みんなの事例で見る、キッチン×ダイニング レイアウトテクニック

ひと昔前と比べ、キッチンとダイニング・リビングの関係は、多様に変化しています。「作る」と「食べる」の距離が変わると、暮らしに変化が訪れるかもしれません。

  • 8594
  • 17
  • 1
  • いいね
  • クリップ
空間ごとに演出を変え、自分らしさを演出/株式会社マエダハウジング

ひと昔前と比べ、キッチンとダイニング・リビングの関係は、多様に変化しています。「作る」と「食べる」の距離が変わると、暮らしに変化が訪れるかもしれません。

オープンキッチンとダイニングテーブルを一体化

笑顔とアートの花が咲く、ギャラリーのような家/株式会社飯野建築事務所

フルフラットのオープンキッチンに、ダイニングテーブルを接続させれば、開放感あふれるキッチンに。調理中、ダイニングテーブルも作業カウンターとして使用できたり、配膳・下膳がスムーズだったりと、使い勝手の高さも魅力です。

一方で、散らかりがちなキッチンをあまり見せたくない方や、食事中キッチンが見えることが気になる方には難しいプランです。

ほどよい距離感をカウンターでつくる

開放感を維持しながら、キッチンをあまり見せたくない場合は、キッチンとダイニングを、少し高めのカウンターで区切ることで、ダイニングにほどよい独立性をもたせることができます。

このテクニックは、対面キッチンだけでなく、壁付のキッチンにも応用できます。

壁付キッチンにカウンターをプラスして、”対面風”に

朝日が差し込む明るいキッチン/株式会社井尻ハウビング

対面キッチンのメリットは、調理中の手元やゴミ箱を隠せることや、作業スペースが増えることですが、壁付キッチンでも少し高めのカウンターをダイニングとの間に配置するだけで、同じようなメリットが生まれます。

朝日が差し込む明るいキッチン/株式会社井尻ハウビング

ダイニングからはキッチンの中が見えないので、ほどよい距離感で落ち着いて、料理や食事を楽しむことができます。

少人数のご家庭なら、大きなダイニングテーブルを置かない選択肢も

体にやさしいモノトーンの家/オノヤリフォーム倶楽部

少人数のご家庭の場合は、いっそのこと大きなダイニングテーブルを置かないという選択肢もあります。キッチンに造り付けのテーブルを用意したり、リビングテーブルをダイニングテーブルと兼ねたり、いわゆる”ダイニングセット”に拘らず小ぶりのテーブルとチェアを用意したりといった方法が考えられます。

  • 8594
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

トクラスキッチンは、一人ひとりのライフスタイルや住空間にあわせた柔軟なプランニングができる“くらしオーダー”のシステムキッチン。ご要望やお悩み、普段のキッチンの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード