひとつの手。

オンラインで業者を依頼できる〔くらしのマーケット〕には、エアコン掃除のプロがたくさん在籍しています。人気のランキングや口コミ評価の順番を参考に業者を選んで日時や住所を入力するだけで依頼は完了。難しい手続きが必要ないので、初めての方でも簡単に利用できますよ♪

詳しくは以下の公式サイトから確認できます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

カビのないキレイなエアコンで部屋の空気を爽やかに♪

エアコンに溜まったカビは放置すると、身体にも悪い影響を与えるおそれがあります。エアコンを定期的に掃除することで、カビのないキレイな状態を保つことができますよ。空気がキレイだと気分もスッキリ♪ ぜひ、この記事を参考にエアコン掃除をしてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 6621
  • 91
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード